ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 デビルズエルボー

ルート66ミズーリ州

ルート66ミズーリ州

ルート66デビルズエルボー ミズーリ州
ミズーリ州にあるデビルズ・エルボーは、 米国のハイウェイルート66 沿線にある田舎町です。

デビルズエルボーの歴史
1927年、デビルズエルボーの郵便局が開設された、最初の郵便局長はドワイトレンチが就任した。

ドワイ・トレンチは川沿いの崖から採取された石からデビルズエルボー・カフェを建設し、 1950年代には釣り人等の隠れ家として知られるように成り、 川を魚を釣る釣り人の為に宿泊施設が建設された。

デビルズ・エルボーの名前は、ビッグパイニー川のに1923年に架けられた橋で川の水はきれいだったが、川がペアピン状に曲がり、沢山の流木が 溜まって困った事から名付けられた。

1940年代にルート66の移転に伴い、ルート66が1957年に4車線高速道路に置き換えらた。最終的にミズーリ州の州間高速道路I-44によってバイパスされれ、ビジネスは大幅に減速し悪影響を受けた

ルート66 デビルズエルボー

ルート66 デビルズエルボー

谷の南側は約35000人の兵士を養うフォート・レオナルド・ウッドの米陸軍基地がある。フォート・レオナルド・ウッドは広大なマークトゥエイン・ナショナル・フォレストの中にある。

現在 、ビッグ・パニー川沿いに位置していますが「デビルズエルボー(悪魔の肘)」と呼ばれる危険地区に指定されてる。2017年5月の洪水により、郵便局を含む多くの歴史地区が破壊されました。

デビルス・エルボー・ブリッジ Devil’s Elbow bridge
ティアー・ドロップロードはフッカーカットが建設される前のオールドルート66が残っている区間です。ビッグ・パニー川沿いに1923年に建設されたトラス橋、デビルス・エルボー・ブリッジが架かっている。

長さは180mあり、オールドルート66にあるこの種の橋では長い橋ですが、老朽化が進み大々的に補修工事が行われ2014年にリオープンした。

ルート66 デビルズエルボー

ルート66 デビルズエルボー

Devil’s Elbow bridge
1923年建設 スチール製のトラスブリッジ
請負業者Riley-Bailey Construction Co.
全長 180m
最大スパンの長 さ49m
デッキの幅:6m
デッキ上の垂直クリアランス 4.3m

ビッグ・パニー川沿には、鉄道橋も架かっている、その姿はオールドルート66のから望む事は出来る。以前ダム建設計画があったが、大恐慌で資金が底をつき中止に成り、合流するガスコネ川とビッグ・パニー川には、ダムの無い川の一つに成っている。

Address Big Piney River, Missouri, Devils Elbow, MO 65457

ルート66 デビルズエルボー

ルート66 デビルズエルボー

フッカーカットHooker Cut
デビルズエルボーは、1940年代から1930年代まで片側2車線道路でルート66最大の難所の一つでした。

険しい山道でトラックの横転が相次ぎ、それを狙った泥棒が荷物を襲う事件が多発した。特に大恐慌時代には低速走行中のトラックから荷物を奪うことまであった。

そんな危険極まりない環境を劇的に変えたのが、1941年~1942年に掛けて行われたフッカーカットの建設の大工事です。

岩山を爆破して作られた片側2車線の道路の建設は、当時全米で最も大きな切通しルートとして開通しました。現在State Hwy Zと成っているこの区間は、当時のままの姿と舗装を残しています。

フッカーカットはミシガン州フーカーに近い山に深く切り取り出し、1941年ルート66としては最初の4車線のセクションに成った。降下岩から路床を保護する為と近くのフォートレナードウッドに出入りする軍事交通に対応する為に岩盤を使用した渓谷です。当時はハイウェー工学の驚異だった。

ルート66 デビルズエルボー

ルート66 デビルズエルボー

エルボー・イン・バー&バーベキュー
Elbow Inn Bar&BBQ

オールドルート66沿いに建つロッジやカフェの一つ、デビルス・エルボー・ブリッジのかたわらに「エルボー・イン・バー&バーベキュー 」がある。この建物がレバノンに移転する前の旧マンガーモス・サンドイッチ・ショップです。サンドイッチ・ショップ改めエルボー・インは1960年代に一旦閉店しますが、1997年に営業を再開し、現在ではモーターサイクリストの名所と成っています。

Addess 21050 Teardrop Rd Devils Elbow, MO

マンガーモス・サンドイッチ・ショップ
Munger Moss Sandwich Shop
元々マグナム・モスは1936年にネリー・マンガーとエミットモスが建てられた、ミズウリ州のデビルズ・エルボーのサンドイッチショップが始まりで、バーベキューの味が美味しくルート66でよく知られたレストランでした。

ルート66 デビルズエルボー

ルート66 デビルズエルボー

1945年にジェシーとピートハドソンはビジネスは売却し、彼らはミズーリ州レバノンも新しい町に移動した。

オリジナルの建物は、今日もエルボー・インとして知られ元の場所にまだ立っています。1997年以来、彼ら自身の有名なバーベキューを観光客や地元の人々のために提供している。

ハドソンは、レバノンに1945年後半に4エーカーの土地を購入し、レストランとガス・ステーションを設置しレストランはチキン・シャンティと呼ばれた。

1946年にマンガーモス・モーテルはレバノン・ロードサイドにレストランとガス・ステーションを建設したが現在は無くなっている。

ルート66 マンガーモス・モテル

ルート66 マンガーモス・モテル

マンガーモス・モーテル
レストランのオーナーの第二の旦那エメット・モスからネリー・マンガーと命名し、レストランは1945年にピートとジェシー・ハドソンに売却した。

現在のオーナーが、1971年6月にモーテルを購入し1946年に旅人の為のキャビンを拡大しました。元々は、14室で初期的モーテルの宿泊施設でした。

ビジネスが順調に良く成り、需要が益々増えモーテルは拡大していきます。より多くのユニットが建設され、キャビン間のスペースが埋め尽くされました。

マンガーモス・モスの象徴的なネオンサインは、旅行者を歓迎してきました。何年もの間、悪化の兆候が見られました。マンガーモス・モスは、標識の改修を支援する為に$11300の費用分担金を受ける事が出来ました。

ネオン遺産保護委員会、ミズーリ州ルート66協会、国立公園奉仕局がネオンの看板を復元する援助し、2010年11月6日 土曜日に正式に再点灯している。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66とは?

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.