ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

お客様の声

  • HOME »
  • お客様の声

Mr Hirayamaのコメントを頂きましたので・・・6-6-17
日本に帰り3日目、改めてKENさんに案内していただいたルート66の思い出が蘇ります!『アメリカは、大きい!』『州により変化を感じる』『ルート66でお会いした方の心』徐々にまとめたいと思いますが、一期一会も含め今までに無い、素晴らしい思い、又生き方等たくさん経験させて頂きました。第3の青春と又若さが戻ってきた気持ちです。
お金は、又回収する事は、可能です。しかし、自分の経験は、行動しなければ得られません。
KENさんと彼のホームページで知り合っただけで、今回の素晴らしいルート66旅行ができた事を感謝します!快く約2週間の時間を頂けた事にも感謝します!又、計画したら実行です!素晴らしい人(恋人では、無い)とめぐり合えます。
繰り返しになりますが、本当にKENさん、今回は、ありがとうございました。又、次回も、朝起きて、その日の計画を建て素晴らしい旅、宜しくお願いします。!!!

Naohiko Nagai  10-12-16
まず始めに、Kenさん今回は本当に有難うございました。

一枚の写真をきっかけに『夢』ができ、『目標』が出来、KENさんに会うまでのこの一年間先の見えない道をただ寄り道しながらあーでもないこうでもないと思いながらトボトボ歩いていました。

ようやく自分のテーマができてそれを実現するためのヒントや姿勢など物の考えや方色々な事を教えようとしてくれて、時には『叱って』時には『笑い有り』短い期間でしたが本当の優しさが伝わりました。

今までこんなこと言ってくれる人はいませんでしたし、これが本当の優しさ何だと気付き、自分のダメな所にも物凄く気付きました。そして、自分の未熟さ故に他人にも迷惑をかけてしまい大切な時間を無駄にし自分の甘さがわかり未熟さがわかりました。

僕が言うのも何ですが、今の日本の若い世代は暗闇の中を歩いていて、夢を語らなくなり夢を持たなくなり、 いや、『夢を持てない』そんな時代になってる気がしますそれは今、インターネットが普及して色んな情報が普及していて批判的な意見やそれは無理だとかネガティブな物が多い気がします。ほかにも色んな要因がもっと人を縮こめている気がします

最近若い子の自殺、過労死、殺人事件、逃げ場のない人たちが社会に訴えてる気がします。ほかに選択肢はなかったのか?
その人達は逃げ場はなかったのか、ほかの世界を見る余裕もなかったのか、それとも他の世界を、違う考えや、生き方、場所、を示してくれる人がいなかったのか、頭の悪い僕が考えてもその事はその本人にしかわかりません、今の会社や、住んでる場所や地域だけに目を向けないでもっと広く見て欲しい。

日本人って比較したりごちゃごちゃあいつはあーだこうだとか影ですごい言うけど人それぞれだから、もっと外に目を向けて欲しいそしたらきっと先は見えるから・・・

たった一枚の写真が僕の人生を変えたように僕も人を助けたり視点を広げる、人生を変えるそんな写真を撮りたいと思いました。

短かったですが、濃すぎてめっちゃいた気がします笑それほど濃厚で楽しいたびでした。今日帰りますが本当に有難うございました。次もまた伝説を作ります(笑)

夢見るヒツジ
2016年4月22日 at 7:50 AM 
何時も‼日本では✨観ることも無い〃素晴らしい風景を楽しませて頂き🎵⤴本当にありがとうございます😝💐🎈此れからも‼身体には充分気を付けながら✨頑張って下さいませ😅⤴次回からも🎵⤴
珍しい風景を楽しみにして〃待って居ります☀⤴
😅😅😅e

台風の影響で、到着が1日遅れちゃったけど無事に帰国しました!みんなもひろもKenちゃんのお陰で、スペシャルな旅ができました!忙しい中、3日も空けてくれてありがとう! ほんと何て感謝を伝えたらいいか分からないけど、とにかくありがとう!やっぱりKenちゃんはすごい!叶えている姿をたくさん見せてくれてありがとう!ひろも近い将来、海外で書をやっていけるように、努力します!

みんなもKenちやんにすごく刺激をもらったと思う!みんなAmericaいるときも帰る時も、ケンちゃんの話しばっかりしてるよーー!みんなにとって、美しい気持ちで、新しい気持ちで帰れる旅は初めてだったと思います!ほんとありがとう、ひろの大事なお兄ちゃん(^o^)またすぐに会いにいきます! Hiroe Hayashida

遠藤 謙二

こんにちは。去年の6月にバグダッドカフェでお会いし、夫婦でお話させて頂いた者です。
妻が何気なく見ていた旅行サイト。今時期の航空券が安い!ということで、
急遽決まった渡米。去年はロサンゼルス⇔ラスベガスでしたが、今回はラスベガス→ペイジ→
セドナ→グランドキャニオン→ウイリアムズ→セリグマン→キングマン→ラスベガス。
といった日程でルート66も走ってきます(^^♪
KENさんの写真を拝見させて頂きながら、今からワクワクしております。

KENさんの世界感を少しでも味わえたらと思っています。

 

 

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.