ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66モンロビア カリフォルニア州

ルート66モンロビア
Route66 66 Monrovia CA

モンロビア カリフォルニア州
Monrovia California

カリフォルニア州ロサンゼルス郡のサンガブリエルバレーにあるサンガブリエル山脈のふもとに位置する都市で、「丘陵地帯の宝石」と言われている。

モンロビアは、ロサンゼルス郡でロサンゼルス、サンタモニカ、パサデナに次ぐ、4番目に古い都市です。標高174m人口は約38000人。

1887年に設立されたモンロビアは、オレンジ色の牧場のまばらなコミュニティから37000を超える住宅コミュニティに成長しました。

他の果樹園。近くでは家禽の飼育と小さな園芸が盛んで、多種多様な樹木や低木で有名です。町の北部にはパパイヤのプランテーションがあります。

モンロビアは、テレビ番組、映画、コマーシャルの撮影に使用されてきました。

モンロビアの歴史
紀元前500年頃、ショショーニ語を話すインディアンのトングバ族が、現在のサンガブリエルバレーに集落を設立しました。

彼らは、ミッションインディアンの部族である初期のスペイン人宣教師によってガブリエリニョインディアンと呼ばれていました。

トングバ族は、川沿いや湿地帯に野生の種子、ベリー、植物を集めた狩猟採集民でした。

コーストライブオークやインテリアライブオークなど、渓谷に豊富にあるオークは、トングバ族は、ゆでたどんぐり粉ででき​​たどんぐりのマッシュを食した。

1542年にスペインの探検家フアンロドリゲスカブリロによって最初に行われました。

翌日、カブリロと彼の部下は本土の大きなロサンジェルスのサンペドロ湾に入り、そこで見た煙の火のために「バヤ・デ・ロス・フモス」「煙の湾」と名付けました。

1769年のガスパルデポルトラの陸上遠征は、1771年にキリスト教の宣教師フニペロセラによって、サンガブリエルミッションを設立し、強制移住、奴隷化、西洋からの病気を持ち込み、トングバ社会とライフウェイの急速な崩壊につながった。

1821年メキシコはにスペインから独立。ミッションの土地は1830年代にメキシコ政府によって国有化され、地元の住民に広大な牧場を与えました。  

モンロビアになる土地は、1841年にフアンアルバラド知事がアンドレスドゥアーテとスコットランド人帰化メキシコ人のヒューゴリードにランチョサンタアニタの土地の助成金を発行した時に作成された。

1846年から1848年の戦争中にメキシコがリオグランデ川北部の全ての領土を米国に失った後、土地の供与は米国政府によってドゥアルテの牧場は分割されて売却され、債務が取り消されました。

1883年にウィリアムニュートン・モンローが30000ドルで購入し、モンローランチになりました。

1886年にWNモンロによって町が設計され、今日では数千ドル相当の土地100ドルで販売されました。モンロビアはオレンジ、レモン、アボカドの木立に囲まれています。

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66

モンロビアの名前
ウィリアム・ニュートン・モンロー
William Newton Monroe 1841年–1935年
学校の教師、銀行家、ホテルマネージャー、市長、評議員、不動産開発業者、ブローカー、鉄道請負業者、鉄道監督(オマハからロサンゼルスまでのサザンパシフィック鉄道)南北戦争中尉であり、カリフォルニア州モンロビア市の創設者でした。 

モンロビアのメインストリートであるマートルアベニューは、長女にちなんで名付けられました。

モンローの友人の何人かもこの地域の土地を購入し、1886年にウィリアムモンローにちなんで名付けられた町を設立しました。

ウィリアム・N・モンローウィリアムモンロー

サンタフェ鉄道は1887年にモンロビアを経由して路線を延長し、サンバーナーディーノの幹線をサンガブリエルバレーを越えてロサンゼルスに接続しました。

1887年に町が法人化され、高校が建設されました。酒のない町でした。

1903年にパシフィック・エレクトリック・トラムがロサンゼルスに接続し大都市の郊外になった。

ルート66

モンロビアのナショナルオールドトレイルズハイウェイ
当時、車の使用は大幅に増加し、ニューヨークとロサンゼルスの間の道路を促進するために全米オールドトレイル協会が設立されました。

フットヒル・ブルバードに沿ってモンロビアを通過し、1926年ルート66が作成されました

1926年に、米国の高速道路ルート66が作成され、サンガブリエルバレーを通る高速道路となった。

1946年、第二次世界大戦後、ジャック・デビア・リッテンハウスは国道ルート66に沿って運転した。

1950年代後半までに、ルート66はロサンジェルス高速道路網に置き換えられ、1964年にはサンガブリエルバレーバイパスされました。

ルート66モンロビア
歴史的なアズテックホテル、リーベンオークスホテル、オークパークモーテルがあります。

旧市街のモンロビア、ヴィンテージのフライングAサービスステーション、モンロビアガソリンスタンド、アンティークサービスステーション

他のランドマークは、アンティークのロゴと1920年のハーディングコートを備えたモンロビアのマクドナルドです。

モンロビアは、南カリフォルニアのロサンゼルス郡のサンガブリエル山地の丘陵地帯にあるルート66に位置する都市です。

ルート66モンロビアのアトラクション
モンロビアには、ルート66の象徴的な宿泊施設が2つあります。アズテックホテルとオークパークモーテル、ガソリンスタンドです。

フライングAサービスステーション、モンロビアガソリンスタンド、アンティークサービスステーションです。

1911年に建てられたモンロビアの旧市街のリーベンオークスホテルやアンティークのロゴが入ったモンロビアのマクドナルドや1920年代のハーディングコートなどは必見です。

