ルート66横断をルート66写真家kenkanazawaが徹底解説 ! ルート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー ルート66横断ツアー

MENU

ルート66 バグランチ コンウェイ

ルート66
バグ・ランチ コンウェイ

テキサス州

ルート66コンウェイの町は
1903年に郵便局が
設立した時に
正式に町と成り

町の名前は元郡
コミッショナー

HB コンウェイに
敬意を払い
彼の名から付けられた

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

コンウェイはアメリカ テキサス州 カーソン郡の非法人コミュニティです。

コンウェイは、カーソン郡の高速道路40沿いに位置し、Exit96の 道路を数キロ進むとゴーストタウン化した小さな町に入ります。

ルート66コンウェイの歴史

1925年にわずか人口25人だった町が、1939年には町が繁栄し人口は125人に増加し1969年に人口175人の人町に繁栄した。

I-40がルート66に取って代わり町がバイパスされた時、小さな町は廃墟と成り人々は町から去り、多くのビジネスは廃業した。

1976年には人口約50人成り、郵便局は永久に閉鎖されました。

2016年現在、コンウェイの人口は約3人と成ってしまった。

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

アマリロに到着する前のルート66のテキサス最後の町、コンウェイは1800年代後半に非常に小さな牧場のコミュニティとして始まり、

シカゴ、ロックアイランドとガルフ鉄道のチョクトー・ルートが1903年に始まった時に成長しました。

コミュニティで最も初期の建物の1つと、テキサスパンハンドルの最初の学校は孤児院の子供の為に

1892年に設立されたローンスタースクールは、パンハンドル地区の最初の学校として設立された。

1905年デルゼルとPH フィシャー兄弟によって町造りが始められ、最初の事業の1つはエドワードによって経営された店でした。

1907年には、郵便局が設立された。

1912年までに、コンウェイには教会や様々なビジネスがあり、町は1920年代にコミュニティ・クラブを結成しました。

1943年、町の学校はパンハンドル地区と統合され、学校の建物はコミュニティセンターに成りました。

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

1925年、コンウェイの人口は25人にすぎませんでしたが、ルー66を通過すると、小さなコミュニティは観光地、

レストラン、サービスステーションなどの旅行者にさまざまなサービスを提供したが、

1939年頃には、町は約125人にまで成長しその後200人近くに成った。

ルート66バグ・ランチ
Slug Bug Ranch


近くのキャデラック・ランチのパロディで5つのフォルクスワーゲン・ビートルズが、頭から地面に突き刺さっている形で埋め込んだ。

キャデラック・ランチとの真のライバル的存在と成っています。


Address I-40 Frontage Rd, Panhandle, TX 79068
I-40,Amarilloの東、Exit96、南西の角

世界的なベストセラー車
「フォルクスワーゲン ビートル」


ビートルというのは愛称で車の名前はフォルクスワーゲン 「タイプ1」。

1938年に軍用車として量産型がはじめられ、その後2003年までの生産で累計生産台数「2152万9464台」という車史上類を見ない傑作車です。

ドイツのニーダーザクセン州 ヴォルフスブルクに本社。フォルクスワーゲンは1937年設立、

旧フォルクスワーゲン製造会社は第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立し会社としては第二次世界大戦終戦後のイギリス軍管理下で改組され、工場と製品設計のみを継承した。

アドルフ・ヒトラーが1934年のベルリンモーターショウで提唱した「国民車計画」に従い、

著名な自動車設計者であるフェルディナント・ポルシェによって、進歩的なメカニズムを備えた流線型のリアエンジン小型車が開発された。

英語圏では、そのカブト虫のような形から「ビートル Beetle」「バグ Bug」などと呼ばれ、

2006年のアメリカのアニメ映画「カーズ」のエンディングで、「バグズ・ライフ」の主人公フリックのベース車として登場するが、

これも「バグ=フォルクスワーゲン・タイプ1」から来ている。

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

ルート66バグ・ランチ コンウェイ

戦後の大躍進

第二次世界大戦の欧州戦がドイツの降伏によって終結すると、ドイツ全土は連合軍の占領下におかれた。

KdF工場はソ連に接収され、やがて撤去されようとしていたが、重要性に気づいたイギリス軍が最終的に管理下においた。

1948年1月、戦前にドイツ最大の自動車メーカー・オペルの幹部であったハインリッヒ・ノルトホフが、ハーストの後を受けて経営に携わるフォルクスワーゲン社長に任命された。

就任にあたり、ノルトホフは工場の労働者に、「未来は過去と決別するときに始まる」と自身の信念を語っている。

以降、辣腕のノルトホフに率いられたフォルクスワーゲン社は、ヒトラーの数少ない「正の遺産」である「タイプ1」を中心に、その言葉の通り戦後の社業を拡大して行くことになった。

主力モデルである「タイプ1」は、その耐久性と経済性、そして優れたアフターサービス体制で世界の市場から圧倒的な支持を得ることに成功した。

「ビートル」の愛称で広く親しまれたこの古風な流線型車は、アメリカをはじめ全世界に大量輸出され、貴重な外貨を獲得して西ドイツの戦後復興に貢献した。

 

PAGETOP