ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 シャムロック

ルート66シャムロック

ルート66シャムロック

ルート66 シャムロック テキサス州
Shamrock Texas
シャムロックはアメリカのテキサス州 ウィーラー郡の標高714 mある町で人口は約1910人です。

シャムロックは州間高速道路I-40とルート66 、USルート83のジャンクションに位置し、アマリロから東へ180km 、オクラホマ州オクラホマシティから西に303km、 ダラスの北西468kmの距離に位置している。

シャムロックの歴史
ウィーラー郡の南中央に位置するシャムロックは、19世紀後半にこの郡で最大の町であった。

カーズランドとルート66

カーズランドとルート66

ジョージとドラ・ニッケルは、1890年に最初の郵便局設立し、郵便は、Mobeetieから週に1回運ばれる事に成りジョージ達はの名前を考えた。

ジョージの母親はアイルランド人で、幸運をもたらすようにシャムロック、4つ葉のクローバーの名前を提案し、母親のアイデアを採用したが、大火災により郵便局は閉鎖する事に成った。

1902年、シカゴ、ロックアイランドと湾岸鉄道は町に駅を設置し、郡を「ウィーラー」と呼んだが、1903年にシャムロックの元の名前に戻してシャムロック郵便局の再開を促した。

1907年には、ストーリーの町から人等が移転し、 ウィーラー郡テキサンからシャムロックテキサン 銀行、シャムロックコットンオイルミル、新聞社を含む、他の事業が市に移転し町は成長を続けた。

カーズランドとルート66

カーズランドとルート66

1911年、エル・ウッドリーは、新しく設立された市長に就任した。

1926年、シャムロックガス社が、石油を発見と天然ガス井戸の操業が始まり町は繁栄した。

1940年代に石油産業の減少は人口を減少さたが、ルート66の開通により10年間には人口が増加した。

1980年代には、近代的な学校制度、化学プラント、石油、ガス処理プラント、病院などが設置された。

1930年にピークを迎えたシャムロックは、3778人口増加した。

2000年の人口は、2029人の住民が最も低い記録地点にまで落ち込んだ。

シャムロックは、毎年聖パトリックの日を祝います。ウィーラー出身のアラン・ビーン宇宙飛行士は2015年3月13日のお祝い街を訪れた。

カーズランドとルート66

カーズランドとルート66

U-ドロップ・インとタワー・タワー・ステーション
1936年U-ドロップイン&タワーカフェで有名なU-ドロップ・インは、テキサス州シャムロックに建設され、歴史的なルート66高速道路の宿場町沿いに建設された。

U-ドロップ・インとタワー・タワー・ステーションは、建築デザイナーJ.C.ベリーによってデザインされた。ガソリンスタンドとレストランは、アールデコ 建築様式で幾何学的なディテール、曲線マスキング、ガラスのセラミックタイル壁、ネオンの光と2つのタワーがある。

西側のガソリンスタンドの「タワー・ステーション」と、東側のカフェ「U-ドロップイン」は、伝統的に2つの別々の形態の事業を行ってきた。 歴史の中で何度もオーナーが変わりましたが、建物は元々建設されていたのと同じ種類の事業が行われた。

U-ドロップ・インは、テキサス州のルート66アーキテクチュアの美しく印象的な建物でしたが、1990年代後半には閉鎖されました。

1997年9月に国立史跡に登録された後、ナショナル・バンク・シャムロックが建物を購入し、市に寄贈した。

連邦政府の助成金170万ドルで、建物を元の栄光に戻し、博物館、ビジター・センター、ギフトショップ、市の商工会議所に改装した。

2006年のアニメーション映画のカーズでは、 ラジエタースプリングスのアニメビレッジは、 ピーチスプリングスからバックスター・スプリングスまでの本物のルート66ランドマークをモデルにしている。 U-ドロップ・インの特徴的な建築物は、ラモネの車体と塗装工場として登場している。

カーズランドとルート66

カーズランドとルート66

米国国立史跡登録とテキサス歴史的ランドマークに登録されている。

2014年の聖パトリックの日にテスラの 充電システム、スーパーチャージャーが設置された。

Uドロップ・インの歴史
1936年4月1日にオープンしたU-ドロップ・インは、近くのモーテルのドライブウェイにある泥だらけのデザインを傷つけた友人ジョン・ナンのデザインを使って、J.M.ティンダル によって建設された。

