ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 グルーム

ルート66 グルーム テキサス州

ルート66 グルーム テキサス州

ルート66 グルーム テキサス州  Groom Texas
グルームは、テキサス州 カーソン郡の南、標高が992 mで人口約573人。グルームは歴史的なルート66に位置する小さな町で、古くは農業と石油、ルート66がバイパスされた後に作られたジャイアント・クロスと傾いた給水塔が有名です

グルームの名前
この地で成功した牧場主のコロネル B.B.グルーム から付けられた。1876年、カーソン郡は設立され、テキサス共和国の最初の国務長官であったサミュエル・プライス・カーソンの名前が付けられた。

グルームは飼いや馬の世話を担当する人を意味し、 語源は、少年や召使いまたは羊飼いから来ている。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

グルームの歴史
パンハンドル地域には10000年以上の歴史があり、元々キオワ族とコマンチ・インディアンが住んでいた。1870年代半ばにインディアン戦争の後、インディアンは居留地区に閉じ込められ、空いている領土を占領された。テキサス州の独立と米国による併合の後、白人の入植者はパンハンドルに入植し開拓を始めた。

広大な土地は、1881年にテキサス州の家畜に投資するシンジケートを結成した。イギリス人のチャールズ・G・フランクリンの会社フランクリン・ランド&キャトル・カンパニー は、テキサス州とオクラホマ州のパンハンドル地区に631,000エーカーの土地を購入した。

フランクリン・ランド&キャトル・カンパニー社はケンタッキー州の牛の飼育師であるB.Bグルーム とフランクリーンの親戚をマネージャーとして雇い、グルームは、スコットランドからのアンガスとケンタッキーからのショート・ホーンを輸入して、地元の長距離電話、井戸を掘削し、倉庫、居間、納屋、有刺鉄線に投資した。

ルート66タルサ オクラホマ州

ルート66タルサ オクラホマ州

しかし、1886年の厳しい冬と高額の経費により、すぐに会社の破産が起こり、それに続いてホワイト・ディアー・ランド・トラストとしての再編が行われました。

新会社は入植者に土地を売却し、グルームやルフォーズのような農業共同体の創設につながった。

1902 年にシカゴ・ロックアイランド・湾岸鉄道が駅を敷設し鉄道の町として設立し、フランク・S・ダイサルトが町の最初の事務所を開いた。

1902年に雑貨屋、1903 年には商店、1906 年には床屋、銀行、ホテル、雑貨店、学校等が出来始め、町は急成長した。

1911年には町として独立し20世紀の油田ブームの影響で町は繁栄したが、人口が 800 人を超す事は無い小さな町だった。

主要産業は農業と牧畜で牛と小麦ととうもろこし、1920年代半ばの農業と牧畜業と石油ブームは着実に成長した。

ルート66テキサス州

ルート66テキサス州

ルート66グルームの歴史
ルート66は1926年に開設され、グルームを通過した。人口は1972年に808人にピークを迎え、その後徐々に減少した。傾いた給水塔と巨大な十字架が有名です。

西半球最大の十字架 ルート66ジャイアント・クロス
十字架の高さ58m約20階建ての建物の高さです。クロスの重量は1,1300万mtで、非常に強いパンハンドル風(140mph)に耐えるように設計されている。

十字架の基本的な鋼構造は、グルームから70km離れた場所で溶接され、サイディングが構造に取り付けられた場所に持ち込まれました。

鉄筋コンクリート基礎を注ぎ、異なる部品を組み立てた。7台のフラットベッドトラックでクレーンが現場に運ばれました。

ルート66

ルート66 ・テキサス州

十字の下部を土台に取り付け、中間の部分を150 kgのスチールピンを使用して結合させた。

それを囲んでいる十字架の底には、十字架、最後の夕食、そして2人の泥棒との磔刑を抱えながら、キリストが裁かれている風景が描かれています。

休憩室とクロスギフトショップがあり、カウンセリングセンターと天使たちの石造りの廊下もあります。

その他の大きな十字架
西半球で最も高い十字架であると主張されているが違う。

バレン・デ・ロス・カイードスの谷間(スペイン内戦記念碑)のコンクリート十字架は、1958年に建てられ150mの高さで4億4000万ポンドの重さ。

ルート66 グルーム テキサス州

ルート66 グルーム テキサス州

1966年に完成したフロリダ州セントオーガスティンのミッション・ノンブレ・デ・ディオスは、ステンレススチール製で、70tの重さ63mの高さがある。

アメリカで最も高い十字架は、イリノイ州エフィングハムにある高さは60 m。

世界で最も高い十字架は、高さ66mあるマケドニア共和国のスコピエのミレニアム・クロス。

フィンランドのSeinäjokiに高さ65mの十字型の鐘楼が建てられた。

十字架の下には聖書の十字架にまつわる数々の銅像とギフトショップなどの施設が併設されている。一日1000人が訪れる。
Addess 2880 County Road2 Groom Texas

ルート66 グルーム

ルート66 グルーム

傾いた給水塔「Britten USA」
グルームの町の東側、インターステートの出口近くに、ルート66の有名なアトラクションの一つ、ピサの斜塔のように傾いた給水塔が立っている。

給水塔は、1980年頃にグルームに建てられたが、本来の給水の役割を果たした事は無く、元々トラック・ストップの宣伝用に使用された。傾いているのは地震でも老朽化でも何でも無く、建設された時から傾けて作られている

メインストリートの州立銀行歴史マーカー#114
1904年に設立され、1908年に全国的に設立されたこの民間銀行で、取締役の中には地元の先駆者であるBrittens(傾斜したウォータータワーの名声)のメンバーがいました。

銀行はいくつかの危機、大恐慌と1930年代のダストボールだけでなく、両方の世界大戦で生き残った。石油と農業関連のビジネスでそのグルームの人々をサポートした。 

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66 デバンポート オクラホマ州

フィールズ博士のマーカー#1264
地元の歯科医師で農業従事者であるCharles L. Fields(1858年~ 1941年)彼は歯科学校を通って道を譲るために大工として働き、1903年にその地域に定住しました。彼は、折りたたみ式の歯科用椅子と足を使った訓練をしている牧場で患者を訪問した。

周りにはなにもなく人も車の通りもなく、側道からゆっくり見物できます。 「Britten USA」と宣伝文句もよく見えます。ジャイアント・クロスとは街の反対側にありますが、小さな町は10分もあれば回る事が出来る。

グルームへの行き方
東向きに来る場合はアマリロから1時間足らず、西向きはシャムロックから同じく1時間足らずで着きます。このエリアのルート66は、町の部分しか残っていませんので、町の間はインターステートI-40で移動するのが便利です。出口は東向きならExit 110、西向きならExit 114が最寄りの出口です。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.