ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66 スペンサー ミズーリ州

ルート66 スペンサー ミズーリ州
Route66 Spencer Missouri

スペンサー ミズウリ州

スペンサーミズーウリ州
標高 341m「竜巻街道」に位置しローレンス郡では、年間約8回の竜巻が発生しています。

ミズウリ州道、266号とミズウリ州道96号がルート66です。

スペンサーの歴史
ローレンス郡は1845年に創設され、1812年の米英戦争の海軍士官であるジェームズローレンスにちなんで名付けられました。 

最初の製粉所は、オリバー・ジョンソンとジョン・チェリー、「ジョンソン・チェリーミル」によって運営されていましたが、彼らがそれを閉じた後、オリバー・ジョンソンは1.6km下流に移動し、彼自身の工場を設置しました。

製粉所近くのジョンソンクリークに沿って立ち寄った旅行者に人気の立ち寄り場所になりました。

1880年代までに、村には別の雑貨店、校舎、メソジスト教会とキリスト教教会がありました。

やがて、他の人々が入植地に移り住み、町は食料品店と鍛冶屋を手に入れました。 

カーセージ&スプリングフィールド道路に位置していたため、すぐに他の人が入居し、1868年に「スペンサー」という名前で郵便局が開設されましたが、町は農業コミュニティにとっては短命でした

スペンサー ミズウリ州

郵便局は1907年に閉鎖され、スペンサーへの道は1912年までに通行不能になりました。1910年代、道路は荒れ果てた状態になり人口は減少しました。

ルート66スペンサーとパリスプリングスの間のターンバッククリークに架かるルート66の典型的な橋、1923年のトリプルポニートラス橋があります。

1925年、シドニーケーシーは、ルート66が古い駅馬車のルートに沿って配置されることを知っていたため、スペンサーの旧市街、空き店舗、2エーカーの土地に400ドルを支払い、スペンサーの不動産を購入しました。

ケーシーは理髪店、店、カフェ、ガソリンスタンドを建て、旅行者に食料調達しました。

ケーシーのサービスステーションはタイドル・ステーションとして始まりましたが、後にフィリップス66ブランドのガソリンスタンド販売代理店になりました。

スペンサー ミズウリ州

ケーシー家は店とガソリン・サービスステーションとガレージの両方を運営し、さまざまな人々が何年にもわたっ運営し、コミュニティセンターになりました。

高速道路の向こう側のプラットホームでダンスが行われ、店の前のベンチから近所のニュースが交換され、ガレージの古いストーブがカードゲームの快適な集まりの場所を提供しました。

ジョンソンクリークの隣の森林地帯の道路の向こう側には、かつてキャンプルックアウトモダンキャビンがありました。

このキャビンには9つのキャビンがあり、清潔で「家から離れたあなたの家」と宣伝されていました。

その後、ルート66号線全体が1958年にジョプリンとオクラホマシティの間に開通したI-44によって迂回され、1961年にスペンサーがそれを迂回して古いルート66が再編成されるまで続きました。

ミズーリ州南西部にI-44が開通した事によって、ルート66は迂回されその後、店とガソリンスタンドは廃業しました。

その後、空いている建物の列は、カンザス州サリナのフランシスとマリーリンライアンによって購入、今日、ガソリンスタンドとガレージは以前の栄光に戻り、新世代のルート66の旅行者の写真スポットになっています。

スペンサー ミズウリ州

ガソリンポンプ、看板、その他の記念品は、ライアンズの個人的なコレクションからのものです。

フィリップス66 Phillips 66
アメリカのテキサス州ヒューストンに本社を置く石油精製と石油製品の販売会社である。

フィリップス66は石油精製所も持ち、各地のガソリンスタンド(Phillips 66、76、Conocoなど)を通して石油製品(ガソリン、潤滑油など)の販売を行なっている。

フィリップス66は1917年にフランク・フィリップス(Frank Phillips)が創業のフィリップス石油(Phillips Petrolium)の事業として始まり、「Phillips 66」ブランドは1927年に新しいガソリンをルート66でテストした際に毎時66マイルに達したといわれる時に始まっている。

PAGETOP