パイオニア・サルーン ラスベガス近郊 ネバダ州

パイオニア・サルーン ネバダ州

パイオニア・サルーン ネバダ州

パイオニア・サルーンは映画「風邪と共に去りぬ」で有名なクラーク・ゲーブルの奥さんが亡くなった
飛行機事故の消息をパイオニア・サルーンで待った処として有名な場所です。

クラーク・ゲーブルは4回結婚しているが、この事故で亡くなったキャロル・ロンバートの事を彼が最も愛していた女性です。

「風と共に去りぬ」で大成功を収めた後、ゲーブルはこの女性と結婚し幸せの絶頂にあったが突然の飛行機事故によって彼女を失い、ゲーブルは絶望の余り一時引退を表明しアメリカ空軍に従軍した。

キャロル・ロンバートの面影を追い求め、後に彼女に似ている女優と再婚している。

ビリヤードの部屋には当時の新聞、「風と共に去りぬ」のポスターなどが展示され、乗客リストの中に彼女の名前が記載されている。パイオニア・サルーンでゲーブルは妻の消息に関する知らせを待った。

キャロル・ロンバートの飛行機機事故1941年の終わりに第二次世界大戦に入ると、ロンバードは彼女の故郷のインディアナ州に戦争ボンド集会に母親と参加した。

ロンバードは、その日の夕方には防衛債権$200万以上を調達した。彼女の党は当初、電車でロサンゼルスに戻る事が予定されていたが、ロンバードはより迅速に自宅に届く事を切望していた。

パイオニア・サルーン ネバダ州

パイオニア・サルーン ネバダ州

彼女の母親とウィンクラーは飛行機に乗るのが嫌で、彼らはオリジナルの旅行プランに従うと主張した。
ロンバードはコインを投げ提案し彼らはこれに同意しロンバードは懸けに勝ってしまった。

1942年1月16日の早朝に、ロンバードと彼女の母親、そしてウィンクラーが、乗り込んだトランスコンチネンタル&ウエスタンエアー DC-3は、カリフォルニアに戻る為ラスベガスで給油後、

TWAフライト3(19:07)は離陸し、約23分後の2500mのレベルに近いポトシ山の「ダブルアップピーク」に墜落した 。51km南西ラスベガスで15軍隊の軍人を含む全ての乗客22人が即死した