ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ベガ

ルート66・ベガ

ルート66・ベガ

ルート66 ベガ テキサス州

ルート66ベガは、 テキサス州 オールドハム郡の市と郡庁所在地であり、人口は約 884人の寂れてしまった町。

1879年、初めにベガの地域は農家の為に開拓されました。最初の入植者、ホイットフィールドは1899年にベガに新天地を入植し1899年10月17日、彼は1エーカーあたり$1.00で「セクション90」として知られるオールドハム郡の地域を購入しました。

1903年、ホイットフィールドはオルタム郡の南部を横断してチョクトー、オクラホマ、テキサス(後のロックアイランド)鉄道に通じる1フィート(30.48m)の土地を販売しました。その後、他の入植者に道の南側の土地の一部を売却した。

AM ミラーとハワード・トリッグは、1903年5月にベガになった町を調査しました。ベガという名前はスペイン語で「牧草地」の意味があり、ベガの町は広大な草原があり選ばれた。

ルート66・ベガ

ルート66・ベガ

ミラーは店を開き郵便局、学校等をが町に建設し、1907年に、牧場のパトリックとジョン・ランダージンはスイフト&カンパニーからLS牧場の一部を購入しました。アマリロのベースのプール・ランド・カンパニーと協力して、ランダージンの兄弟はもっと将来の入植者を町に連れて来ました。 1908年、ベガに銀行を設立した。

鉄道が完成しベガは繁栄し始めた。1909年初頭までに数店舗、鍛冶屋、2つの教会、新聞 – ベガ・センチネル – が地域社会で活動していました。

1880年にオルダム郡議席に指定された近くのタスコサの町は、ベガが成長するにつれ、重要性と人口の両方で減少しました。 オルダム郡の政権としての役割を果たすべき5年間の戦いは、1915年に投票にかけられた。

特別選挙で、市民はタスコサからベガに郡席を移すことを選んだ。 恒久裁判所が建設されるまで、ベガのオールドハムホテルで郡事業が行われました。

ルート66・ベガ

ルート66・ベガ

1920年代に電話サービスなどの最新設備が導入されました。

1926年、ルート66はシカゴからロサンジェルスへの横断道路してオールド・オーザック・トレール に沿ってベガを通過しました。

ルート66の開通後は、地域社会にとって経済的な助けとなった。 ルート66の遺産は、復元されたマグノリアガソリンスタンドが裁判所に隣接している、ガソリンスタンドは、1920年代または1930年代のルート66の遺産です。

ベガは1927年に正式に設立され、人口は1930年の国勢調査では519人でした。 1931年5月3日に、裁判所広場の西側にある建物が6つ破壊された。 2ヵ月後、2番目の火事で正方形の北側に2つの建物が燃えたが、これらの火災により、町は地方自治体の水道システムを確立しました。

ベガは1940年に515人、1950年には619人、1960年には658人が住んでいました。1980年までに、オルダム郡人口の3分の1以上がベガに住んでいました。 1990年代にわずかに減少した後、2000年時点で人口は936人に増加した。

ルート66・ベガ

ルート66・ベガ

ドットのミニミュージアム
ルート66は、ドットのミニミュージアムで終わります。 ドットはアンティックとルート66の記念品を収集して生涯を過ごし、ドットのミニミュージアムオープンした。

ドットレビットは40代にある彼女の夫、ハロルドレビットと一緒にベガに来た。 彼らは建物を購入し、ルー66の1ブロック北にあるベガ・ゼロ・ロッカーズという店舗をオープンした。

1940年代から50年代では、当時珍しい冷蔵庫がありましのでルー66の旅行者は、新鮮な果物、野菜、昼食の肉、そしてあらゆる種類の缶詰を購入し喜ばれた。 ドットさんは、2006年に亡くなった。

ベガモーテル テキサス州 Vega Motel
1926年のルート66が開通する以前は、テキサス州パンハンドルの西側のベガ町は、主に農業共同体でした。

ルート66・ベガ

ルート66・ベガ

オザーク・トレール の一部はベガをテキサス州アマリロとニューメキシコのツクムカリに結びつけました。

ルート66が作成された時、高速道路は町を直接通過し、ベガモーテルのような新しいビジネスがその道沿いに賑わった。

エルビン・パンコーストは、米国とテキサスで比類のない繁栄の時代が訪れた1947年、ルート66にベガ・モーテル(元ベガ・コート)を建設しました。

レジャーや旅行が好景気になった時です。 モーテルには西と南の翼があり、それには12のユニットが含まれていた。 旅行者への自動車の重要性を認識したパンコースト氏は、モーテルの設計にガレージを組み込み、ガレージペアを各ウィングのモーテルユニットのペアと交互に配置しました。

同時に、彼はオフィスや個人の居住区として機能する中央の中庭に小さな家を建てました。パンコースト氏は翌年に結婚し、その夫婦はその物件に住んでいて、彼らの人生の仕事となった。

若いカップルにとってビジネスは良かった。ベーガを通るルート66に沿った交通量は、その後数十年にわたって忙しかった。 1953年に、パンコーストは8つのユニットを含む東翼を追加しました。 新しいユニットにはバスルームがあり、一部には簡易キッチンがありました。

ベガモーテルは20世紀半ばの多くのモーテルと同様に、1964年にパーマストーンの新しい外装で近代化されました。

1950年代から1960年代にかけて、ルート66はベガ経由で交通が激しかった。 この同じ時期に、技術の進歩と相まって、より良い高速輸送への要望は道を陳腐化させました。

テキサス・パンハンドルを通る州間高速道路の計画が策定され、新しいモダン・ハイウェイ(I-40)が1970年代初期に完成しました。 このトラフィックの変化は、最終的にベガ・モーテルに影響を与えました。

30年以上モーテルを運営した後、パンコーストは1976年にモーテルを売却した。現在の所有者はそれを継続して実行し、モーテルは工事以来連続運転されている。

ベガ・モーテルは、テキサス・パンハンドルの小さな町に残されたまれな生き残りのモーテル・コンプレックスの1つです。 アマリロはルート66のいくつかのモーテルを誇っていますが、アマリロの外に生き残るために現在のところ3つしか文書化されていません。ベガモーテルは、2006年に国立歴史記念館に登録されました。

穀物エレベーターが目印。のどかな田園風景が広がる町のランドマークでもある給水塔

ホームステッド法   
アメリカ合衆国で1862年に制定されたホームステッド法が、西部開拓をスタートさせるものだった。この法律は、アメリカ西部の未開地の1区画(160エーカー)を無償で払い下げるもので、自営農地法と呼ばれる。

未開地に人を送り、そこで農業を始めると、そこの土地がその人のものとなる、という法律で、未開地を開拓する格好な奨励方策となった。

開拓をしようとする者は、21歳以上の人間で、その土地に一定の大きさの住居を建てる。そして、5年間農業を行ったという実績を示すと、その土地が無償で自分のものとなる、ということだ。

ホームステッド法のお陰で人々が続々と西部開拓を目指していった。日本でも有名になったハリウッド映画「シェーン」も、こうした背景が浮き彫りにされた作品だった。また、トム・クルーズとニコール・キッドマン主演の「遥かなる大地へ」も、オクラホマの土地を求めてアイルランドからアメリカにやってきた二人のストーリーだ。

ホームステッド法は、1976年に「連邦土地政策および管理法」の制定によって、その役割を終えることになった。

ホームステッド法で、アリゾナの未開地を自分のものとしようと、このギルバートの地にもやってきた人たちがいる。もちろん、土地は無名の荒れ地だった。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.