ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66サンバーナーディーノ

ルート66サンバーナーディーノ
route66 San Bernardino

ルート66サンバーナーディーノ

カリフォルニア州南部のサンバーナーディーノ郡の都市で、ロサンゼルス東の郊外の砂漠地帯に位置する。

工業都市として発展、近年ではロサンゼルス都市圏が拡大し、リバーサイドなど約20万人に達し、急激に人口増加している。

サンバーナーディーノの歴史
サンバーナーディーノの名は1810年5月20日、スペイン出身でフランシスコ会の宣教師のフランシスコ・デュメッツ神父が、ローマ・カトリック教会の聖人であるシエナの聖ベルナルディヌスにちなんで名付けられた。

ロサンゼルス、サンノゼなどの他のカリフォルニアの都市と同様「サンバーナーディーノ」もスペイン語のサン・ベルナルディノが英語風に呼ばれた名称です。

19世紀中盤にはモルモン教徒の活動の拠点がここに置かれた。

1854年には一時的に正式な市となったが、わずか3年で最初の市制は終わった。再び正式な市となったのは1886年のことである。

1880年代にアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道が、1926年にルート66が開通すると、サンバーナーディーノは交通の要衝となった。特にルート66はこの街に大きな影響を与え繁栄した。

1940年には全米最初のマクドナルドが、サンバーナーディーノのルート66沿いに開店した。ジャズ・スタンダードの「ルート66」の歌詞中にはサンバーナーディーノの名が登場する。

州間高速道路が開通してからは、ロサンゼルス近郊の住宅都市として発展を続けた。1991年には通勤鉄道のメトロリンクが開通した。

「全米の危険な都市」ランキングでは2004年版で16位、2005年版で18位、2006年版で24位と、ワースト25位以内にたびたび登場する。

歴史と鉄道博物館ルート66サンバーナーディーノ

歴史と鉄道博物館ルート66サンバーナーディーノ
History & Railroad Museum
Route 66 San Bernardino
1918年の歴史的なサンタフェデポ(サンタフェ鉄道駅)とかつてのハービーハウスは、鉄道駅というよりスパニッシュスタイルのミッション教会のようなデザインの建物です。

鉄道駅の建物自体は米国のリストに載っている歴史的な場所で、現在は住宅事務所、2つの駅、歴史と鉄道の博物館です。

鉄道博物館は1階にあり、古いアムトラック駅の一部であり、多くの人がアムトラック駅と博物館と混同しているように見えます。

唯一の看板は、古い駅の入り口の上のアーチ型のガラス窓です。

博物館のすべての活動と人員配置はボランティアによって行われ、あなたが母なる道を旅するときによく見られるように、有給の従業員はいません。

鉄道とルート66は常に関係があります。


古い駅の建物は現在、アムトラック駅の東ウィングにあり、1日に2本のアムトラック旅客列車が使用しています。

アムトラックの駅はほとんどの時間閉鎖されていますが、停車する列車の到着の1時間前に、ガイドによってロックが解除されます。

建物はメトロリンクのサンバーナーディーノ駅でもあります。私たちが訪れたとき、建物の西側に10両のメトロ機関車と電車が停車していました。 2階はSANBAG地方自治体の事務所で占められています。

サンバーナーディーノ歴史鉄道博物館は、2008年7月12日に一般公開されました。

これは、旧サンタフェ手荷物室と鉄道エクスプレスエージェンシールームのサンバーナーディーノ列車基地にあります。

博物館は、サンバーナーディーノ歴史パイオニア協会とサンバーナーディーノ鉄道歴史協会(サンタフェ蒸気機関3751の運営者)の2つの非営利団体の共同運営です。

博物館内では、サンタフェ鉄道歴史モデリング協会(SFRH&MS)が、サンタフェ鉄道の西部アーカイブを管理しています。

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66

サンバーナーディーノデポの全盛期
旅客列車の最も忙しい時期は、自動車が支配し、空の旅が普及する前の1920年代半ばから1950年代半ばでした。

1938年6月12日付けのサンタフェの時刻表には、1日あたり13本の東行きと13本の西行きの列車が記載されています。

列車は、エルキャピタン、ナバホ、スカウト、グランドキャニオンリミテッド、チーフ、寝台車のリムジンなど、南西部風のカラフルな名前が付けられていました。ハリウッド映画スター、スーパーチーフによる

