アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティは、1973年のアメリカ映画。
監督 ジョージ・ルーカス プロデューサー フランシス・フォード・コッポラ、ゲイリー・カーツ

無名だった有名俳優
当時は無名だったリチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、ロン・ハワード、チャールズ・マーティン・スミスが、後のアメリカ映画を代表する大スターや売れっ子監督に成っていった。

キャッチフレーズは「Where were you in 62」1962年の夏、あなたはどこにいましたか?

舞台は1962年夏、カリフォルニア州モデストで多くの登場人物が旅立ちを翌日に控えた夕刻から翌朝までの出来事で、青春時代の甘味なエピソードが、タイトル通り落書き(グラフィティ)のように描かれた。

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

ストリー
高校を卒業したばかりのカートと親友のスティーヴは、翌日の朝に、大学に向かうために東海岸に向けて発つことになっていました。カートは地元の有力者から多額の奨学金を受け取っていたにも関わらず、モデストを去る事に対して迷いがある・・

スティーヴの恋人はカートの妹でもあるローリー。スティーヴがモデストを去ることに対してすでに悲しみで一杯なの

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

に、そこにスティーヴが「お互いの愛を試す為に、離れている間は他の人とデートしても良いことにしよう」なんて言い出すものだから、一層傷ついてしまいます。

スティーヴが町に残る友人のトードに、自分が帰ってくるまで自分の車の面倒を見るように言い残したところから、複数の物語が同時に進行していきます・・・・

又、ベトナム戦争に突入する前のアメリカの「楽しい時代」を描いた事により、戦争のトラウマを別の形で浮かび上がらせたというメッセージもある。1995年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

監督はジョージ・ルーカス
カリフォルニア州モデストに生まれる。少年時代は、テレビで放映されたかつての映画の「連続活劇」やコミックブックに熱中して過ごす。高校時代は、カー・レースに熱中した(この時代の経験が、後に「アメリカン・グラフィティ」に描かれた)。1962年、高校卒業の直前に自動車事故に遭うが、奇跡的に死を逃れ、自分の人生を考え直す。

1960年代の間、フィルムに関する専門学科を早くから設けたロサンゼルスの南カリフォルニア大学(USC)で映画の勉強をした。そこで彼はたくさんの短編を制作し、特にその中の一つ、『電子的迷宮/THX 1138 4EB』は数々の賞を受ける。

この時代の仲間に、ジョン・ミリアスやダン・オバノン、ハワード・カザンジアン、ハル・バーウッド、マシュー・ロビンズなどがいたが、興行的失敗を受け、自身の高校生活をベースに大衆に受ける青春映画の制作に着手し、低予算で製作された為「興行的に最も成功した映画」大ヒットした。

アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

エピソード
夏の設定だが、撮影は冬に行われた。その為、息が白く成っているシーンがある。役者たちは薄着で暑そうな演技をし、カットがかかると上着に飛びついたと言う。

脚本通りに演じる事も望まず、俳優達の好きなように演じさせた。テリーのベスパ停車の失敗、強盗から投げられる酒のファンブル失敗、デビーの「Did you get it?」の失敗、キャロルの水風船顔面直撃などアクシデントが採用される事が多く、俳優たちは「ルーカスは失敗を望んでいた」と語っている。

チャールズ・マーティン・スミスは髪を切らされ、70年代には流行らない髪形にされた。そのためプライベートでは帽子を離さなかったという。ハリソン・フォードは髪を切るのを嫌がり、代わりにカウボーイ・ハットを被って出演した。

当時ラジオのヒット曲でオールディーズの楽曲が全編に散りばめられる。又、実在のDJ、ウルフマン・ジャックを本人役で登場させている。全曲が収録されたサウンドトラックも大ヒットした。

試写を見たユニバーサルの重役ネッド・タネンは「こんな映画は観客に見せる物じゃない」と激怒した。その後、試写を繰り返しても会社のこの映画への評価は上がらず、当初公開されたのはニューヨークの1館、ロサンゼルスの2館だけだった。

更にユニバーサルは「アメリカン・グラフィティ」完成から上映までの間にルーカスから提示された、「スター・ウォーズ」の企画を拒否してしまったが、ルーカスは理解のない会社に企画が渡らなくて失望した。

http://melsdrive-in.com/

モデストカリフォルニア州  Modesto California
スタニスラウス郡の都市であり、同郡の郡庁所在地である。人口は20万人で州内18番目の大きさである。

モデストは元々1870年に設立されたサクラメントとロサンゼルスを繋ぐ鉄道の停車駅であり、カリフォルニア州初期の多くのプロジェクトで出資者となったウィリアム・C・ラルストンに因んだ名前が付けられるはずだったが

しかし、ラルストンがこの提案を辞退したので、命名式典に出席していたスペイン語を話す鉄道員がラルストンは「Muy modesto」(大変謙虚だ)と言った。かくして町の名前がモデストになったとかで真偽はは不明です。

モデストはカリフォルニア州北部、サンフランシスコからは東に147 km、州都サクラメントからは南に109 km、ヨセミテ国立公園の西106 kmの位置にある。

アメリカ合衆国でも最も肥沃な農地に囲まれていて、スタニスラウス郡の農業生産高ではカリフォルニア州全郡のうち6番目になっている。産品の牛乳、アーモンド、牛肉、鶏肉およびクルミを合わせると、2007年の農業生産で25億ドル近い額となった。

モデストは高い生活費、高い失業率、通勤時間の長さおよび高い犯罪率のために、住み難い場所ワースト10にも入った。全米保険犯罪局に拠れば、自動車窃盗の割合が多い。

Wikipedia参照