ルート66ビバリーヒルズと草間彌生

ロサンジェルスのビバリーヒルズにある、ルート66・サンタモニカブルバードに彼女の作品が飾られている・・・・Hymn of Life Tulips

ルート66

ルート66

1929年3月22日 は、日本の彫刻家、画家、小説家。女性。長野県松本市生まれ絵画の画面や彫刻の表面のみならず、見る者の視界を覆い尽くさんばかりの水玉模様のモチーフが特徴。

アメリカの雑誌「TIMES」は4月22日2016年 「世界で最も影響力のある100人」を発表し日本人では芸術家の草間彌生さんが選ばれた。草間さんは水玉模様をモチーフにした前衛芸術で世界に知られている。

今年は草間彌生の年であったルイ・ヴィトンとのコラボレーションや世界中で開催されている回顧展しかし彼女は人生の大半の時間を精神病院で過ごしている。

ルート66

ルート66

統合失調症から芸術家に・・・ 少女時代より統合失調症を病み繰り返し襲う幻覚や幻聴から逃れる為にそれら幻覚や幻聴を描きとめる絵を描き始める。

ジョージア・オキーフに憧れて・・・・
彼女は、戦後、地元の松本市内の古書店で「ジョージア・オキーフ」の絵が掲載されていた画集を見つけた事もアメリカ行きにつながったのです。

「この人が助けてくれるかも」と思い、東京のアメリカ大使館に行き住所を調べ、自分の水彩画などを入れて手紙を書いたのです。そうしたら激励する返事がきました。それが渡米を決意させる事にも成りました。

アンディ・ウォーホルにも影響を・・・・

ルート66

ルート66

1963年に、ニューヨークでの個展で「集積の一千のボート・ショー」と言うインスタレーションを行い
無数の白い突起を大きなボートにびっしりとつけ天井や壁にはボートを写したモノクロのポスターを貼りました。

アンディ・ウォーホルがやって来て、「素晴らしい」と言ってくれました。その後、ウォーホルは、牛の顔を刷ったポスターを天井や壁一面に貼った個展をしたが私のまねだったのではないでしょうか・・・・凄い方ですね・・・