1170 W. Third Street, San Bernardino, CA 92410

ルート66カリフォルニアシアター

カリフォルニアシアター
California Theater

カリフォルニア州サンバーナーディーノの歴史的なダウンタウンエリアにある1718席の舞台芸術センターです。

元々はフォックスシアターチェーンの一部でしたが、1928年にオープンしました。
現在でも、オリジナルのWurlitzer Style 216パイプオルガンが収容されています。

又、1935年の飛行機墜落事故で、ウィル・ロジャースが亡くなる前の最後の公演の場所でもありました。

ハリウッドの初期には、映画製作者はカリフォルニア劇場で映画をテスト上映していました。 「キングコング」や「オズの魔法使い」などの古典映画は、1930年代に劇場で最初に観客に見られました。

劇場は、インランドエンパイア最大の劇場会社であるTheatrical Arts Internationalによって管理されており、全国ツアーサーキットからのブロードウェイツアーを提供し、1929年からサンバーナーディーノ交響楽団を主催しています。

劇場は最近、ショータイムの「ラテン コメディの歌姫」「パヤソコメディスラム」。

夜にライトアップされ綺麗な建物で、内部が改装されて現在も使用されているモダンな劇場になっていますが、治安が余り良くない。

562 W 4th St, San Bernardino, CA 92401

ルート66ボーノイタリアンレストラン

ボーノイタリアンレストラン
Bono’s Italian Restaurant

カリフォルニア州フォンタナのルート66沿いにある、長い間閉鎖されていたボノデリは、最近、ボーノイタリアンレストランとして再開されました。

1936年に両親が始めたレストランとデリを再開することは、常に不動産所有者のジョーボノの夢でした。

その夢は、新しいレストラン所有者のピノメレが既存のレストランを拡張してこのサイトに移動することを決定したときに実現しました。


ボノのヒストリックオレンジは、喉が渇いた旅行者が州間高速道路の年齢になる前に、新鮮なオレンジジュースを購入する場所で多くの訪問者が訪れます。

ジョー・ボノは新聞にスタンドの日付は1936年で、10セントで飲めるオレンジジュースをすべて買うことができると語った。

ボーノイタリアンレストラン&デリは、カリフォルニア州 フォンタナの歴史的なレストランです。

レストランは1936年にオープンし、ルート66を旅する旅行者にサービスを提供しました。

その後、ルート66が敷地の前を通りました。もともとは農産物スタンドとして運営されていました。

1943年、高速道路の交通量が増加したため、所有者は事業を拡大し、現在の建物はフルサービスのレストランとして建設されました。

レストランの建物はストリームラインモダンのデザインで、イタリア料理を宣伝する赤と緑のストライプと、ワインを宣伝する塗装されたブドウが特徴です。

フォンタナのイタリア移民コミュニティが1940年代に成長するにつれて、レストランは、以前はこの地域で利用できなかったイタリア料理の地元の供給源にもなりました。

レストランの敷地内には、高さ2.1 mのオレンジの形をしたのスタンドであるビッグオレンジがあります。オレンジは元々東に4.8 kmに位置していました。

レストランのオーナーであるジョー・ボノは、1990年代にスタンドを購入し、現在の場所に移動しました。


ルート66の通行時にオレンジ色のスタンドがあったが、需要の減少により取り壊された。ビッグオレンジは、カリフォルニアで生き残っている6つのオレンジの形をした建物の1つです。

ジョー・ボノは、2013年にフットヒル・ブルバードから建物を6.1 m移動した。

2019年2月8日に再開されたレストランは、2008年に国家歴史登録財に登録された。

15395 Foothill Blvd, Fontana, CA 92335

ミトラカフェ
Mitla Cafe
ミトラカフェは、1937年にルシア・ロドリゲスとその当時の夫であるビセンテ・モンタノによって設立されました。ルート66のシンプルなランチカウンターとして始まり、すぐに人気が高まり始めました。

