ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ジョプリン ミズーリ州

ルート66 ジョプリン ミズーリ州

ルート66 ジョプリンミズウリ州

ルート66 ジョプリンミズウリ州

1839年に牧師である ハリスGジョプリンが入植したのが
街の始まりで、後に彼の名前が街の名前と成る。

1850年、南北戦争前に鉛が見つかったが、戦争で中断。戦後再開し、
人口も増えていった。

1870年、鉛鉱山で大きなストライキが起こり、多くの鉱山労働者が出て行った。
すぐに John C.Cox と Patrick Murphy がそれぞれ街を作り、共に繁栄したが、
1873年に合併して ジョプリン市となった。

その後鉱山の繁栄で労働者が増え、 それを目当てのビジネスが沢山出来て
荒れ放題と成り、「恐怖時世」と言われたほど。一方、投資家や投機家も沢山集まり、
Patrick Murphry が1875年に銀行を作る。
その後亜鉛も発見、鉄道も敷かれ、 町はますます発展した。

ルート66

ルート66

1897年、物価が高騰。ジョプリンの鉱山への需要も高まり、
翌年は亜鉛鉱山史上もっとも繁栄した年となった。

1899年にはボストンの投資家グループがアメリカの亜鉛業界最大の会社
「American Xinc, Lead & Smelting Company」を作り、
ジョプリンは世界の鉛鉱業の中心地となる。 それに伴い街も発展。
豪邸が次々と建ち、 トロリーや鉄道も走っていた。

第一次大戦中は鉱物材料供給で繁栄していたが、
1918年に戦争が終わると、寂れていった。

1926年、ルート66 が開通すると。旅行者へのサービスビジネスが出来始め、
新たに街は繁栄していく。今も ルート66 沿いには、
当時をイメージできる建物が沢山残っている。

第二次世界大戦後は鉱山のほとんどが閉山。人口も減ったが、
ルート66を旅する人達は増え、町もにぎやかになった。

1960〜1970 年にかけて、町の活性化の名の下にダウンタウンが破壊され、
沢山の全盛期の建物が無くなり、そのお陰で活気ある新しい街が出来、人気と成っている。

ルート66沿いの古い町並みは全盛期を彷彿とさせる
The National Register of Historic Places に登録の建物が沢山。
古き良き時代の魅力あふれる街です。

 

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.