ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー Whisky a Go Go

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ゴーゴーダンスの誕生
ウィスキー・ア・ゴーゴーは、1947年にフランスのパリに開店したディスコテック「Whisky à Gogo」から来ている。1960年代にカリフォルニア州サンセッ通りのナイトクラブ「ウィスキー・ア・ゴーゴー」でミニスカートにゴーゴーブーツスタイルの女性たちが始めた、ダンス(ゴーゴーダンス)がその起源成ります。
Go go Dance

設立当初は、レコードが流れる一般的なディスコとしてオープンしたが、バンドによる生演奏とミニスカートの女性が、演奏の合間に吊るされた檻の中でDJプレイをするという演出スタイルが人気を博します。

アメリカで初めての本格ディスコ

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

それはアメリカを代表するエンターテインメントタウン、ウエストハリウッドにあります。その名も「Whisky a Go Go」は、銀行の建物を利用して造られたアメリカ初の本格的ディスコです。

ゴーゴーダンスはディスコ時代やクラブ時代にも引き継がれ、お立ち台の上やケージの中でセクシーなダンスの伝統は、今日のクラブシーンにも引き継がれている。

ウィスキー・ア・ゴーゴーは1964年1月11日、元シカゴで警察官をしていたエルマー・バレンタインによって設立され、バレンタインは弁護士のセオドア・F・フライヤーと広報のシェリー・デイビスとフィル・タンジーニらと手を組んだ。

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

世界的なバンドを数多く輩出 ロックの聖地
ウィスキー・ア・ゴーゴーはパンク・ロックの流行が衰えた際に苦境を迎え、一度1982年に閉鎖したが、1986年に、興行者やバンドが借りる事の出来る場として営業を再開した。

内部のほとんどは観客達が立って演奏を聴かなければならない程、むきだしで椅子のない空間へと改装された。

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

 

ミラクルズが1966年に「ゴーイング・トゥー・ア・ゴーゴー」を録音すると、ウィスキー・ア・ゴーゴーのフランチャイズ店がアメリカ中に次々と現れた。1966年、ウィスキー・ア・ゴーゴーはサンセット・ストリップにおいて、度々暴動の中心地の一つとなった。この曲は1982年にローリング・ストーンズがカバーしている。

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロックの聖地 ウィスキー・ア・ゴーゴー

ロサンゼルスにおけるロック・シーンも、このウィスキー・ア・ゴーゴーが創業した際に生まれた。ロックからパンク、ヘヴィメタルまで最前線で活躍し、多くのアーティスト、特にカリフォルニア南部を拠点に活動するバンドのキャリアに、重要な役割を果たしている。

ドアーズはしばらくの間クラブの専属バンドを務めた。又ジミ・ヘンドリックスはサム・アンド・ディブが主演を行った際にジャム・セッションを行うため訪れている。その他、ニール・ダイヤモンドもレッド・ツェッペリンここでライブを行った。

1970年代後半には、ウィスキー・ア・ゴーゴーがニュー・ウェイブの台頭やパンク・ロック・ムーブントの中心と成り、バン・ヘイレンなど、様々な地元のバンドが頻繁に演奏を行った。

伝説のライブ バン・ヘイレン 1986年

1980年代、国内の不況に反して、ガンズ・アンド・ローゼズや多くのハードロック、メタルバンドを輩出。

1980年代、国内の不況に反してメタリカを含む多くのハードロック、メタルバンドを輩出。

1990年代初頭には、シアトルを拠点とした多くのミュージシャン達がこのウィスキー・ア・ゴーゴーで演奏を行っている。
「LIVE AT WHISKY A GO GO」(ライヴ・アット・ウィスキー・ア・ゴーゴー)は、1981年7月11日に発売されたシャネルズ(ラッツ&スター)のライブ・アルバムにも使われている。