エンジェル・デルガディーロとファン

エンジェル・デルガディーロとファン

エンジェル・デルガディーロとファン

エンジェル・デルガディーロとファン

エンジェル・デルガディーロとは?

エンジェル・デルガディーロ、ルート66の伝道師、 マザーロードの父、 ルート66のガーディアン・エンジェル、 アンバサダーと呼ばれルート66愛好者の象徴的な人物。

エンジェル・デルガディーロは1987年に設立されたアリゾナ州歴史ルート66協会の創設者「歴史的ルート66」のシンボル的存在。 彼の情熱によりアメリカ・ルート66、イリノイ州、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、カリフォルニア州、8州でも協会が創設された。

長年に渡って、ルート66のガイドブックとウェブサイトがルート66に関する情報を提供し、彼に言及してきました。 彼の兄弟ファンはセリグマンのスノーキャップ・ドライブインを経営していました、既に他界している。

エンジェル・デルガディーロ

エンジェル・デルガディーロ

バイオグラフィー
エンジェル・デルガディーロは1927年4月19日アリゾナ州セリグマンのルート66生まれ。彼は、1930年代のダストボウル の為オクラホマ州から移住を余儀なくされたオーキースや第二次世界大戦中の人や物の動き等、ルート66の歴史を目撃した今では数少ない生き証人で2017年で90歳を迎えた。

1947年に、エンジェルはセリグマンの高等学校を卒業した後 、彼は町で理髪店を経営、後の歴史的なルート66にギフトショップとルート66ビジターインフォメーションを開業した。

エンジェル・デルガディーロは、1985年に米国高速道路システムからのルートの衰退と最終的に地図上からルート66が消えてしまった歴史を目の当たりにした。エンジェルはアリゾナ州ルート66協会を発足する為貢献し、 最終的には彼の情熱が、米国ルート66協会がルート66、8州全てに協会が設立された。

ジョン・ラセターは、2006年ピクサーの「映画カーズ」の製作する為 ルート66の歴史を研究している時に、デルガディーロに出会い、

エンジェルは、 高速道路40号線が開かれた日にルート66の町を通る交通量が消えた歴史を語った。デルガディーロはルート66の情熱を通して「映画カーズ」製作する際、刺激された言われています。

長年に渡って、彼はルート66の魅力に成り、人々は彼と話をして世界中からエンジェル会いに来ている。アソシエイテッド・プレスが彼にインタビューした時、彼はヨーロッパとアジアの観光客を歓迎していた。 エンジェルの物語は、元のキングストン・トリオのメンバーであるジョン・スチュアートのアルバム「ラフスケッチ」で書かれた「エンジェル・デルガディーロ」がある。

ルート66ミズーリ

ルート66ミズーリ

エンジェル・デルガディーロ

エンジェル・デルガディーロ

ルート66とは?
アメリカ合衆国のイリノイ州シカゴから西部のカリフォルニア州サンタモニカを結ぶ8州、全長3755kmのアメリカン初の大陸横断国道です。

1926年に指定され、インターステート・フリーウェイの発達によりその役目を終え、1985年に廃線と成った。

ルート66(Route 66)と呼ばれるこの道は、アメリカ大陸を横断し、アメリカ西部の発展を促進した重要な国道でした。

その為、映画や小説、音楽などの中に多く登場し、今なおアメリカのポップ・カルチャーの題材にされています。アメリカ人の誇りであり、アメリカ文化の根っこなのです。世界中の方々の憧れの道ルート66は永遠です。

映画(イジーライダー 1969年、キャノンボール 1981年、レインマン 1988年、アンタッチャブル 1987年、ブルースブラザース 1980年、ハンター 1980年、ディスニーカーズ 2006年、山下智久 2012年)、小説(怒りの葡萄 1940年)や音楽(ゲット・ユア・キックス・オン・ルート66、ルート66のテーマソング、キャデラック・ランチ、テイク・イット・イージー、ボーン・ トゥ・ビ・ワイルド、コーリング・ユー)などの中に登場し、アメリカのポップ・カルチャー舞台に成っている。 Main Homepage kenkanazawa.com

ルート66

ルート66アリゾナ州、カリフォルニア州有り日帰り