ルート66横断をルート66写真家kenkanazawaが徹底解説 ! ルート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー ルート66横断ツアー

MENU

ルート66のバイブルを作った男 ジェリー・マクラナハン

ルート 66 のバイブル

「EZ66 GUIDE」著者

ジェリー・マクラナハン
Jerry McClanaha

イラストレーター
歴史家

ジェリー・マクラナハン

ジェリー・マクラナハン

ニューメキシコ州のギャラップの、ネオンミュージアムにあるこのネオンは私の大好きなネオンですが、

ルート66ガイドブック「EZ66」の作者のジェリー・マクラナハンがデザインした作品です。

ジェリー・マクラナハンオクラホマ州の自宅にルート66ギャラリーを持っている。

ジェリー・マクラナハン、ホームページより

1960年代にアメリカのメインストリートを私の家族と旅をした際、後部座席に居た幼い私は、

アメリカ大自然の神秘的光景やルート66の壮大かつネオンサインや派手な看板は、驚くばかりの光景でした。

カウボーイ少年時代の切ない憧れの強い思い出に成ったのです。

ノスタルジックな思い出は、私の高校や大学時代を通して私の潜在意識の中にくすぶっ続けました。

父と私は1981年に再びカリフォルニアのルート66の旅をした際、 ルート66は複雑でジクゾウパズルのように難解かつ複雑でした。

今回の旅を通してルート66の旅は、私の願望を強くさルート66のマップを製作しようと決断しました。

2005年には、ルート66を旅する者の為に「EZ 6」ルート66完全ガイドブックは「ナショナルヒストリックルート66連盟が発行し絶賛をもたらしました。

ジェリー・マクラナハン

ジェリー・マクラナハン

私のアートワークを介してルート66のシーンを復元する事は私たちのルート66の遺産を保護し貢献出来る事は誇りです。

又海外での全国の展示会で紹介される事を誇りに思っています。

私の作品であるルート66のアートワークや写真は、多くの書籍で雑誌に掲載されています。

2008年、私はギャラリーだけチャンドラー、オクラホマ州のルート66をオフ私のルート66を開いて、道端の起業家のそれらの仲間入りをしています。

ルート66旅行者の為のEZ66ガイド – 第4版
著者 ジェリー・マクラナハン
出版社 ナショナルヒストリックルート66連盟
公開された日付  2015年
価格 $ 21.54

ジェリー・マクラナハン公式Web: McJerry66
EZ66 Guide公式Facebook: EZ66 Guide to Route 66

ジェリー・マクラナハン

ジェリー・マクラナハン

チャンドラー オクラホマ州 
Chandler, OK

オクラホマシティから東へ1時間、ラウンドバーンのあるアーケイディアの先、チャンドラーは人口約3000人の小さな田舎町です。

この地域にニューメキシコ方面から東向きに来ると、緑があふれる風景が新鮮に映ります。

アメリカ合衆国オクラホマ州の中央部のリンカーン郡 の人口は約34000人。

郡庁所在地はチャンドラー市で人口約3100人で人口最大の都市でもある。

元々この地域ではオーセージ族インディアンが狩猟をして生活をしていたが、1825年の条約でその土地をアメリカ合衆国政府に譲渡した。

アメリカ政府はその後クリーク族とセミノール族をアメリカ合衆国南東部からインディアン居留地区移住させた。

南北戦争後の1866年、これらの部族は戦中にアメリカ連合国に味方していたのでレコンストラクション政策でこれらの土地を取り上げた。

ジェリー・マクラナハン

ジェリー・マクラナハン

アメリカ政府はその後サック・アンド・フォックス族、ポタワトミー族、キカプー族およびアイオワ族にこの土地を使わせた。

1870年、サック・アンド・フォックス族の機関が現在のリンカーン郡東端に設立され、この地域では初めての開拓地に成った。

1890年、ジェローム委員会が地域の部族と交渉し、キカプー族を除いて土地の割り当てに合意した。

インディアンの土地は部族員の個々に割り当てられ、余った分は1891年のランドラッシュで白人開拓者に解放された。

郡庁所在地に指定されていたチャンドラーの町では、その年後半に別のランドラッシュが行われた。

リンカーン郡が組織され、当初は”A”郡と呼ばれた。

1895年、キカプー族が土地の割り当てに合意し、1895年のランドラッシュで残りの土地が白人開拓者に割り当てられた。

リンカーン郡住民はエイブラハム・リンカーン大統領を讃えて郡名にすることを選んで。

他の候補としてはサック・アンド・フォックスやスプリンガーがあった。

この地域はかつてはオクラホマシティにかけて石油産業で栄え、ピーカンナッツの栽培が盛んなエリアの一つです。

小さな街の中心には、ルート66があり東西に町を結んでいます。

有料道路であるI-44ウィル・ロジャース・ハイウェイが高速移動の手段ですが、50~60 mileのスピードが出せるルート66は現在も現役の生活道路です。

ルート66.com

PAGETOP