ルート66横断をルート66写真家が徹底解説 ルート66横断ツアールート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー アメリカ横断

MENU

ルート66カホンパス カリフォルニア州

ルート66カホンパス カリフォルニア州
Route66 Cajon Pass California

カホンパス(ケイジョンパス)は、南カリフォルニアの東のサンバーナディーノ山脈と西のサンガブリエル山脈の間の両側が切り立ったルート66に位置する深い峡谷峠です。

サンアンドレアス断層の地殻変動で出来た山脈で、標高が1151 mあります。

モハベ砂漠に位置するこの峠は、サンバーナーディーノ大都市圏からビクターバレーや北東のラスベガスへの重要な交通の要所です。

カホンパスはホースシーフキャニオンの先頭にあり、カリフォルニア州道138号線と、BNSF鉄道とユニオンパシフィック鉄道の線路が通過します。

1972年の改良により、鉄道の最大標高は約1167mから1151mに減少し、曲率は減少しました。

州間高速道路15号線は、カホンパスを通過しませんが、近くのカホンサミット、標高1300mを通過します。

カホンパスとカホンジョンサミットは、しばしカホンパスと呼ばれますが、カホンジョンパスとカホンジョンサミットは区別されます。

カホンパスの歴史
1851年、アマサM.ライマンとチャールズC.リッチが率いるモルモン開拓者のグループが、ソルトレイクシティから南カリフォルニアに向かう途中で幌馬車でカホンパスを旅しました。

コロラド州とニューメキシコ州では馬が不足していて需要があり、カリフォルニアで開拓者の馬の群れがカホンパスで馬泥棒の餌食になったのも不思議ではありません。

モルモンロードと鉄道が合流する峠の著名な岩層は、モルモンロックスとして知られています。

スペイン語でカホンという言葉は箱や引き出しを意味します。

「カホンパス」と呼ぶことが多い末日聖徒の文書は、モルモン開拓者のアンドリュー・カホンにちなんで名付けられたという。

アンドリュー・カホンは近くのサンバーナーディーノの初期の開拓者であり、サンバーナーディーノの調査と町の基礎を計画しました。

サミーデイビスジュニア ルート66カホンパスでの事故
サミーデイビスジュニアは、1954年11月19日のサンバーナーディーノのルート66とケンドールアベニューの分岐点での自動車の大事故で左目を失いました。

ハリウッドのレコーディングセッションのためにラスベガスを出発したデイビスは、ルート66のカホンパスが終わるケンウッドアベニューのカットオフを運転していましたが、

運転に不慣れであまり得意ではなかったデイビスは、彼の新しいライムグリーンのキャデラックコンバーチブルで大事故を起こした。1954年11月19日午前7時過ぎだった。

ルート66とI-15モハベフリーウェイ
モハベフリーウェイ(I-15)は、1969年にカホンパスの西にあるカホンサミット上に建設されました。ロサンゼルスとラスベガスへの主要なルートです。高速道路は、ルート66と国道395号線の元の区間と平行に上を走っています。

ユニオンパシフィックが元のロサンゼルスアンドソルトレイク鉄道の下でサンタフェ部分の線路権を取得した峠。元のBNSF(ATSF)線は、1880年代以降に建設された道路、ルート66とI-15は、大まかにこのルートをたどっていました。


サンタフェとソルトレイクトレイル

The Santa Fe and Salt Lake Trail

カリフォルニアの歴史的標識マーカーは、ルート66がパシフィッククレストトレイルと合流するクラウダーキャニオンにあり、デッドエンドの道路です。

白い石積みの記念碑には、「1849年にSheldon Stoddard Sydney P. Waite John Brown Jr George Millerによってサンタフェとソルトレイクトレイルを旅したカリフォルニアの勇敢な開拓者に敬意を表して1917年に建てられました。

