ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66ランチョクカモンガ クカモンガサービスステーション

ルート66ランチョクカモンガ
Rancho Cucamonga

カリフォルニア州の南部サンバーナーディーノ郡、ランチョクカモンガは、ロサンゼルスからは東に62 km、クカモンガ・バレーに位置し、人口は165269人。

ランチョクカモンガはモハベ・トレイル、オールド・スパニッシュ・トレイル、サンタフェ・トレイル、ルート66(現在 フットヒル・ブールバード)エル・カミノ・レアルが交差する場所にある。

ル―ト66

クカモンガの名前
クカモンガという名前はトンヴァ族インディアンの地名から来ており、砂のある場所を意味している。

ただし、ショショーニ族ガブリエリーノ支族の酋長ベラ・ロカは、その意味が水の出てくる集落の地であると言っている。

「Cuc]あるいは「Kuc」は「来る、出てくるあるいは行く」を意味している。「Amo」は「水、湿った、泉」を意味し「Nanga」は「集落の地」を意味する。

クカモンガの北部は山脈の麓にあり、多くの井戸やクリークがあり、北の山脈から繰り返し吹き下ろす暴風のために、極めて砂と岩が多い。

クカモンガの別の説では「山を越える光」を意味しているというものであり「nga」で終わる地名はこの地域のトンヴァ語地名が多く出てくる。

ランチョクカモンガの歴史
南カリフォルニアには10000年前には、すでに人が住んでいました。

1200年頃にレッドヒル近くのランチョクカモンガに定住しました。クカモンガン先住民はトングヴァ族の系列です。

1520年、スペイン人ガブリエレニョはメキシコに定住し、1602年にカリフォルニアの調査の旅をした。

1769年には、ロサンゼルスを設立し、1771年、彼らは西に移動してミッション・サン・ガブリエル・アルカンゲルを設立しました。

スペインのキャプテンフアンバウティスタデアンザは、1774年にアロヨデロスオソス(クカモンガのベアガルチ)の地域にキャンプしました。

ミッション・サンガブリエルは、ランチョクカモンガを牛を放牧する牧場を設立しました。

1821年にメキシコはスペインから独立し、カリフォルニアを維持し、1839年にメキシコの知事、フアンバティスタアルバラドはティブルシオタピアに「ランチョクカモンガ」となる土地を与えました。

タピアはロサンゼルスのアルカルドであり、兵士であり、商人でもありました。彼はレッドヒルに要塞化された日干しの家アドべを建てました。


カミノレアルとスパニッシュトレイルとのモハビトレイルの合流点にありました。バターフィールドステージコーチルートも1848年以降ここを通過しました。

1845年にタピアが亡くなった後、メキシコは米墨戦争(1846年-1848年)でアメリカに敗れ、1850年にアメリカの州となったカリフォルニアを譲りました。

タピア牧場は1858年に、チノランチョの相続人であるマリアマーセドウィリアムズと結婚したアメリカ人のジョンレインズに売却されました。

レインズは160エーカーのブドウの木を植え、ワインを生産し最古のワイナリーを作り、1860年に彼の家であるレインズハウスを建設しました。レインズは1862年に殺害されました。

1864年にレッドヒルのふもとに郵便局を設立。1870年にクカモンガに最初の学校が開校し、1871年、銀行家のイサイアス・ヘルマンが牧場を購入し、土地を開発するためにクカモンガ会社を設立しました。

サンバーナーディーノとロサンゼルス鉄道
The San Bernardino & Los Angeles Railway 

1886年に設立され、1887年にはサンバーナーディーノとドゥアルテの間に路線を建設しました。

ドゥアーテでは、パサデナとアロヨセコを経由してロサンゼルスのダウンタウンに到達するロサンゼルスとサンガブリエルバレー鉄道に接続していました。

鉄道路線に沿って25の駅が設置され、2,4キロ間隔にフォンタナ、リアルト、クカモンガなどの現在の町の多くがその周辺で発展しました。

アッチソントピカ鉄道とサンタフェ鉄道がこれらの鉄道を購入し、セントルイスからロサンゼルスまでの路線を完成させました。

ヘルマンは1887年に、クカモンガキャニオンに掘られた灌漑トンネルからコミュニティに水をもたらしました。

ランチョクカモンガ
州間高速道路やオンタリオ国際空港に近く、ランチョクカモンガ市南側の広大な元農業用地が使えたことで、大半は住宅地区で、隣接するオンタリオ、フォンタナ市と同様、南カリフォルニアの物流産業の一大中心でもある。

