ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66 グランツ ニューメキシコ州

グランツ ニューメキシコ州
Grants Cibola County New Mexico


サンタフェアベニュー(ルート66)が市内の主要道路であり、州間高速道路40号線(I-40)が市の南側を通過している。

ルート66の宿場町で人口が約9182人です。

ニューメキシコ州間高速道路40号線(I-40)は東に126 kmのルート66アルバカーキとルート66ギャラップまで西98 km。

ミランの町はグランツの北西端に隣接しています。

アンシェント・バイウェイ・トレイル(古代人の道)沿いにあります。


グランツの歴史
カナダ人のアンガスA.グラント、ジョンR.グラント、ルイスA.グラントの3人の兄弟がこの地域にアトランティック&パシフィック鉄道の区間を建設する契約を獲得し、1880年代に大陸横断鉄道キャンプとして始まりました。

鉄道キャンプは、最初はグラントキャンプ、次にグラントステーション、最後にグラントと呼ばれ、町の名前の由来に成りました。 

ズニ・マウンテン鉄道の短距離路線には、町に扇形庫があり(現在の州間高速道路40号線の81番出口の近く)ブリーズタウンという小さなコミュニティに労働者が住んでいました。

ズニ山脈からの材木はアルバカーキに出荷され、そこで大きな製材所が材木を西部で販売される木製品に変換しました。

ブルーウォーター貯水池の創設によって農業が支援され、1930年代に伐採が減少した後、グランツ・ミランはアメリカの「キャロット・キャピタル(ニンジンの首都)」と呼ばれ、火山性土壌は農業に理想的な条件で恩恵を受けました。


ルート66開通によって、旅行者や観光客、そしてそれらに対応する企業をもたらしました。

空港のビーコンとFSSの建物(KGNT)は、ニューメキシコ西部航空遺産博物館として復元されています。

マウントテーラーウラン鉱山
マウント・テーラー・マイン
ナバホ族の羊飼いであるパディマルティネスが、ヘイスタック・メサの近くでウラン鉱石を発見し、1980年代まで続いた採掘ブームを引き起こした。 

マウントテーラーは鉱物を含むウランやバナジウムが豊富で、1979年から1990年にかけて大量に産出された。

プエブロの土地にあるマウントテーラーなどの数多くのウラン鉱山は、1945年からアメリカ合衆国に1300万トンのウラン鉱石を供給している。

この土地での将来の採掘活動に与える影響についての憂慮が増している。

2008年6月、ニューメキシコ州文化財再調査委員会は州の文化財登録に関する山頂周辺の422,000エーカー (171,000 ha)以上の年次緊急一覧に加えることに賛成票を投じた。

ナバホ族、アコマ・プエブロ族、ラグナ・プエブロ族、ズニ族、アリゾナ州のホピは、聖なる山をウラン採掘ラッシュから守られるよう一覧の改定を州に要請した。

2009年4月、テーラー山はアメリカで最も危険に晒されている場所の歴史的保存のためのナショナル・トラストの一覧に加えられた。

鉱業の崩壊により町は不況に陥りましたが、観光への関心と地域の風光明媚な美しさに基づいて町は復活しました。

2000年以降、ウラン鉱山開発計画浮上している。ウランの国際価格の高騰も相まって、閉山した鉱山の再開と、新たなウラン鉱山開発計画がはじまっている。

ルート66

タ―コイス・インディアン・ジュエリー

マウントテーラー Mount Taylor
ニューメキシコ州北西部、グランツの町の北東にある休眠中の成層火山です。サンマテオ山は2743mの高さがある。

1849年に当時の大統領ザカリーテイラーに改名されました。以前は、スペイン人によってCebolleta(柔らかいタマネギ)と呼ばれていました。

この名前は、大きなメサであるサンマテオ山脈の北部の1つの名前として存続しています。

ナバホ族にとってテーラー山は神聖な山ターコイズマウンテンと呼び、伝統的な父祖の地である極めて重要な方向と境界をなす聖なる4つの山の一つである青緑色の山 Tsoodziłである。

砂漠気候にありませが、マウント・テーラーは主に牧草地で森林に覆われています。


トレイル・オブ・アンシエント

古代人の道は、ニューメキシコ北西部の先史時代の考古学的および地質学的サイトのニューメキシコ・シニック・バイウェイ(裏街道)です。

古代プエブロ人とナバホ族、ユト族、アパッチ族の遺跡等が数多く、10000年以来この地域に住んでいた狩猟採集民の痕跡が残されています。

西暦850年から1250年の間にこの地域に住んでいた古代プエブロ人現代のホピ族、ズニ族、リオグランデ・プエブロ族の祖先です。

カナダ北西部のアサバスカン部族地域からのナバホ族は、約500年前に移住しました。

又、ユタ族とアパッチ族もこの地に移住してきました。

先住民は、農業コミュニティの廃墟、陶器の破片、道具、絵文字、ペトログリフに自分たちの生活の証拠を数多く残しました。

トレイル・オブ・アンシエントの目的地である、宗教都市であるチャコキャニオンは、プエブロの人々の「儀式の中心」であり、西暦850年から1250年の間に繁栄しました。

PAGETOP