ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 マンガーモス・モーテル

ルート66 マンガーモス・モーテル

ルート66 マンガーモス・モーテル

マンガーモス・モーテル ミズーリ州
Munger-Moss Motel 
レバノンがあるラクレード郡は、ミズーリ州の中央部南に位置する。人口は約35600人、郡庁所在地はレバノン市人口約14500人で郡人口最大の都市である。

レバノンは1849年に設立 町の名前は、最初の入植者の多くが住んでいたテネシー州のレバノンにちなんで命名された。かつてレバノンには多くのモーテルがあった。

ラルフ・E・バリー・ハウス、ジョー・ナイト・ビル、ラークリー 郡刑務所。プーガー・マネーメーカー・プレイス 、ウォーレス・ハウスは、国民史跡に登録されてる。

マンガーモス・モーテル

マンガーモス・モーテル

レバノン ウィルソン郡 テネシー州
レバノンはナッシュビルの人口は約32372人 ダウンタウンから東に約40kmのミドルテネシーにある。レバノンの都市は1801年に設立した。

レバノンは聖書の杉の名にちなんで命名され、地元住民は、スギの木が豊富である事からレバノンを「シーダーシティ」と呼んでいる。1849年2月24日に組織化され、郡名はセントルイス市の設立者ピエール・ラクレードから名付けられた。

ルート66 マンガーモス・モテル

ルート66 マンガーモス・モテル

マンガーモス・モーテル
1936年、マンガーモス・モーテルは、サンドイッチ・ショップをミズーリ州のルート66を旅する旅行者の為にデビルス・エルボーのビッグパイン川で1945年まで始めた。

第二次世界大戦時にミズーリ州レバノン移転した、その後4車線のミズーリ州のルート66のバイパスの建設が始まった。

1946年にマンガーモス・モーテルはレバノン・ロードサイドにレストランとガス・ステーションを建設したが現在は無くなっている。

レストランは、オリジナル。オーナーの第二の旦那エメット・モスからネリー・マンガーと命名されたが、1945年にピートとジェシー・ハドソンに売却した。

マンガーモス・モテル

マンガーモス・モテル

現在のオーナーが、1971年6月にモーテルを購入し1946年に旅人の為のキャビンを拡大しました。元々は、14室で初期的モーテルの宿泊施設でした。

戦後は、観光が増加し自動車メーカーは車の生産が戻った。

1950年代は、独立ホテルやチェーンのホリデイン等が、メンフィス、テネシー州 1952年に設立し競争の激化をもたらした。

競争力が激しく成りチェーンモーテルは、競争力を増す為に巨大なネオンサイン、室内テレビ、空調 、屋外スイミングプールの設備を設けた。

ルート66 マンガーモス・モーテル

ルート66 マンガーモス・モーテル

1957年にバイパスである4車線のミズーリ州インターステート44号線が出来、ルート66は衰退していった。町はゴーストタウン化していった。

幸いマンガ・モス・モーテルはインターステート44号 の出口の約800mにあり、ルート66が平行に走っていたのでモーテルは生き残る事が出来た。

1961年には、26以上の部屋を追加し現在44の客室があります。マンガ・モス・モーテルを有名にしたネオンサインは、1955年に設置されルート66を代表するネオンに成った。

長年ネオンが故障していましたが、National Park Service matching grant が2010年に、世界的に有名なルート66を代表するネオン看板に$10300を寄贈した。修復活動のおかげで2010年11月に復活し再点灯した。

Munger Moss Motel Address 1336 East US 66 Lebanon, Missouri

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66とは?

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.