元々はモルモンロード(1847年-1855年)として知られていたが、ソルトレイクシティからサンバーナーディーノまで伸びていた。

その後、ソルトレイクトレイル(1855年-1905年)は同じ配置を使用しましたが、さらにロサンゼルスに入りました。

サンタフェトレイルは1821年から使用されました。ニューメキシコ州のサンタフェから来ました。サンタフェからカリフォルニアまでの区間は、一般にオールドスパニッシュトレイルとして知られています。

サンタフェトレイル全体は、ミズーリ州からカリフォルニア州まで大まかに伸びていました。

サンタフェトレイルはここ北に向かってクラウダーキャニオンに入りました。その後、1861年に、ジョンブラウン有料道路がこのルートを使用しました。

そしてその後も、オールドナショナルトレイルズハイウェイは1912年にこのルートを使用しました。この舗装された道路は1915年にルート変更され、ルート66は後に1926年に使用されました。

モルモンロードは北西に、ハイウェイ138のルートに沿って進み、その後北の急な尾根を登りました。


両方のトレイルはビクタービルの近くで再び合流し、モハビ川を北に向かってバーストーとその先まで進みました。

サンタフェとソルトレイクトレイルモニュメントは、1957年5月17日にカリフォルニア歴史的建造物No.576に指定されました。

サンタフェとソルトレイクトレイルモニュメントは、カリフォルニア州サンバーナディーノ郡のカホンパスで2つの歴史的トレイルが合流した場所を示しています。

貿易ルートである、オールドスパニッシュトレイルとモハビトレイル-モハビロードがカホンパスで合流しました。

大きな白いマーカーは、ケイジョンパスの州間高速道路15号線に隣接しているルート66にあります

サンバーナーディーノのパイオニア協会によって、西部にやってきたパイオニアを思い出し、称えるために建てられました。

ルート66のマドンナ

ルート66のマドンナ

マーカーの高さは約3.7m、底辺は約2.1mの四方です。カホンパスは、現在のヘスペリアにある近くのアトンガイビット村に住んでいた、セラーノインディアンのネイティブカリフォルニアの故郷でした。

サミットバレーにはグアピアビット族が住み、カジョンキャニオンにはアムスコピアビット族が住んでいました。

カホンパスは先史時代のネイティブによって使用されました。サンアンドレアス断層は、南カリフォルニアのサンバーナディーノ山脈とサンガブリエル山脈の間を通り抜け、1151 mの峠を作りました。

一方はモハーベ砂漠にあり、もう一方はロサンゼルス盆地にあります。

モニュメントは、49年代の一部として1851年6月20日に峠を越える人々に特別に捧げられています。 Sheldon StoddardとSydney P.Waiteは、1851年に峠を越えた先駆者の2人です。

彼らは、1949年にデスバレーを通り抜けて間違った迂回路を生き延びた後、峠を越えた開拓者の49ナーズでした。

記念碑を建てるにあたり、サンバーナーディーノの開拓者協会は、丸太小屋、ピクニックテーブル、山のベンチ、そしてサンバーナーディーノを一般の人々が利用できるように建てました。

サミットイン Summit Inn
サミットインは、カリフォルニア州サンバーナディーノ郡のカホンパスの頂上にあるオークヒルズ出口のすぐそばにあるサミットインは、歴史的なルート66のダイナーです。

2016年8月16日サミットインのダイナーは、強風によるブルーカットファイアと呼ばれる大火事で破壊されました。事業の現在の所有者は可能な限り古い建物と同じように再建を計画をしているそうです。


サミットインの歴史
元のサミットインは1928年に操業しており、ルート66の西行きと東行きの車線の間のカホンパスの頂上にある元の場所にちなんで名付けられました。

カリフォルニア州の法人化されていないオークヒルズの現在の場所は、ルート66がやや低い標高に沿ってルート変更された。

ルート66にあるサミットインは1952年にオープンし、ルート66の「頂上」でコーヒーや軽食をとるのが一般的だった時代に、ゴードンフィールズがライリー氏のために建てました。

