孤独のロッカーとルート66

ルート66

ルート66Barney’s Beanery

アメリカ文化の根であり、アメリカの光と影の象徴
サンタモニカの桟橋沿いのPalisades Park には
ウイルロジャース・ハイウエーの記念碑があり
サンタモニカの桟橋には「End of the Trail」の
サインがある。

映画「ホーレスト・ガンプ」や映画「スティング」
に出てきた、古い観覧車があり、数多くの映画のロケ地
でもあります。

ルート66に散った、孤独のロッカー
「自由とは何も持たないことよ」
ジャニス・ジョプリン(1943.1.19~1970.10.4)

史上最高のシンガー、ジャニス・ジョプリン。ロック界の女性スーパースター。
これからも彼女を越えるシンガーは現れないだろう・・・

南部テキサス州ポート・アーサーに生まれ。内向的なジャニスは高校生時代、
男子達が悪ノリでやった不美人コンテストで1位にされ、心がズタズタに・・・

17歳で家出し、全米をを放浪、ブルース魂が注入されていく。体の中に蓄積した彼女は、
心の悲しみを歌で叫ぶと楽に成る事を知る。

あるバーで歌い始めるとスカウトされ、1967年6月のモンタレー・ホップ・フェスティバルに24歳で出演。
大地が裂けるような「ボール・アンド・チェーン」を熱唱し、圧倒的な歌唱力と共に、
髪を振り乱し、魂をさらけ出して、正面からぶつかって来る彼女は、人々の度肝を抜いた。

  

ルート66

ルート66 ジャニース・ジョップリンがこよなく愛したバー

1968年、アルバム『チープ・スリル』でレコード・デビュー、いきなりミリオンセラーに成る。

サザン・カンフォート(南部の歓び)は、伝説的なロック・シンガー、
ジャニス・ジョプリンがこよなく愛したお酒で、彼女のステージには、何時も、マルボロの煙草とサザン・カンフォートあった。

全エネルギーを聴衆に叩きつけ、一気にスターダムを駆け上がったジョプリンは、あまりに繊細過ぎる心を持っていた為にドラッグに溺れてしまう。ジャニスは泊まっていた「ランドマーク・モーテル」に変える前、

いつものように「バーニーズ・ビーナリー」に立ち寄る。
レコーディング中もスタジオで飲んでいたのだが、
そこのカウンターで2杯の酒を飲み、その後ホテルに戻る・・・

1970年10月4日 ヘロインを打ちすぎた彼女は手に$4.50を握り締め、
ロサンジェルス、ハリウッドにある、ランドマーク・モーテルで
ベッドから落ちたまま死んでいた。

享年27歳、レコード・デビューからまだ2年しか経っていなかった・・・