ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66ラバーン カリフォルニア州

ルート66ラバーン カリフォルニア州
Route66 La Verne


ラバーンは、ロサンゼルスの東48 kmの郊外にあり、サンガブリエル山地の麓のサンガブリエルバレーにあります。

人口は31063人、都市の総面積は、22.18 km2。町のニックネームは「オレンジ帝国の心臓」

ラバーンには、1950年代の珍しいマクドナルドの「ゴールデンアーチ」、元ウィルソンズサンドイッチショップ(1920年代)と同じ場所にあるラパロマレストラン(1966年)が、有名アトラクションです。

ラバーンの名前の由来
1917年に町の名前をラバーンに命名。町の北側、丘陵地帯に住む牧場主のビクスビー家は、緑で「春のよう」だったので、その地域に「ラバーン」ガリア語に由来し、白樺の木の一種である「ハンノキ」を意味するラテン語の「春の」ビーナスからと言われている。
※ビーナスは、ローマ神話の菜園の女神ウェヌスの英語名

ラバーンの歴史
ブレザレン教会プロテスタントグループは1708年にヨーロッパで生まれました。迫害により、1719年から1740年にアメリカに入植した。

1800年代半ばまでに、彼らは西に拡大し、異なるグループに分かれ、そのうちの1つはカンザスに拠点を置いた。 

1837年にパロマレスが建てた日干しレンガは、最初の家ポモナにラカーサプリメーラデランチョサンホセを建設した。


メキシコのフアンバウティスタアルバラド知事は1837年に15,000エーカーの土地をイグナシオパロマレスに与え、ポモナ、クレアモント、グレンドラ、ラバーンを「ランチョサンホセ」と名付けた。

ラバーンの町の敷地は、1880年代初頭にサンノゼ牧場の一部を購入した裕福なロサンゼルスの起業家であるアイザックウィルソンロードによって設計され、1886年に彼にちなんで「ローズバーグ」と名付けられました。 

1880年代半ば、起業家のアイザックW.ロードは、ホセパロマレスの土地を購入し、サンタフェ鉄道会社にロサンゼルスに開通させた。

1890年代に、多くの開拓者がローズバーグに入植し、1906年に町は「ラバーン」として法人化されました。

ラバーンは1890年の土地ブームがのバブルがはじけて、プロモーターたちは75,000ドルの3階建てのホテルを後にドイツ人バプテスト教会の兄弟4人のメンバーがホテルを購入した。

1891年ローズバーグ大学を設立し、1916年に町の名前がラバーンに変わる際も大学も名前を変更した。

ルート66

ルート66

1891年、サンタフェ鉄道は新しい入植者をこの地域に呼び込みました。

1915年のサンタフェ鉄道は、サンホセヒルズを通過するために、鉄道は北西のサンガブリエル山脈ふもとに路線を造った

ローズバーグは元々、サンディマスからパサデナまで山脈に囲まれた、オレンジとレモンの果樹園が沢山ある集落でした。

住民は畑作物を栽培し、その後、柑橘類の木を植え始め繁栄しました。ローズバーグは「オレンジ帝国の心臓」として知られ、第二次世界大戦後、柑橘類産業が衰退するまで、柑橘類産業の中心地として栄えました。

ナショナルオールドトレイルズハイウェイ
1915年までに、カリフォルニアの道路での車の使用は大幅に増加し、ナショナルオールドトレイルズアソシエーションは、ロサンゼルスとニューヨークを結ぶ高速道路のプロジェクトを計画した。

ナショナルオールドトレイルズハイウェイは、カリフォルニア州からアリゾナ州とニューメキシコ州へのサンタフェ鉄道線路をたどり、フットフィル。ブルバードからラバーン沿って配置されました。

ルート66ラバーン
ラバーンにはいくつかのルート66のアトラクションがあります。金色のアーチのある非常に珍しいマクドナルドの建物(1950年代)、ウィルソンのサンドイッチ店(1920年代)のあるラパロマレストラン(1966年)です。

また、歴史的なキャリオンアドべとチャールス・ストレート・ハウスの史跡に加えて、1900年代初頭の旧市街ラバーンとMr. D’s Dinerがあります。

1926年、ナショナルオールドトレイルズハイウェイは、ルート66に組み込まれ、道路はゆっくりと拡幅され改良されました。

「ハート・オブ・ザ・オレンジ・エンパイア」と名付けられた長年の柑橘類農業コミュニティであり、その後、第二次世界大戦後、柑橘類の農業は衰退し、果樹園は開発と細分化され、大学生街の町になった。