セシル・スティーブンスは1966年にバート・ライリーからガスステーション&レストランを購入しましたが、彼はテキサコのガソリンスタンドだけが欲しかったのですが、レストランを経営していたドイツ人女性のヒルダ・フィッシュが経営する意思がある場合は、両方を購入する条件を出し彼は、同意しました。


ヒルダ・フィッシュは2002年に引退し、現在は亡くなっています。

ルート66は、1970年までにカリフォルニアの州間高速道路15号線によって全滅しました。

2014年3月27日、酔っ払った運転手、カリフォルニア州リバーサイドのジェイソンアーネストジョンソンが、盗まれたバンをレストランに衝突させ、20万ドルの損害を与えたとして逮捕されました。

運転手はより少ない罪で有罪を認め、執行猶予付きの判決を受けました。キッチン全体が保険金を使って再建され、レストランは2014年7月末に再開されました。

かつてテキサコガスステーションとして使用されていたビンテージの建物は、ガソリンが販売されなくなったものの、敷地内に残っていました。

サミットインの小さなギフトショップは、テキサコ関連の記念品を今販売しており、インテリアの残りの部分には、非常に多くのオリジナルの金属製石油会社の看板が飾られていました。

サミットインは1952年にオープンしました。現在の所有者は1966年から所有しています。ルート66はハリウッドからラスベガスまで移動する俳優の主要な道だったため、多くの俳優がサミットインに立ち寄りました。

サミットインの最も有名な常連客の1人はエルビスプレスリーでした。エルビスは、ビバリーヒルズ近くのブレントウッドにある自宅から、70年代初頭にラスベガスで頻繁に開催されたステージショーに行く際、飛行機が嫌いなエルビスは、スタッフと側近お連れ車で旅をしました。

顧客には、俳優のピアース・ブロスナン、パール・ベイリー、クリント・イーストウッド、ダニー・トーマスなどがいた。

2016年7月1日、この事業はキャサリン・フアレスと彼女の兄弟であるオットー・レシノスに売却されました。オットー・レシノスはロサンゼルスで所有する家族向け不動産を売却した後、この地域に引っ越しました。

サミットインのメニューは、典型的で安価で満足のいく料理でしたが、ひねりを加えました。ダチョウの卵のオムレツやバッファローバーガーなどやダチョウバーガーも提供されました。

レストランの営業時間中、現在の州間高速道路15号線では、元の赤いネオン「SUMMIT INN」の標識が点滅し、運転手に手招きをしました。駐車場でアンティークの車がありました。

アメリカ大陸横断鉄道
アッチソン・トペカ・サンタフェ鉄道の子会社であるカリフォルニアサザン鉄道は、カホンパスを通る最初の鉄道でした。

峠を通る路線は、現在のバーストーとサンディエゴの都市を結ぶために1880年代初頭に建設されました。 

北と東行きの車線と対応する橋は通行止めになっています。ケンウッドアベニューまたはクレッグホーンロードの出口からアクセスできるこの道路沿いに、最高のトレインスポッティングエリアがいくつかあります。

1943年3月にカホン峠を下りた後、ブレーキを冷やすためにサイディングで一時停止した列車の頂上にあるサンタフェ鉄道の制動手

電車が多く、景色が良く、アクセスも簡単なため、鉄道ファンに人気の場所であり、ケイジョンパスの電車の写真が本や雑誌にたくさん掲載されています。

ユニオンパシフィック鉄道は、1967年に開通した以前のサザンパシフィック鉄道パームデールカットオフで、パスを通る1つの線路を所有しています。BNSF鉄道は2つの線路を所有し、2008年の夏に3番目の主要線路を運行し始めました。

ルート66カホンパス

ブルーカット カホンパス
Blue Cut Cajon Pass
オフランプから約4キロのところにあるルート66は、カホンウォッシュに続いて右に大きく曲がります。道路の右側に見える広いエリアは、分割された高速道路が建設されました。

