ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66ローラ ミズウリ州

ルート66ローラ ミズウリ州
Route66 Rolla Missouri

ローラは、I-44沿いのミズウリ州のセントルイスとスプリングフィールドの大都市のほぼ中間に位置している。

ローラ市はフェルプス郡の郡庁舎であり、ミズーリ州中央部のオザーク地方に隣接するルート66沿いにある。

標高 342 m、人口は約20万人。

現在、州間高速道路44号線、国道63号線、国道72号線はローラを通過しています。

ミズーリ科学技術大学の本拠地であり、多くの工学部とコンピュータサイエンス部で国内外でよく知られています。

ミズーリ州 ローラの歴史
約1万年前の最終氷河期の終わり以来、人々はこの地域に住んでいます。

約2700年前、オセージインディアンはイロコイ族によってイリノイ州とオハイオ州にあるミシシッピ川の東の故郷から追い出され、ミズーリ州にオザーク移り住みました。

フランス人は1600年代後半にカナダからこの地域に到着し、その主権者であるルイ14世にちなんでこの地域全体を「ルイジアナ」と名付けました。

トラッパーは現在ミズーリ州である地域を探検しました。

1763年の七年戦争後、フランスはルイジアナ州北部をスペインに譲渡しましたが、1800年のナポレオン戦争中に回収しました。

1803年、現金で縛られたナポレオンが領土を米国政府に売却しました。

ルイジアナのこの部分は1812年にミズーリ準州になり、1821年に一般教書演説になりました。

ホワイト・セトルメントは、1808年、1818年、1825年の一連の条約で土地を割譲することを余儀なくされたオセージに侵入し、後にオクラホマ州となったインディアン準州の居留地に移住しました。

フェルプス郡に最初のヨーロッパ系アメリカ人の入植者が19世紀初頭に到着し、メラメック、ガスコナード、リトルパイニーなどの地元の川に沿って農民や鉄工として働いていました。

イタリア人移民によって最初にオザーク高地にブドウ園が設立されました。

1842年、ジョンウェバーは、ローラ市となった場所に最初の家を建てました。

鉄道調査は1845年に始まり、それが行われると、エドマンドW.ビショップが1853年に到着し、通称フリスコ線と言われるセントルイスサンフランシスコ鉄道を建設し、ここに定住しました。現在もBNSF鉄道は町を直接走っています。

ルート66 デバンポート オクラホマ州


郡は1857年に創設され、郡庁所在地は鉄道に近い中央部に設立されることになっていた。ビショップは50エーカーの土地を提供した。

ローラの創設者である、鉄道請負業者のエドマンドワードビショップがこの地域に定住し、1858年にローラを町として正式に設立しました。

南部からの多数の入植者とともに、ローラの多くの住民は南北戦争中に南軍に寄りかかり、町は1861年6月に北軍に占領され、ワイマン砦とデット砦の2つの小さな砦を建設しました。ワイヤーロードの重要な場所です。

ローラはキャンプ・グロバーとキャンプ・ディービスがあり、1863年から1865年まで、ローラは第5ミズーリ州民兵の連隊本部でした。

セントルイスとスプリングフィールドの間の主要道路となり、1910年代初頭に改良され、1920年に砂利で舗装された州道(MO-14)になりました。

ルート66は、1926年にそれに沿って調整され、最終的にはバイパスされました。1950年代後半に4車線の高速道路が通過しました。

歴史のほとんどの間、ローラは輸送と貿易の中心地としての役割を果たしてきました。

ルート66トーテムポールトレーディングポスト

ルート66トーテムポールトレーディングポスト
Totem Pole Trading Post Rolla MO

ミズーリ州のマザーロードで運営されている最古のルート66ガスステーション&ギフトショップです。

1933年から、ハリーコクランは、既存の場所の西わずか16kmのアーリントンヒルに、最初のトーテムポールトレーディングポストを開設しましたが、古いルート66が定期的に調整されたため、数回移動しました。

彼らはトーテムポールが上にある小さな建物を建て、ルート66の旅行者に記念品やギフトを販売しました。お土産スタンドに加えて、観光用キャンプ場を持っていました。

ティムの父親であるラルフジョーンズは、1950年頃にハリーからトレーディングポストを購入しました。


第二次世界大戦後、高速道路をより大きく、効率的にする必要があり、高速道路システムの拡張は、特にミズーリ州で多くのビジネスを一掃することに成功しました。

ストーニーデルリゾートは、私たち全員が今日ひいきにしたいと思っている犠牲者の1人でした。

1954年頃、州はキャンプ場のある土地を購入しました。キャビンは、追加のレーンセットを通過させるために移動する必要がありました。1967年に高速道路局が開通計画が始まりました。

彼らは現在、ローラにさらに近い新しい建物で活動していた。運が良かったので、ルート66は建物の後ろにあり、ルート66は、シカゴとロサンゼルスの間を運転する多数の旅行者にビジネスを接続する私道を備えた4車線の高速道路が正面にありました。

ティムと彼の妻のアリスは1974年に完全な所有権を引き継ぎましたが、1977年、4車線66が州間高速道路に変更されたため、ティムはこの2番目の場所も閉鎖せざるを得なくなり、約5km東の最終的な場所に移動しました。

彼らは最初からトーテムポールトレーディングポストをミズーリ州ローラの西端にあるシェルステーション購入しから30年間営業しています。

1970年代から1980年代初頭にかけて、国道システムからルート66が廃止されました。

グレートオーセージトレイル
The Great Osage Trail

オーセージトレースまたはコートレースとも呼ばれ、元々はバッファローの群れによって作成された経路である、中西部およびプレーンズ州と呼ばれる田舎を通る、より有名なネイティブアメリカンのトレイルの1つでした。

オーセージインディアンと他の部族は、後にヨーロッパの入植者によって「オーセージトレイル」と名付けられたさまざまなルートを旅しました。

ミズーリ州南部のオザークを通る有名なルート66は、そのような「オーセージトレイル」のルートをたどり、ミズーリ州中部を通る米国ルート24はこのルートをたどります。

ルート66全集

PAGETOP