ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66パサデナ

ルート66パサデナ
Route66 Pasadena


パサデナは、ロサンゼルスのダウンタウンの北東18 kmにある、高級住宅街でもある。

パサデナは1886年6月19日に設立され、ロサンゼルス市に続いてロサンゼルス郡に設立された1850年4月4日最初の都市の1つになりました。

パサデナはサンガブリエルバレーの中心地で、ロサンゼルス郡内で8番目の最大都市で、人口は約14万人。

アメリカンフットボールの大学リーグのローズボウルの開催地であり、またローズ・パレードでも有名である。

カリフォルニア工科大学やジェット推進研究所、アートセンター・カレッジ・オブ・デザインなどの科学や芸術分野の教育研究機関がある。

パサデナは、オジブワ族の言語で「谷」「谷間の町」「谷間の要衝」「谷間の王冠」などを意味する。パサディナとも表記される。

パサデナの歴史
パサデナは、チペワ語で「谷の王冠」を意味する。元々は、ロサンゼルス盆地に何千年も住んでいたインディアンのハハモグナ族の系列のトングヴァ族で、トングヴァ語(ユト・アステカ語グループ)を話しました。

トングヴァ族の住居は、現在のパサデナのアロヨセコに沿って並んでおり、南はロサンゼルス川と合流する場所や市内の他の自然の水路に沿っています。

先住民は、わらぶき屋根のドーム型のロッジに住み、どんぐりの食事、種とハーブ、鹿肉、その他の小動物の餌を食べたり、沿岸のトングヴァ族と海水魚を交換したりしていました。

スペイン人は、1770年代にニュースペイン副王室の一部としてロサンゼルス盆地に最初に植民地化し、サンガブリエルミッションを建設した。

1821年、メキシコはスペインから独立し、カリフォルニアはメキシコ政府の支配下に置かれました。

米墨戦争の終わりにアメリカ合衆国が1848年にカリフォルニアを併合する前は、ランチョデルリンコンデサンパスクアルの最後の所有者はメキシコ人のマヌエルガルフィアスでした。この地域にやってきた最初の白人入植者に土地の一部を売却しました。

ロサンゼルスとサンガブリエルバレー鉄道はアロヨセコに沿って路線を建設し、パサデナとL.A.を結びました。


その後、1887年にサンタフェ鉄道となり、セントルイスまで東の幹線とつながる地域に到達しました。

町の好天は多くの富裕層に人気になり、パサデナの西部のオレンジグローブアベニューには富裕層が住宅地が出来た。今でも1890年代の邸宅の面影が残っています。

自動車の使用は1900年代初頭に大きく町を成長させ、ニューヨークとL.A.を結ぶ高速道路の建設を促進するためにナショナルオールドトレイル協会が設立されました。

第二次世界大戦1941年–1969年
南カリフォルニアが太平洋戦争の主要な舞台となったため、第二次世界大戦はハイテク製造業と科学企業、特にNASAのジェット推進研究所などが設立されパサデナは繁栄した。

1950年代、パサデナは米国南部のテキサスとルイジアナからのアフリカ系アメリカ人が移住してきました。又中国、日本、フィリピン、メキシコ、グアテマラ、エルサルバドール、イタリア、アルメニア、インドからの大規模な移民を歓迎しコミュニティを形成した。


Arroyo Seco Parkway Pasadena Freeway
アロヨセコパークウェイ パサデナフリーウェイ

米国で建設された最も古いフリーウェイの1つです。ロサンゼルスとパサデナをアロヨセコの季節河川に沿って接続しています。

アロヨセコパークウェイが開通したとき、それは西部で最初の高速道路でした。ルート66の新しい路線となり、フィグエロアストリートとコロラドブールバードを経由する古い国道はルート66になりました。

ほとんどが1940年に開通した初期の高速道路であるだけでなく、初期の公園道路と現代の高速道路の間の移行期を代表することでも注目に値します。

建設時には現代の基準に準拠していましたが、現在は狭くて時代遅れの道路と見なされています。

1953年の延長により、南端はロサンゼルスのダウンタウンにある4レベルインターチェンジになり、他の高速道路システムと接続されました。

道路はほぼ開通日のままですが、中央分離帯の植物は鋼製のガードレールに、最近ではコンクリートの障壁に道を譲り、現在は歴史的なルート66ではなく国道110号線に指定されています。

1954年と2010年に、正式にPasadena Freewayに指定されました。

アロヨセコパークウェイは、国道、国定歴史建造物、国定歴史建造物に指定されています。 2011年に国家歴史登録財に登録されました。


コロラドストリートブリッジ

Colorado Street Bridge

コロラドストリートブリッジは、カリフォルニア州パサデナのアロヨセコに架かる歴史的なコンクリートアーチ橋です。

コロラドストリートブリッジは、1912年に合計約19万ドル(500万ドル相当)で設計および建設されました。

この橋は、ミズーリ州カンザスシティに本拠を置くWaddell&Harringtonの会社によって設計されました。

この建造物は、パサデナとイーグルロック、グレンデールを西に、モンロビアを東に結ぶ主要な東西の大通りであるコロラド大通りを運んでいます。

コロラドストリートブリッジは、アロヨセコの底近くにある小さなスコヴィルブリッジに取って代わりました。1913年12月13日にオープンしました。

橋は曲がった道をたどるので、基礎はまっすぐな橋が提供するよりもしっかりした地面に座ります。橋の長さは最大50 mで447 mで、独特のボザール様式のアーチ、街灯の基準、手すりで有名です。