未亡人になった後、ルシアは後にサルバドールロドリゲスと再婚し、1940年代半ばにミトラカフェを繁盛させるのを手伝いました。

1937年からミトラカフェは、80年間4世代で家族経営で同じ場所で営業しています。ルシアが1981年に亡くなった後も、レストランは彼女の子供であるベラが1984年に亡くなるまで所有、運営していました。

「サンバーナーディーノ市は何年にもわたって変化してきましたが、ミトラカフェは80年以上変わりません。何世代にもわたって同じコミュニティに家庭料理を提供することです 」

602 N Mt Vernon Ave, San Bernardino, CA 92411

ホリデイイン
Holiday Inn
オリジナルのホリデイインは現在も営業しており、同じ名前を使用しています。古いキャノピーはなく、新しいキャノピーに置き換えられました。「L」字型のレイアウトはまだそこにありますが、古いルート66モーテルのサインがなくなったことは残念です。

1564 N Mt Vernon Ave, San Bernardino, CA 92411

オアシスモーテル
Oasis Motel
まだ開いている古いオアシスモーテルですが、モーテルの看板には、1950年代の「ターバンのキャラクターの看板」が欠けています。1960年代、人種が深刻な問題であった時代には、有名なテレビシリーズ、ガンスモークの俳優の元妻であるバージニア・アーネスさんが経営していました。

1488 N Mt Vernon Ave, San Bernardino, CA 92411

カホンモーテル
Cajon Motel

町の北への旅を始めて、カホンブルバードにある2つ古いなルート66モーテルの看板を見てください。場所は荒廃していますが、非常に古くてさびたモーテルの看板とボールがあります。

near 3400 Cajon Blvd., San Bernardino CA.

リドモーテル
Lido Motel

かつてアンディのモーテルだったリドモーテルですが、アーチはなくなりましたが、左側の建物はまだ残っています。オリジナルの「リド」は、イタリアのベニス近くのビーチリゾートから名前が付けられました。イタリア語で「海岸」または「銀行」を意味します。ネオンサインは素晴らしいです。

2180 N Mt. Vernon Ave, San Bernardino, CA 92411


ミラーズコーナー 

Millers Corner
ミラーズコーナーのマーカーは、州道31-Cがヘスペリアのダウンタウンを迂回した時に作成された記念碑です。

コーナーは、1923年にここにガレージを開いたミラーという名前の自動車整備士からその名前が付けられました。

1930年には、ガレージのすぐ南に大きな国立空港が建設され、そこでは駆け出しの航空会社のパイロットの訓練所でしたが、第二次世界大戦の直後に取り壊されました。

1996年にHesperia Recreation and Park Districtによって建てられました。Marker Number 10.マーカー番号10

歴史的標識ははカリフォルニア州サンバーナディーノ郡のヘスペリアにあります。マーカーは、州間高速道路15号線の西0.1マイルのメインストリートから西に進むとショッピングセンターの駐車場の入り口の隣にあります。

100 Main St Hesperia CA 92345

ヘスペリアの他の8個の歴史的マーカー
ミラーのコーナーマーカーから約2.3マイル離れたところ;ジョンブラウンロードクロッシング(約6.4 km先);エスペリアホテルグラナイトストーンズ(約4½マイル先);元の給水溝(約4 km先);エスペリアホテル(約4 km先)ヘスペリアステーション(約4 km先); ウオルター・ストアー&ハウス(約4 km先)。

ミラーズコーナーについて。これは、ケイジョンパスを下る前に給油する最後の場所であり、パスを上った後の最初の場所でした。

8 markers
Rolar’s 66 Gas Station (1.4 miles )
Original Hesperia Beginnings(2.3 miles)
John Brown Road Crossing (4 miles)
Hesperia Hotel Granite Stones (4½ miles)
Original Water Supply Ditch (4.7 miles)
Hesperia Hotel (4.7 miles away)
Hesperia Train Station (4.7 miles)
Walters Store & House (4.7 miles)

PAGETOP