1950年代に、LA高速道路システムが成長し、1964年にここでI-10に置き換えられたルート66から交通を迂回させました。フットヒル・ブルバード沿いの交通が減少した。

ラパロマメキシカンレストラン
La Paloma Mexican Restaurant
ラバーンで最も古いレストランで、もともとはウィルソンのサンドイッチ店でした。49年以上にわたって心のこもったメキシコのコンボとマルガリータを提供する長年の家族経営の施設。

1966年にジョーパーカーがオープンしたメキシコ料理レストランのラパロマとして生まれ変わり、現在もパーカー家が経営しています。

名前はスペイン語で「鳩」を意味し、メキシコの帽子の上に看板に描かれている。

1920年代後半、ウィルソンズは農場労働者にその建物は、ウィルソンのサンドイッチ店です。ウィルソンズが1960年代初頭に亡くなった後、レストランは閉店した後、ラパロマメキシカンレストランになった。

La Paloma Mexican Restaurant
2975 Foothill Blvd. La Verne, CA 91750


マクドナルドのゴールデンアーチの建物
McDonald’s Golden Arches building
1950年代初頭のこの「ヴィンテージ」マクドナルドは、建物の構造に2つの実際のアーチとして組み込まれた独特のゴールデンアーチのデザインを持っています。

ラバーンの黄金のアーチを持つマクドナルド
1952年、マクドナルド兄弟、リチャードとモーリスは、レストランチーンに目を引く建物を作るアイデアを考え、フォンタナの建築家であるスタンリー・クラーク・メストンを雇って設計しました。

メストンは、有名な黄色のアーチ「ゴールデンアーチ」を思いつき、建物の各側にある、高さ7.6 mの2つの様式化された黄色の放物線状のアーチでした。

1953年5月以降にオープンしたレストランのデザインに採用したが、1960年代以降、アーチは建物から削除され、マクドナルドの「M」を形成する2つのアーチの一部としてロゴに組み込まれました。

McDonald’s Golden Arches building
2269 Foothill Blvd., La Verne

ルート66アズサ

ルート66アズサ

Mr. D’sダイナー
Mr. D’s Diner
カリフォルニア州ルート66ラバーンは、マザーロードにある50年代スタイルのクラシックダイナーです。独特の建物は、ルート66をモチーフにしています。1978年以来、カリフォルニア州ラバーン地域の顧客や歴史的なルート66の旅行者に食事を提供している。お洒落でお勧めのダイナー

Mr. D’s Diner
919 Foothill Blvd, La Verne, CA 91750

キャリオンアドべ
Carrion Adobe
歴史に興味のある人は、さらに遠くに行って、1868年からの古代の住居の場所を訪れることができます。カリフォルニア州ランドマーク登録 

アドべの家は、1868年にキャリオンによって380エーカーの牧場に建てられ、彼の叔父であるパロマレスが所有していたランチョ・サン・ホセです。

アドべの家は、1868年にキャリオンによって380エーカーの牧場に建てられ、彼の叔父であるパロマレスが所有していたランチョ・サン・ホセです。

Carrion Adobe
919 Puddingstone Drive, La Verne

チャールズストレートハウス
Charles Straight House
コロニアルリバイバルハウス1902年に建てられた、チャールズEストレートの家。1910年から1930年まで、アメリカで植民地時代建築様式のコロニアルリバイバル運動が活発になり、この期間にアメリカの住宅の約40%がコロニアルリバイバルスタイルで建てられた。 

国家歴史登録財に登録されていますが、私有地になっています。

Charles Straight House
4333 Emerald Ave, La Verne, CA 91750

映画「卒業 The Grauate」ロケ地 ラバーン
映画「卒業」1967年では、フィナーレの結婚式のシーンは、ラバーンで撮影されましたが、合同メソジスト教会で行われ、ベン(ダスティン・ホフマン)がエレイン(キャサリン・ロス)に彼との結婚式から逃げ場面。


D Stに沿って走っているバスに乗って、未知の未来へと駆け落ちします。映画ではサンタバーバラの設定です。

La Verne United Methodist Church
3205 D St, La Verne, CA 91750

PAGETOP