モンロビアのクラシックなモーテルは、町の開発でモールなど殆どが失われています。

モンアークモーテル (917 W. Huntington Dr.) モンロビアモーターロッジ(715 E. Huntington Dr.) ニューセーラムモーターコート(741 E. Huntington Dr.) パシフィックモーテル(721 W. Huntington Dr.)Aワゴンホイールロッジ(926 S. 5th Ave.)は全て無くなりました。 

幸いなことに3つの遺産が残っています。オークパークモーテル、アズテックホテル、リーベンオークスホテルはまだそこにありますが、モーテルとして運営されているのは1つだけです。

オークパークモーテル
1950年代からルート66に使用されてきたクラシックの1つです。それはまだ同じ名前。

大きな樫の木はもうありません。ヤシの木の中には、よりカリフォルニア風に見えるものもあります。

1769年にサンディエゴからロサンゼルスを経由してサンフランシスコまで戻ったポルトラが率いる遠征では、この地域に大きなオーク(スペイン語でエンシノは、オークの意味)が存在することが記録された。LA郊外は「エンシノ」と名付けられています。

Oak Park Motel
925 E. Huntington Dr

モンロビアガソリンスタンド
モンロビアの歴史的建造物に登録されたこの建物は、1920年代初頭に果物の屋台として始まり、家に戻った「L」字型の建物です。サービスステーションは、ルート66が作成されたちょうど1926年に追加されました。

1942年にそのガソリン・フィーリング・アイランド(Gasoline filling island)は、取り壊され、建物は第二次世界大戦中に軍用機器を製造する小さな産業になり、1945年にハリバートンに買収されました。

Monrovia Gas Station
805 South Shamrock Avenue

フライングAサービスステーション
モンロビアの歴史的建造物に登録されたこの建物は、1920年代初頭に果物の屋台として始まり、家に戻った「L」字型の建物です。

サービスステーションは、ルート66が作成されたちょうど1926年に追加されました。

サービスエリアは角に面しており、2つの正面の柱によって支えられた天蓋の下に3つのビンテージポンプがあります。

ミッションリバイバルスタイルで建てられ、漆喰のファサードがあり、キャノピーはスペインのタイルで覆われた寄棟屋根の屋根です。

Flying A Service Station
Vintage Route 66
623 E Walnut Ave, Monrovia, CA 91016

ハーディングコート
1920年にシャーマンマックイーンによって設計および建設されて以来のランドマーク。歴史的建造物 

この複合施設には、中央の庭園に面した15の3ベッドルームバンガローがあります。当時選出されたウォレン・ハーディング大統領にちなんで名付けられました。100年以上前のホテル。

2002年に復元され、民間アパートとして販売されました。

Harding Court
401 E. Foothill Blvd.

モンロビアのリーベンオークス
敷地内に立っていた11本のオークにちなんで名付けられました。そのうちのいくつかは手つかずのままで、いくつかは今日まで残っています。それはスイス式の熱心な人によって設計されました。

ホテルは1911年にサウスマートルとホワイトオーク(現在のフットヒルブルバード)に40,000ドルの費用で建てられ、訪問者にまともな宿泊施設を提供しています。北翼と南翼の間に中央広場がある「U」字型のレイアウトです。

1984年に、その所有者であるリサマグノは、それを高齢者向けの生活支援施設に変え、現在は36人の居住者を収容しています。

The Leven Oaks
120 S Myrtle Ave.

元サービスステーション モンロビア
モンロビアの旧ガソリンスタンド、ルート66カリフォルニア

現在は「Red’s Drive Through」であり、コンクリートのガソリン島、小さなオフィス、左側の1ドア修理店の上に古い流線型のモダンスタイルの天蓋がまだ見られます。

Former Service Station
127 W Foothill Blvd, Monrovia.

アズテックホテル
44室のアステカホテルは1925年(ルート66の創設の1年前)にオープンし、デザイナーで建築家のロバートB.ステイシーが一般の人々はもっとマヤ人よりもアステカ人に精通している。

レリーフと壁画は​​、建物の外側と内側の両方で見ることができます。それは数年続いた短いマヤスタイルのブームを引き起こしました。

ルート66のハンティントンドライブへの1930年代の再編成は、それを迂回しました。しかし、それは何年もの間作動し続けました。2000年に復元されました。国家歴史登録財に登録されています。

Aztec Hotel
311 West Foothill Blvd.

モンロビアのマクドナルド
パトリック・マクドナルドは、1937年にハンティントンドライブにある古いモンロービア空港の近くに最初のフードスタンドをオープンしました。彼は適切に「エアドーム」にちなんで名付けました。

パトリックと彼の2人の息子(リチャードとモーリス)は1940年に事業をサンバーナーディーノに移し、そこで最初のマクドナルドバーガーレストランになりました。

1952年、2人の兄弟は建物に印象的なデザインを施すことを決定し、建物の両側に1つずつ、2つの様式化された黄色の放物線アーチを含むスタンリークラークメストンを雇いました。「黄金のアーチ」が生まれました。

それらは、1953年5月から1960年代にアーチが建物から排除されたときにオープンした新しいレストランで使用されました。

1962年に、マクドナルドの店に似た黄色の「M」を斜めから見た新しいロゴ、2つの金色のアーチと文字の背景に赤い等脚台形の「屋根」のアーチは下部で互いに交差し制作されました。後に、一点で出会うロゴの削除されました。

このマクドナルドには、このレストランで見られる「Striked M」に様式化された「古いロゴ」があり「M」黄色の線が斜めのデザイン。

McDonald’s in Monrovia
480 W Huntington Dr.

PAGETOP