ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ギャラップ

ル―ト66

ル―ト66

ルート66 ギャラップ ニューメキシコ州
ニューメキシコ州アルバカーキーから西に3時間、アリゾナ州フラッグスタッフから東に4時間の位置にあり、草原と砂漠。牧畜が盛んで石油も採れる豊かな州です。

1881年アメリカ大陸横断鉄道が開通。町の名前の由来は、デビッド·ギャラップ、アメリカ大陸横断鉄道の主計長の名から名付けられた。ギャラップの町は、数多くのインディアン部族の中にあり「インディアン・カントリ」として知られている。

二系人MIYAMURA
ギャラップの人口は、2万人足らずの小さな町で、ギャロップは第二次大戦中には、800人の日系アメリカ人が住み、
日系人の強制収用キャンプ建設に反対をした町で、日系2世、3世も数多く住んでいる。

町中で二系人MIYAMURAのサインが目に留まる、ミヤムラ・ヒロシさんは、日系2世の方で、442部隊でも生き残り朝鮮戦争にも参加した名士でギャロップ出身の人です。

ル―ト66

ル―ト66

インディアンの町ギャラップ
住民の30%は、インディアンの血を引いている。アメリカで元々歴史のある町で、歴史は古代の Puebloans の住居のあった紀元前2500年に遡る。人口増加につれ、地域での交易も盛んになり、町は発展していった、

1540年にスペインの征服者達が入って来た時には インディアン・アート、工芸、農業技術が進んでいた、1881年、この町に鉄道が敷かれ、正式に町として成立した時。町の名前をギャップ1901年には Mckinley 郡の一部となった。

西部の開拓者の町
初期の頃は典型的な西部の開拓者の町で、鉱山か鉄道の労働者としての雇用を求めて来た人達だったが、比較的静かな町で、鉄道と平行して走る道と木の歩道があり、これが今日のルート66のメイン・ストリート Sの土台と成った。

20世紀に入ると、町の経済は石炭鉱山に支えられ、「Carbon City」とも呼ばれる。1926年、ルート66開通後はメインストリートにはモーテル、レストランなどのビジネスができたが、もっとも人気の高かったのは、インディアンアートや工芸品を扱っているトレーディング・ポストが、ルート66にある。

ル―ト66

ル―ト66

エルランチョ・ホテル
エルランチョ・ホテル は映画制作の拠点として1937年にオープン。映画監督 DWグリフィス兄弟によって建てられた歴史的なホテルである。ルート66 でハリウッドの 映画スター達の一時的な家と成った高速道路I-40 開通し町やホテルは衰退に陥ったが、後年、アルマンオルテガは、ホテルを購入し復元した。

ジョン·ウェイン、キャサリン·ヘップバーン、スペンサー·トレイシー、エロール·フリン、カーク·ダグラス、グレゴリー·ペック、ハンフリー·ボガートなど数多くの映画スターが滞在している。映画スターに加え、レーガン大統領やアイゼンハワー大統領が宿泊している。エルランチョの各客室には滞在した映画スターにちなんで命名されます。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.