ティンダルはパンパの建築家でJ.C.ベリーがアールデコ建物の青写真を作成しルート66とUS ルート83の交差点で始まった。

家族が所有して事業を運営していたナンは、新しい建物の名前を決める為応募を募った。 8歳の男の子がアイデアが採用され「U-ドロップ・イン」と名づけられた。当時の1週間分のウェイトレスの1週間分の金額に相当する約50ドルを獲得しました。

シャムロック テキサス州

シャムロック テキサス州

カフェに加えて、建物はConocoブランドのガソリンと店舗の設備があったが。店舗として使われる事無く、カフェのボールルームとオーバーフローダイニングエリアに成った。

ビジネスが始まった時、現地の新聞は、「オクラホマ・シティとアマリロの間のルート66では、最新の建築物」と呼ばれ、カフェは「ダイナーでは最もすばらしい」と絶賛した。

開店時には、U-ドロップ・インがシャムロックの160km内にある唯一のカフェで、活発なビジネスを楽しんで成功を収めました。

ナンは数年後にU-ドロップ・インを売却したが、1950年にそれを買い戻し、ナンズ・カフェと改名し、1957年、ジョン・ナンは死亡し、彼の妻ベベはカフェをグレース・ブルナーに売却し、カフェをタワー・カフェに改名しグレイハウンド・バスステーションを開設した。

ナンが死亡した後、建物はもう少し所有者の手を通過し、ステーションはさまざまな会社からのガソリンを販売した。1970年代、フィナは建物を引き取り、赤、白、青の絵を描きました。

シャムロック テキサス州

シャムロック テキサス州

1980年代初め、ジェームス Rティンダルは、父親が元々資金を調達していた建物を購入し元の色に塗り替えU-ドロップ・インの元の名前に戻した。ドロップ・カフェは、その閉鎖を経て、低価格で美味しい 家庭料理を始めた。

1956年の連邦援助高速道路法に署名したことで、ルート66はターンパイクや新しい高速道路を経由してバイパスされ、減少しました。

州間高速道路40号線のオープンに伴い、シャムロックはバイパスされた町のひとつと成り、何千人もの旅行者にサービスを提供したUドロップ・インも荒廃していった。

1984年、ルート66は、州高速道路運送公務員協会( UCLA)によって廃止され、町とU-ドロップ・インの運命を封じ込めるように見えた。

1990年に、ルート66協会が、オールド・ルートの多くの放置されたモーテルや町の復興と保存運動をしている。

シャムロック テキサス州

シャムロック テキサス州

U-ドロップ・インの修復
テキサス歴史委員会は、ルート66アーキテクチャの「最も印象的な建築」と言っている。

U-ドロップ・インは1997年9月18日に米国国立史跡の登録され、1999年5月にシャムロックのファーストナショナル銀行がU-ドロップ・インを購入しシャムロック市に寄贈した。

シャムロック市は、放置された構造物を観光名所として復活させるための対策を開始した。

2000年に、市は歴史的保存を専門とする会社ダラスとArchitexasの Phillips Swager Associatesを採用し、段階的に復旧計画を開始した。

クラッシクな、ガソリンスタンドとカフェをコミュニティの商工会議所やビジターセンターとして機能させ、建物を保存、維持している。

住民の古い写真やインタビューは、建物の元の詳細を明らかにする為に使用された。彼らは何十年ものペイント層等を剥がし、オリジナルの内装と外装に戻そうとした。

一番困難だったのは、ネオンをオリジナルに復元する事で、古い写真を参考にネオンの位置と元の色がどのような色かを判断する事でした。

1940年代のガソリンスタンドの外観にして、歴史博物館にした。170万ドルの資金を使い2003年7月に修復が完了した。

2013年5月、復元されたU-ドロップ・インのネオン照明は、 ヒョウが混じった嵐により大きな損傷を受けましたが、破損したネオンは2014年2月にLEDで置き換えられました。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.