ミリケン・アベニューのアーチボルドとエティワンダ・アベニューの間、フットヒル・ブールバード4番通りの周辺地域に大規模な物流センターが集中し、さらに小さな製造会社がある。

市内にはカリフォルニア州では唯一の製鋼所を操業するタムコ製鉄所がある。この製鋼所はスクラップカーや部品の鉄くずをリサイクルし、鉄筋を製造している。

ランチョクカモンガはサンガブリエル山脈から流れ出る洪水の危険を軽減するため多くの管理用水路がある。ハーモサ・アベニューは洪水を軽減するために多くの背の高い縁石や特に大きな排水格子が取り付けられている。

電力は南カリフォルニア・エディソンが供給し、エティワンダ・アベニューにはリライアント・エナジーのエティワンダ発電所がある。1963年に操業を始めた天然ガス焚き発電所である。


ルート66クカモンガ

1950年代、ロサンジェルス高速道路システムが開通し車の流れをルート66から迂回させ始めました。

1964年、ルート66は高速道路とフットヒルブールバード沿いに置き換えられ交通量が減少した。

1977年、クカモンガ、エティワンダ、アルタローマのコミュニティは、都市に統合することを決議し「ランチョクカモンガ」という名前を採用した。

ランチョクカモンガは、フットヒルブールバードが、ルート66です。または州間高速道路10号、15号、215号、カリフォルニア州のハイウェイ210号があります。

レインズハウス
Rains House
クカモンガ牧場の所有者であるジョン・レインズは、1860年にレンガを使用してこの家を建てましたが、後に放棄されましたが、1970年代にコミュニティが保存し、国家歴史登録財に登録された。

ルート66号線に戻り、西に進むと、パシフィックエレクトリックレイルロードブリッジのかつての場所、現在は自転車道、0.8マイルの下を通過します。トーマスワイナリーから、シカモアインに到着します。


シカモアイン
The Sycamore Inn
初期のランチョクカモンガにあるシカモアインの前にある広い大通りは、未舗装のサンタフェトレイルの小道でした。

1800年代半ばまでに、緑豊かなシカモアの並木道の未舗装の道路は、サンバーナーディーノから西のロサンゼルスの成長地域への主要な道になり、馬、荷馬車、馬車、駅馬車が往来した。

バターフィールドオーバーランド駅馬車の停車場になり、1848年にサンバーナーディーノとロサンゼルスを結ぶ道路にマウンテン・ビュー・インをオープンした。 

ミズーリ州出身のウィリアム・ルボトムは、マウンテンビューインはコーンドジャー、バターミルクビスケット、南部風フライドチキンは有名になり、疲れた旅人や地元の入植者に温かい食事を提供した

ウィリアム・ルボトムは、この地域に奴隷制を導入しましたが、南北戦争後奴隷は解放され、初期のカリフォルニアの開拓者になりました。 

1920年、シカモアインの近代史は、地元の柑橘類の牧場主でワイン醸造業者のジョン・クルスマンが現在の建物の建設を開始した。

1939年、デンマーク移民のヒンリッヒセンがシカモアインを買収し、息子たちの助けを借りて旅館を改造し名前をシカモアインに変更した。

シカモアインに面したその未舗装の道路にルート66が開通した。シカモアインはラスベガスとパームスプリングスに向かう途中で、有名な映画スター達が顧客となった。

マリリンモンローが、死の数週間前にシカモアで食事をしたと言われています。現在はステーキハウスになっています。

レッドチーフモーテル
Red Chief Motel
シカモアインのすぐ隣には、クラシックルート66モーテル、レッドチーフモーテルがありました。

1930年代にオートコートとして建てられ、本館の後ろにガレージとキッチンが配置されたキャビン、カフェ、後にカクテルバーとして機能しました。

レッドチーフモーテルは後に、古い小屋は破壊され建物だけが残りGao Sushiレストランですが、営業はしていません。

ランドマーク、マジックランプ
Magic Lamp
1941年から1955年までルーシーとジョンのイタリアンレストランでした。その後、売却されて改造され1957年にマジックランプになりました。

元の建物は、スペインのタイルで覆われ、壁がレンガで覆われていても、まだ認識できます。ルート66に面した正円窓はまだそこにあります。

レンガの柱に取り付けられたアラジンの魔法のランプに「マジックランプイン カクテル&ディナー」の看板がある。

タピアアドビ現在はなくなったTapia Adobe

1839年にランチョクカモンガの本部としてティブルシオタピアによって建てられた元の要塞化された家は、周辺地域を支配していた高台の見晴らしの良い場所であるレッドヒルにありました。