1930年代には、カリフォルニアでより良い生活を求めている中西部のダストボウル地域からの難民を当局が身元調査した場所で、難民の身元調査を行っている間、難民は数日から数週間ここに留まりました。

ブルーカットの名前は、ブルーカットの休憩所の向かいにある険しい丘の中腹にある青みがかったサンアンドレアス断層の色合いに由来しています

カホンパスを作ったのはサンアンドレアスでした。ブルーカットに立って、ケイジョンウォッシュと線路を北西に見渡すと、長くてまっすぐな狭い谷があります。

これが断層の進路であり、実際の「亀裂」は谷の真ん中にあります。断層によって作られたロストレイクという名前の小さな湖は、ブルーカットから谷の約1.6キロ上にあります。

このエリアは電車が通り過ぎるのを見るのに電車好きに人気があります。


ブルーカットのすぐ先には、道路沿いに古典的な石の壁があります。この壁は1930年代に建てられました。その後、道路はカホンパスの最も狭い部分を蛇行します。

サンバーナーディーノ山脈とサンガブリエル山脈を隔てるカホンパスは、重要な自然の玄関口でした。

インディアントレイル、移民ルート、鉄道、そして超高速道路によって横断されます。19世紀初頭には、中世スペイン語またはソルトレイク(モーモン)トレイルの南端になりました。

1851年にサンバーナーディーノを設立したモルモン開拓者たちはこのルートを旅しました。

1861年、ジョンブラウンは峠を通る、約19キロの有料道路を建設しました。ヴァンデュセンロードに接続し、ホルコムバレーの活況を呈している鉱山集落へのアクセスを改善しました。

カホンパスの下端は、幅3,2キロの巨大な沖積堆積物で構成されています。デヴォアの約8キロ上には、ローワーナロウズとも呼ばれるブルーカットとして知られるカホンクリークによって侵食された狭い峡谷があります。

ブラウンロードの料金所が近くにありました。これが1885年に登場した鉄道の路線となり、又古い高速道路ルート66でもありました。


カホンパス災害
カホンパスは強風、乱気流、霧で知られています。峠の天気は、視界が悪い霧の日から、時速130 kmを超えるサンタアナ風が吹いて航空機が跳ね返る晴れた午後までさまざまです。

風は通常、西から外れますが、サンタアナやその他の気象条件では、北または南東から外れる場合があります。サンガブリエル山地に空気がこぼれると、激しい上昇気流と下降気流が時々発生します。

峠の南の急な下り坂は、1989年5月12日のサンバーナーディーノ列車の災害の要因でした。

カホンパスは、1994年12月14日、西行きのアッチソン、トペカ、サンタフェのインターモーダル列車が制御を失い、カリフォルニアハイウェイ138のすぐ下、アルレーとカホンの間の西行きのユニオンパシフィック石炭列車の後方に衝突した大きな事故の現場でした。

2003年10月から11月にかけて、多くの山火事が峠の近くとその周辺の丘と山腹を荒廃させ、州間高速道路15号線の閉鎖を余儀なくされました。

2015年7月17日、州全体を苦しめ、極度の火災の危険をもたらす深刻な干ばつ状態の間に、カリフォルニア州道138号線とオークヒルロード出口の間の州間高速道路15を高速で風に吹かれた山火事が襲い、ドライバーを安全と設定のために走らせました。

20台の車両が燃えていると当局者は言った。州間高速道路 I-15の南行きの車線を閉鎖し、北行きの側を1車線に制限した山火事は、停車中の車を巻き込みました。

ブルー・カット・フィアーは、2016年8月16日から数日間、高速道路の閉鎖を再び強制しました。火災は、火災の激しさのために州間高速道路 I-15の北および南行きの車線を閉鎖しました。

PAGETOP