ルート66横断をルート66写真家kenkanazawaが徹底解説 ! ルート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー ルート66横断ツアー

MENU

ルート66 ラプトン

ルート66ラプトン
アリゾナ州

Route66
Lupton
Arizona

ラプトンは
アリゾナ州の小さな村で

標高1886 mで
人口約2人の村

アリゾナ州と
ニューメキシコ州の
州境に位置している

ルート66アリゾナ/ニューメキシコ ゲートアーチ

ルート66アリゾナ/ニューメキシコ ゲートアーチ

 映画「怒りのぶどうThe Grapes of Wrath」に登場し、映画「カーズ」のイメージに影響を与え、

ペインテッド・クリフがロケ地に成り、アレンタウンの小さな村に歴史的な

「You Now Leave New Mexico, Come Again」1923年のゲートウエー・アーチがある。

ルプトンの名前の由来

1905年に町が設立され、ウインズロー鉄道の所長ジョージ・ウイリ・アムス・ ルプトンから命名された。

G.W .ルプトンがこの地域で最初のトレーディング・ポストを設立した。

姓のラプトンは、古い英国サクソン語の Hluppaと tun(村)を起源とする英国カンブリアに由来している。

ル―ト66

Route66 Lupton AZ

ジョージは1905年にウインズローの駅長として赴任し、後に サンフランシスコのアッチソン・トピーカ・サンタフェ 鉄道の所長を歴任し、

1929年にはシカゴ路線の副総裁の助手に出世した人です。

1930年代のアリゾナのガイドブックに、人口 約75 人でパイオニア「西部の牛の町」として紹介されている。


トレーディング・ポスト近辺にはナバホ族の独立国家である、首都ウインド・ロックがある。

1917年に開かれた小規模の最初の郵便局は、1926年にルート66が1910年代初めに作られオールド・ハイウエーがルプトンに開通した。

ラプトンは、1930年に再編される未舗装の「段階的な道路」にある、アリゾナ州トマ・ホークから東に20km離れた場所に、

ルート66に沿って1927年ラウンド・マクナリー・マップを描いた。

ルート66 ルプトン アリゾナ州

ルート66 ルプトン アリゾナ州

アレン・タウン

大西洋鉄道のスタッフの一人であったアラン・ジョンソンの名前にちなんで名付けられました。

1880年代、ジョンソンの兄弟達は牧場を始め牛を育てました。

ペインテッド・クリフと
トレーディング・ポスト

Trading posts
in Lupton Arizona

1万年には人の住んでいた痕跡があり、アナサジや古代プエブロのインディアンがこの地域やコロラド台地に暮らしていた。

彼らは元々ペインテッド・クリフの下で暮らしていた。

コロラド川の西、リトルコロラドとプエルコ川の北にある、ユタ州、コロラド州、西ニューメキシコ州、アリゾナの州南の広大なコロラド高原にも拡散していた。

アナサジは農民であり、700年〜1150年にはピークを迎え、その後干ばつや遊牧民侵略によって南に移動した。

1540年にスペインの探検家がニューメキシコ州に進出し出会ったのがプエブロの人々であった。

スペイン人はアナサジを南東に追いやった。

ル―ト66

Route66 Lupton AZ

ナバホ族はカナダ北西部からのアサバスカン起源であり、西暦1400年頃にアメリカ南西部に移住し来た。

元々狩猟採集民のナバホ族は、プエブロの人々から農業の能力を学んだ後、スペイン人と和解しヤギと羊の飼い方等を習い牧畜を始めた。

1540年フランシスコ・バスケス・デ・コロナドはこの地域で最初のヨーロッパ人であり、ズニー・プエブロの村を征服した。

その後、探検隊は、リオ・グランデを経由しラプトンの街を通りホピ村に到着した、ラプトンは当時の交通の要の場所でした。

その後、白人として始めてグランドキャニオンを発見した。

当時の交通の要の場所でした。

1620年に彼らは、ニューメキシコのサンタフェの北でナバホー族に出会い名前を付けた。

その名前は「Apache of Navajoナバホの中のアパッチ」に由来している。

アリゾナの領土から、ナバホーはニューメキシコの村を襲撃し、1821年以降はメキシコ時代にソルを続けた。