アドべ(粘土とわらで作られた天日干しレンガ)で建てられました。夏は涼しく、冬は暖かく保つ厚い壁。

建物は1845年に所有者が亡くなった後も生き残り、1849年にはまだ立っていました。その後、建物は放棄され、時間が経つにつれてアドベの壁が洗い流されました。

トーマスワイナリーには、タピアアドビサイト(HMY78)の歴史的な標識があります。


トーマスワイナリー

Thomas Winery
 

歴史的なルート66とカリフォルニア州ランチョクカモンガのヴィンヤードアベニューは、1839年に設立されたカリフォルニア最古のワイナリーです。

トーマスワイナリープラザは1989年に建てられ、2008年には大規模な建築ファサードの改修、共用エリアの拡張、地域の主要な東西の小売回廊であるルート66沿いにある歴史を記念する建築要素の追加などの大幅な改修が行われました。

実際の歴史的なトーマスワイナリーの建物は、1989年にショッピングセンターが建設されたときに小売用途に対応するために再利用されました。


クカモンガサービスステーション
The Cucamonga Service Station

カリフォルニア州ランチョクカモンガにある歴史的なリッチフィールド・オイルガステーション&サービスステーションです。

リッチフィールド・オイル・コーポレーション
Richfield Oil Corporation

1905年から1966年まで存在していたカリフォルニア州を拠点とするアメリカ合衆国の石油会社。1966年にアトランティック石油と合併し、アトランティック・リッチフィールド社(ARCO)となった。

リッチフィールド石油は1905年に設立され、1917年には最初の給油所をロサンゼルスに開設した。急成長を遂げたリッチフィールド石油だったが、世界恐慌のあおりを受け、1931年には管財人の管理下に置かれた。

1915年にクカモンガに初期の建物の多くを建てたヘンリー・クルスマンによって建てられたと言われています。

クカモンガサービスステーションは1971年まで運営されていました。1926年に歴史的なルート66が開通された時には、ルート66号の北側にあります。

クカモンガサービスステーションは、元々ルート沿いにある数千あるサービスステーションの1つでしたが、カリフォルニア州のルート66で唯一の生き残ったサービスステーションです。

ウイリアムハーベイが最初の所有者でした。彼は現在のクカモンガサービスステーションの隣の区画でクカモンガガレージとサイクラリーを運営していました。

1914年に彼は隣の区画を購入し、縁石側のガスポンプを前面に備えたより大きなガレージを建設しました。 

1915年から1927年まで、ウィリアムハーベイが最初の駅の所有者であり、次にリッチフィールド石油の販売業者であるアンシルモリスが1925年から1944年まで次の所有者でした。 

1915年11月にビジネスが順調で、ウイリアムハーベイがヘンリークルスマンからガレージの後ろの土地を購入した。

区画の後ろにあり、正面に建てられた新しいガソリンスタンドに合わせてスペイン植民地時代のスタイルの新しいファサードが追加した。

ガレージは、火災により構造的に弱体化した後、2011年に暴風雨の際に崩壊しました。

1930年代から1960年代までは、リッチフィールド石油コーポレーションのガソリンスタンドであり、アンシルモリスが所有および運営し、1970年代初頭に完全に操業を停止しました。

ランチョクカモンガ市議会は2009年に、クカモンガサービスステーションを市のランドマークにすることを投票しましたが、その指定は保存または復元のための資金を提供しませんでした。

2013年に、物件はラマー・アドバタイジングによって所有され、彼らがそれを取り壊す許可を申請したが、市議会は、都市の歴史的ランドマークとしての保護を考え許可を下ろしませんでした。

彼らは歴史的保存の事業を行っていなかったため、地元の歴史的保存非営利団体であるルート66インランドエンパイアカリフォルニア(IECA)と契約を結びました。

プロパティとステーションはルート66IECAに寄付されました。2015年に小さな博物館に改築されました。

クカモンガサービスステーションは世界中からの観光客がルート66マザーロードを旅行している際立ち寄っています。

修復は、個人の寄付、助成金、およびボランティアの労働によって提供され、それ以来、数々の賞と栄誉を獲得しています。

2009年 ランチョクカモンガ市のランドマーク史跡に指定 

2015年多くのボランティアが歴史遺産を支援

2016年カリフォルニア保存財団からの保存デザイン賞

2018年知事の歴史的保存賞

2018年国家歴史登録財に登録されました

2019年ランチョクカモンガのベスト-博物館

2020年ランチョクカモンガ商工会議所は、ルート66IECAを非営利団体に登録した。

将来、博物館の後ろにあるガレージを大幅に拡大する計画がある。

PAGETOP