橋は国家歴史登録財に登録されており、米国土木学会によってカリフォルニアの歴史的な土木工学のランドマークに指定されています。


マイルストーン
Foothill Milestone

古い高速道路のマイルストーンは、南カリフォルニアの歴史の中で、ロサンゼルス郡で最初に導入された高速道路システムの名残であり、1900年代初頭にフットヒルブールバード高速道路に配置されました。

ロサンゼルスのダウンタウンにある古い郡庁舎から始まり、サンガブリエル山地の麓にある高速道路の終点まで続くマイルは、一連の石でマークされていました。

マイル11が上部に刻印されています。「220」と「222」はブロック番号を示し、「F.B」はブロック番号 Foothill Boulevardの略語です。

バンクロフトシステムはほんの数年後に廃止されましたが、コロラド大通りのこのストレッチは、有名なルート66の最西端のセグメントの一部として機能していた期間中に再び高速道路システムの一部になりました。

フットヒルマイルストーン は、幅30.48cm、厚さ15.24cm、高さ1.0668mのコンクリート製のタブレットは、上部が丸みを帯びている。このセメントの看板は、移動中の都市を示しました。バンクロフト・マーカーとしても知られるフットヒルブルバードマイルストーンは、パサデナで最も初期のマイルポストの1つです。


ローズボウル Rose Bowl

カリフォルニア州パサデナにある多目的球技場。

1921年に建設が開始され1922年に完成した。1923年1月1日には、南カリフォルニア大学とペンシルベニア州立大学(ペン・ステート)の対戦でローズボウルゲームが開催された。

1982年以降はUCLAフットボールチームがホームグラウンドとしている。収容人員は92,542人。

1987年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。


フェアオークス薬局
Fair Oaks Pharmacy

フェアオークス薬局とソーダファウンテンが創設100年を迎えます。

1926年に高速道路が誕生して以来、旅行者は歴史的なルート66に沿ってジグザグに進んでいます。フェアオークス薬局は、1世紀以上にわたってサウスパサデナの歴史とビジネス地区の中心でした。

ミッションストリートとフェアオークスアベニューの角にある古い学校のスポットは、1915年にサウスパサデナ薬局として最初にオープンし、その後レイモンド薬局、そしてついにフェアオークス薬局に改名されました。 

ソーダファウンテンは1990年代初頭に元オーナーのマイケルとメレディスミラーによって復元されました。 

元の薬局と建物の設計は、ロサンゼルスとリバーサイド郡のいくつかの建造物の責任者でもあるアーサー・ベントンというロサンゼルスの建築家によって作成されました。

地元のサウスパサデナの家族であるシャニーナに買収されて以来、薬局はその提供を拡大するために少し努力してきました。

リッキー、アイスクリームソーダ、そしてバニラとバナナのスライスの3つのスクープで作られたホットファッジのバナナロワイヤルが人気です。



Fair Oaks Pharmacy

1526 Mission St, South Pasadena, CA 91030


リアルトシアター

Rialto Theatre South Pasadena

カリフォルニア州サウスパサデナにある1200席の劇場です。フェアオークスアベニューに位置し、南カリフォルニアで最後のシングルスクリーンシアターの1つと見なされており、国家歴史登録財に登録されています。

リアルトシアターの歴史
リアルトは、サンセットブールバードのビスタシアターの建築家でもあったルイスA.スミスによって1925年に建てられました。

リアルトの建築様式は、ロサンゼルスタイムズ紙で「スペインのバロックとエジプトのキッチの奇妙なマッシュアップ」と表現されていました。

劇場にはオーケストラピットがあり、オリジナルのデザインでは、深いステージの両側にバルコニー席があります。

インテリアいくつかのオリジナルの壁画とバチェルダータイルで作られた水飲み場があります。

リアルトは、2007年に閉鎖されるまで、ランドマークシアターによって運営されていました。シンプソンズ映画は、劇場で上映された最後の映画であり、200人が最終上映に参加しました。

1023 Fair Oaks Ave, South Pasadena, CA 91030


Aztec Hotel

アズテックホテル

カリフォルニア州サンガブリエルバレーのモンロビアにある歴史的建造物です。

ホテルは、まだ存在しているマヤの復活建築の例です。建築家ロバートステイシージャッドによって設計され、1925年から26年にかけてルート66に建設されました。

アズテックホテルは1925年9月に正式に一般公開され、40室以上の客室がありました。


ホテルは、アールデコとスパニッシュコロニアルリバイバル建築に加えて、マヤ建築のソースからの抽象化を組み合わせたリバイバルスタイルを持っています。

アステカホテルは国定歴史建造物に指定され、1978年に国家歴史登録財に登録されました。ホテルの所有者は、国立公園局のルート66保存プログラムの一環で、2000年に元の装飾を可能な限り保存するために修復を開始しました。

311 W Foothill Blvd, Monrovia, CA 91016

PAGETOP