アメリカで最も孤独な道 US-50

アメリカで最も孤独な道 US-50

アメリカで最も孤独な道  US-50ネバダ州
大陸横断US-50 号線は、1986年7月号のライフマガジンの記事で、ネバダ州の国道US-50は「The Lonliest Road in America」アメリカで最もさみしい道と掲載され世界的に有名に成った。

ユタ州ではI-70号線と合流して、コロラド高原の風景が広がる道でアメリカ西部の道の中でも最も印象深い道で、西側のリゾート、タホ湖とカリフォルニア州の首都のカーソン・シティー、ユタ州の境界線の間には、フォート・チャーチイル・ステート・パーク、ゴースト・タウンがありネバダ州を550km横切り、この当たりは一面の砂漠です。

人里から次の人里への間隔が160kmあり、殆ど何も無い。US-50号線はカリフォルニア州の西サクラメントからメリーランド州のオーシャンシティーまで、アメリカ大陸を横断する4800kmの高速道路です。

アメリカで最も孤独な道 US-50

アメリカで最も孤独な道 US-50

ゴーストタウン・エリー
ネバダ州、ホワイトパイン郡の最大の都市で人口約4200人。町は最初のスミスイーリー、セルビー銅鉱山と製錬会社の社長を記念して1878年にエリーと名付けられた。

エリーは、ポニー・エクスプレスの駅馬車の駅として設立された町。銅の鉱山ブームで、1906年に大陸横断鉄道をオースティンとユーリカ間に設立された。

国道US-50沿いにある町エリーは鉱業ブームで鉱山の町が出来た。1906年、エリーは銅鉱山会社ケネコットが有名に成り、1970年代半ば、銅市場の暴落でケネコットは倒産し、銅鉱山は閉山した。

国道US-50の歴史

1859年、ジェイムズ・H・シンプソン大尉が切り開いたセントラル・ネバダ・ルートを通って行く。このルートはネバダ州とユタ州を抜ける時、国道US-50号線を沿っている。

その後グレートベースン、ユタ・ネバダ砂漠、レイク・タホでシエラネバダ山脈を横切り、サクラメントに到着する。郵便は蒸気船に移されサクラメント川を下ってサンフランシスコまで届けられた。蒸気船の便が無いような時は、騎手が馬に乗ったままオークランドまで郵便を運んだ。

アメリカで最も孤独な道 US-50

アメリカで最も孤独な道 US-50


ポニー・エクスプレスが使った長く労力の要る経路上には最終的に184の駅が出来、駅は既にある建物が使われる事が多かった。幾つかは軍隊の砦に置かれ、ある駅は新しく建てられた。

経路は全体で5つの部分に分けられた。厳密なスケジュールを守る為に地形に応じて8 ~32 km 毎に中継駅が置かれ、その数は157か所あったた。

スウィング駅では馬を乗り継ぎ、「ホーム駅」では騎手が宿泊し休息を与えられた。この仕組みで記録的な速さで大陸を横切る郵便が届けられた。騎手は1日に約120 kmを騎乗した。

ポニー・エクスプレス
歴史的な道である、大陸横断US-50 号線は、USハイウェイシステムの一部として1926年に造られました。

初めに1860年4月3日から1861年10月まで運行されたミズーリ州セントジョゼフからカリフォルニア州サクラメントまでの郵便速達サービスとして使われました。

経路はグレートプレーンズからロッキー山脈とシエラネバダ山脈を越えるものでした。最初の大陸横断電信が開通するまでは、アメリカ西部で東西通信手段であり、南北戦争直前の時代にカリフォルニア州をアメリカ北部の北軍と密接に結びつける重要な道でした。

アメリカで最も孤独な道 US-50

アメリカで最も孤独な道 US-50

リンカーン・ハイウェイ
アメリカ合衆国で最初に大陸を横断した自動車用幹線道で、リンカーン・ハイウェイは、インディアナ州の起業家カール・G・フィッシャーが1912年に発案し、正式には1913年10月31日に名付けられた。

東のニューヨーク市タイムズスクエアから、西のカリフォルニア州サンフランシスコ市、リンカーン・パークまで続いており、当初はニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、オハイオ州、インディアナ州、イリノイ州、アイオワ州、ネブラスカ州、コロラド州、ワイオミング州、ユタ州、ネバダ州、カリフォルニア州の13州を通った。

1928年には再編によってウェストバージニア州の北端をかすめるようになったので、ハイウェイの歴史の中で、14州、700以上の市町村を通過した。

各州は1926年11月に連邦政府の番号付け体系を受け入れ、新しい標識を付け始めた。リンカーン・ハイウェイは幾つかの番号で分かれたが、フィラデルフィアからワイオミング州グランジャーの間は合意に従ってアメリカ国道30号線に成った。

フィラデルフィアより東では国道US-1号線、ソルトレイクシティより西はドナー峠を越えるUS-40号線に成った。グランジャーとソルトレイクシティの間のみが新しい番号付け体系に入っていなかった。

国道US-30号線は北寄りのアイダホ州ポカテッロに向かうルートに付けられた。国道US-50号線がカリフォルニア州まで延伸されると、タホ湖の南でリンカーン・ハイウェイの代替路を通った。

ルート66

ルート66横断8日~

ルート66

ルート661泊2日~

ルート66

ルート66アリゾナ州、カリフォルニア州有り日帰り