ルート66横断をルート66写真家kenkanazawaが徹底解説 ! ルート66ウエディング ルート66フォトツアー ルート66ツアー ルート66横断ツアー

MENU

ルート66ハックベリー アリゾナ州

ルート66 ハックベリー
アリゾナ州

Hackberry
Arizona


ハックベリーは
アリゾナ州モハベ 郡

標高 1092mに位置
人口約5523人です

ハックベリーは
キングマンの北東に
37 kmのアリゾナ州
ルート66にあります

ルート66ハックベリー アリゾナ州

ルート66ハックベリー アリゾナ州

ハックベリーには郵便局があり、 この地区の郵便 番号 86411で68軒の住宅用メールボックスが設置されています。

ハックベリーの歴史

元の鉱山の町ハックベリーは、春にはハックベリーの木が咲き、近郊にハックベリー鉱山がありその名が付けられた。

1875年プロデューサーのジム・ミュージックは、ハックベリー・シルバー鉱山の開発し、様々な金属の鉱山が町を発展させた。

1909年7月24日アリゾナ州キングマン出身のモハベ郡鉱夫の記事から、J.J.ワッツは鉱夫である。

以前インディアンが、ワラパイ山脈にある探鉱家を殺し、埋葬した後有罪判決を受けた。

昨年の冬、ワイオミング州ランダーでJJワッツが死去したという情報を伝えて、今週はオクラホマ州マーシャルのBFワッツからの手紙を受け取りました。

インディアンはキングマンに来た見知らぬ人であると信じられており、その部分で見つかった失われた鉱山の物語によってインディアンによって山に誘惑された。

その男はウィリエプテプシーとその息子は、インディアンに殺された。

1919年までに、鉱山の所有者間の紛争が訴訟と成り、鉱石が枯渇し始めた。

鉱山は閉鎖され、産業が無くなったハックベリーはゴーストタウンに成った。

ルート66ハックベリー アリゾナ州

ルート66ハックベリー アリゾナ州

1926年に高速道路が町に到着した後、町の様々なサービスステーションがルート66にありました。

アリゾナ州の州間高速道路I-40号線が完成し車の流れが大きく変わり町は寂れすべてが閉鎖された。

キングマンとセリグマンの間の州間高速道路I-40の100kmの道は、新しいハイウェイから約20km離れたハックベリーを取り残した。

だが、ジョン・グリッグは1967年に彼の死までルート66ハックベリーの76のサービスステーションを運営し続けた。

1923年に確立されたノースサイド食料雑貨品とコノコ駅は1978年には閉鎖された。

ハックベリーは殆どがゴーストタウンに成ったが、グリック一族家は1890年代からそこに住み続けている。

1992年、放浪の芸術家のボブ・ワトミーはハッケリー・ゼネラル・ストアを旧ノースサイド・グロッサリーを

ルート66のビジターセンター&ルート66の記念品を扱うギフトショップとして再オープンしました。

ワルドマイアーは1998年にジョン&ケリー プリチャードに店舗を売却した。

Address 11255 E Hwy 66, Hackberry, AZ 86411-2001

ボブ・ウォルドマイヤ

ボブ・ウォルドマイヤ

ボブ・ウォルドマイア

1945年4月~2009年12月16 日ルート66アーティストでルート66の地図とアートワークを制作し、

ルート66の歴史に残る方で、マザーロードであるルート66の地図と人間と自然のイラストを描きながら

ルート66大陸横断の旅をした放浪の画家です。

スプリングフィールド、イリノイ 州にあるコージードッグ・ドライブの エド・ウォルドマイヤ・ジュニアの息子です。

プロのアーティストとしてのキャリアは、サウザン・イリノイ大学の生時代に始まった。

大学を卒業後、故郷に戻り「鳥瞰図」ポスターの制作を始めたが、ボブはその後、ビジネスで利益の出るポスター制作に入る。

全米34都市の絵を制作し始め、ルート66を旅しながらルート66の放浪画家と成る。

ボブ・ウォルドマイヤは、スノーバード(温かい場所に移り住む)で、寒い冬に時期は、暖かいアリゾナ州のチリカフア山脈で自給自足し、夏の間、ルート66を旅し作品を創作し続けた。

ルート66と
ボブ・ウォルドマイヤ

元々鉱山の町であるアリゾナ州のゴーストタウンにあるハックベリーには、1934年設立のノースサイド食料品があったが1978年以来閉鎖されていた。

ボブはその場所を購入し、ルート66に関するビジターセンターとルート66記念品を扱うギフトショップをオープンした 。


後に、ボブ・ウォルドマイヤは1998年にジョン·ケリープリチャードに店舗を売却した。

2004年、ボブ・ウォルドマイヤは、ナショナルヒストリックルート66連盟ルート66の保全への貢献のためのジョン·スタインベック賞を受章した。

ルート66 ポンティアック

ルート66 ポンティアック

ボブ・ワルドマイアのオレンジ色の1972 フォルクス・ワーゲン・マイクロバスは、2006年のアニメ映画「 カーズ」のイメージに使われた、キャラクター「 フィルモアー 」のモデルでした。

ボブは厳格なベジタリアン「 マクドナルドのハッピー・ミールズ 」の付属のおもちゃの著作権をディズニー(ピクサー)に使用させたくなかったと考えた

ボブは「ウォルトマイヤー」のキャラクターの名前付ける提案を拒否した。

「ウォルトマイヤー」の名前は永遠に使われる事は無くなった・・・・

2009年11月22日の「ボブの最後のアートショーはコージー·ドッグドライブインで開催されました。

2009年12月16日にボブ・ウォルドマイヤは、肝臓がん死亡した。

彼の遺灰は近くモータービル墓地で彼の両親と眠っている。

彼のトレードマークのバンとバスはイリノイ州のポンティアックにある66殿堂博物館で展示されている。

ルート66大陸横断

ルート66と呼ばれるこの道は、アメリカ大陸を横断し、アメリカ西部の発展を促進した重要な国道でした。

その為、映画や小説、音楽などの中に多く登場し、今なおアメリカのポップ・カルチャーの題材にされている。

ルート66 サンタモニカ

ルート66 サンタモニカ

アメリカ人の誇りであり、アメリカ文化の根っこなのです。

世界中の方々の憧れの道ルート66は永遠です。

映画(イジーライダー 1969年、キャノンボール 1981年、レインマン 1988年、

アンタッチャブル 1987年、ブルースブラザース 1980年、ハンター 1980年、

ディスニーカーズ 2006年、山下智久 2012年)

小説(怒りの葡萄 1940年)や音楽(ゲット・ユア・キックス・オン・ルート66、ルート66のテーマソング、

キャデラック・ランチ、テイク・イット・イージー、ボーン・ トゥ・ビ・ワイルド、コーリング・ユー)などに

登場しアメリカのポップ・カルチャー舞台に成っている。

PAGETOP