ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66 オクラホマ州

ルート66 オクラホマ州
Route66 Oklahoma

ルート66エリック

ルート66エリック

ルート66 オクラホマ州の距離は619Kmランド・ラッシュで土地の争奪戦が起こり早い者勝ちの州 (Sooner State)と呼ばれている。

1800年代の有名な古い道オザーク・トレールが元になったルート66は、ルート66が通る8州の中では一番距離の長い州。

1907年11月16日にインディアン居留地区とオクラホマ準州を合わせて合衆国46番目の州に成り、

全米のインディアン部族の殆どを強制移住させる目的で作られた州インディアンの居留地区が数多くあり、特にプエブロ族の居留地区が集まっている。

オクラホマという名前はoklaとhummaを合わせたもので「赤い人々」に意味Okla hummaは言葉はアメリカインディアン全体を指すときに使われるチョクトー語である。

オクラホマ州は天然ガス、石油や農業の生産高が高く、航空機、エネルギー、通信、バイオテクノロジーに経済の基盤がある。

オクラホマ州は、インディアン67部族がいて部族の本部の数で最も多く、連邦政府が認めたた39部族がいる。

州西部では、牧場経営者、インディアン部族、南部の開拓者と東部の石油成金が州文化の構成要素と成っている。

タルサ市は、石油が発見されて石油ブームと成り、町は急速に人口が増え豊かに繫栄した。

タルサ市は20世紀の大半の期間「世界の石油首都」と呼ばれた

1927年「ルート66の父」と呼ばれたオクラホマの事業家サイラス・アベリーが、アメリカ・ルート66の建設に関わる運動を始めた。

アベリーは、テキサス州アマリロからタルサ市に伸びていた道路を用いてルート66を建設する為に、本拠地のタルサ市でルート66協会を結成し計画を監督し、オクラホマはルート66の発祥の地と言われている。

PAGETOP