ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 サンタローザ

ルート66

ルート66

ルート66 サンタローザ ニューメキシコ州

ニューメキシコ 州、グアダルーペ郡 で約人口2800人の小さな町アルバカーキーとツクムカリの間に町があり、ペコス川流れている。インターステートI-40 とハイウエー54号 とハイウエー84号が交差している 。

最初入植はヨーロッパ人のアクア・ネグラ・チキータ(スペイン語でリトル・ブラック・ウォーターの意味)がこの場所に落ち着いたのが始まり。

1865年に、スペイン人のドン·セルソバカ(スペイン語で聖ローズの意味)が町を建設1890年に彼の母ローザの名にちなんで町の名が付けられた。

1900年代初頭には、サンタローザの鉄道はシカ ゴとエルパソを接続させた。

ルート66

ルート66 怒りの葡萄

ルート66は、ジョン·スタインベックの小説、 「怒りの葡萄」で監督ジョン·フォードは、サンタローザ電車のシーンをロケに使用した。トム·ジョードを演じるヘンリー·フォンダが、夕日にペコス川の鉄道橋の上で貨物列車蒸気を監視する場面が出てくる。

又オールド・ルート66 に関しては Rudolf Anaja の受賞小説「Bless Me」にも描かれている。

サンタローザは、多くの自然の湖乾燥した砂漠がある気候です。 陥没穴に形成石灰岩地域の岩盤は水を満たし、湖の地下は水で満たされたトンネルで接続されている。 最も有名なブルーホールがある 。

1930年、ルート66が町を通り、輸送サービスが増えていき、次の大きな町 アルバカーキー までは相当な距離があり、長くて暑い荒れた道を旅してきた人々にとって、砂漠のオアシス的存在で、町は繁栄したが・・・

1972 年、I-40 が開通。町に近いこともあって、町はより発展したが、ルート66沿いのビジネスの中には時代に対応出来ず、街とその周辺には廃墟が数多くある。典型的なルート66の面影を残している町である。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.