一度アメリカが敗北した後、メキシコは1846年から1848年のメキシコとアメリカの戦争で、アメリカ軍は地域を平和にする計画を策定した。

ルート66ラプトン

ルート66ラプトン

1850年代に数回攻撃され1851年にエドウィン・サムナー大佐は、アリゾナ州の中心にナバホランドにデファイアンス砦を建設したが、

アメリカ南北戦争が始まり砦は1861年には放棄された。

アパッチ郡は、68%のナバホ族が住むインディアン・リザベーションとして指定された。

最も広大な土地を所有し、ナバホー郡は3位の広さがある。

新しい司令官ブリッグ。

ジェームズ・カールトン将軍は、グラント(1862年)の近くでナバホ族を「オールド・フォート・ウィンゲート」から奪い取って、

それらを丸めて砦近くの収容キャンプに収容し、ナバホ族の悲惨な歴史ロングウォークに繋がった。

アッパチ・カウンティーは1879年に創設され、1895年にはナバホ郡が西部から分割された。

アトランティック・アンド・パシフィック鉄道は、後にアッチソン・トピーカ・サンタフェ鉄道の一部と成り、1883年に西部ののリオ・プエルコ川に続いた。

トレーディングポス

1946年にマックス・オルテガによって建設され、彼は妻エメリアと運営していましたが、1965年に解体され現在はI-40に成っています。

地元のナバホに商品を販売した後、ジュエリーを販売している旅行者に食事を提供した。

彼らの息子であるアルマンド・オルテガは、ガラップでエルランチョのホテルを修復し所有していました。

チャーリーとメアリーの場所は、インディアントレイルトレーディングポストの隣に位置しています。

屋根の上に黄色の馬があるフォートチーフイエローホースは、イエローホースの家族によって運営されています。

怒りの葡萄 ジョン・スタインベック

怒りの葡萄 ジョン・スタインベック

ラプトンと映画「怒りの葡萄」と
ピクサーの映画「カーズ」のロケ地

ニューメキシコ州とアリゾナ州の境の町、ペインテッド・クリフでアニメション映画「カーズ」は、インスピレーションを与られ、映画「怒りのぶどう」のロケ地に成った。

ラプトンと小説と映画「怒りの葡萄」

ピューリッツァー賞はノーベル賞の作家ジョン・スタインベック(1902年~1968年)によって1939年に書かれた小説で受賞した。

小説「怒りのぶどう」は、舞台はオクラホマ州、1930年代半ばに、大恐慌とダストボールの干ばつはアメリカ経済を混乱させ、何百万人もの人々が失業し、住宅ローンを不履行に陥った。

ルート66ラプトン

ルート66ラプトン

スタイベックは土地と家を失った少数の小作人の運命を描いています。

命がけで夢を求めてカリフォルニアに新しい人生のスタートを求めるストーリーで、ジョンフォードが監督の映画として撮影され、

ヘンリー・フォンダ、ジェーン・ダーウェル、ジョン・キャラダインがキャスティングされた。

ジョーダスはルート66に沿ってカリフォルニアに向かって西へドライブし、映画は1940年にマザーロードのかけがえのないシーンを描いています。

映画の重要なシーンは、アリゾナとニューメキシコの国境の州の検査所であるルプトンで撮影されました。

ジョーダン達は、カリフォルニアを目指し、アリゾナは興味がない、彼は貧しいホームレスかもしれないが、彼はまだ使命を持つ誇り高き人です。

州境の検問所で「移民達は、軽蔑され、経済的に傷ついた移民の悲劇的なイメージを描写している」

ルート66ラプトン

ルート66ラプトン

ルプトンとピクサー
ディズニー映画カーズ

Still from Cars Movie
Wheel Well Hotel

スタジオがアニメーション映画「カーズ」を作ることに決めた時、ルート66に沿ってルート66研究キャラバン隊を送り出し、

映画の素材に成る象徴的なキャラクターとユニークな場所を探しました。

彼らはラプトンに着き、ペインテッド・クリフを見つけインスパイアされ、映画のホイール・ウエル・モーテル のモデルに採用し、カーズ2ではレストランとして描かれています。

カリフォルニア州にあるディズニーランドのアトラクション「カーズランドのラジエータースプリング」のモデルにも成っています。

ルート66.com

PAGETOP