ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 アランリード

ルート66

ルート66 ・テキサス州

アランリード テキサス州  Alanreed Texas
アメリカのテキサス州 グレイ郡。標高は912m、人口約52人、非法人コミュニティのパンパのに属している殆どが平坦で年間降水量の平均は500mmの乾燥した地域です。オガララ・アクィフィファーは、平野の石灰質、粘土質、石灰質の土壌を灌漑し水を供給している。

アランリードの名前の説
1.鉄道の2人のマネージャーのアラン&リードにちなんで命名された説
2.契約者のアランリードの名前は、鉄道の黒人の従業員の名前からの説がある。1902年の郡選挙がアレン・リードの家で開催され、 1900年代初期の出版物は、「アラン・リード」という2つの言葉が記述されています

元々はアランリードの春に成る水を貯める大きな水槽があった事からスプリング・タンクかスプリング・タウンの名が付けられていた。アランリードでは、大量の動物がいるため、プレリー・ドッグ・タウンとしても知られていました。

ルート66テキサス州

ルート66テキサス州

アランリードの歴史
パレオ・インディアン・ハンター・ギャザラーは10000年前にテキサス・パンハンドルに住んでいたが、エルドラードの黄金伝説の場所を探していたスペインの探検家たちは、バッファロー狩りのコマンチとキオワインディアンに出会った。

1870年代後半にテキサス州でいくつかのインディアン戦争が起こった。マクレラン・クリークの戦いは1874年11月8日にアランリードの数キロ北のところで行われた。

レッドリバー・ノースフォーク・コマンチ族との戦い Battle of North Fork 
レッド川北支流の戦いは、1782年9月28日に、コマンチ族インディアンの領土、現在のアメリカのテキサス州グレイ郡のマクレラン・クリーク近くで米軍が行った。

コマンチ族に対する民族浄化作戦であるインディアン戦争であった。実情は無抵抗の女子供を含めたインディアンの村を米軍が奇襲した虐殺である。

サンタフェ ニューメキシコ州

サンタフェ ニューメキシコ州

コマンチ族戦士カイウォチェやモウウェイらコマンチ族インディアンの野営を、アメリカ陸軍のラナルド・S・マッケンジー大佐に率いられた騎兵分遣隊が奇襲攻撃だった。

インディアンの社会は合議制民主主義が基本で、コマンチ族ら平原インディアンの社会は高度な個人主義だった。

インディアンの戦士は個人の判断で動くものであり、誰かに率いられる考え方は持っていなかった。この野営のコマンチ族戦士団が「カイウォチェとモウウェイに率いられた」とするのは白人の思い込みである。

この戦闘は、テキサス州のパンハンドル西部にあったリャノ・エスタカードというコマンチ族の大規模集落を、アメリカ陸軍が初めて攻撃したものである。

インディアンは敗北し居留地に追いやられ、平野は利用可能に成った。

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66アランリード テキサス州
1884年までに、クラレンド・ランドとキャトル・カンパニーはすでにアランリードの土地の多くを売っていた。

1886年にエルドリッジに郵便局が開設され、ステージコーチは、現在アランリードの数マイル北にあり、グレイの人口は約58人であった。

1900年にチョクトー・オクラホマ・テキサス鉄道は、アランリードに展開を始め、シカゴのテクトーラからアマリロ線、ロックアイランドと北湾岸鉄道は1902年にアランリードに達しました。町は一年前にエンジニアによって計画されました。モビティーからクラレドンまでのステージラインとの交差点に位置していた

1902年にグランカウンティが設立された時、アランリードはこの地区で最大の町であり、年間500箱の主にスイカの果物貨車で出荷していた。

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66 デバンポート オクラホマ州

1920年代半ばの石油ブームはパンパ、レフォース、マクリーンの発展につながった。1927年に人口が500に達したが、アランリードは利益を得る事が出来ず、又ダストボールと大恐慌は町の衰退につながった。

アランリードのメインストリートは、オクラホマシティとアマリロを結ぶ郵便・ポニー・エクスプレスは町を通過していた。その後のルート66と成った。

1930年代と40年代には、ジェリコ・ギャップを横断する危険な最後の宿場町で、3番街に沿ってサービスステーションとホテル等が建設された。

1950年代半ば以降、町の衰退が始まり、1982年8月に州間高速道路I-40の最後の部分が町の東1.6kmで完成し町はゴーストタウン化していった。ロックアイランドは鉄道は撤退しましたが、郵便局は今でも生き残っています。

アランリードは小さな村でゴーストタウンです。歴史的なアメリカのルート66はメイン・ロードウエーです。ルート66テキサス州にある最古の墓地と最古の教会、ビンテージ・スーパー66サービスステーションがあります。

ルート66テキサス州

ルート66テキサス州

アランリードの墓地
アランリードは、I-40の南側にある小さな町は殆どがゴーストタウン化していますが、3つランドマークがある。

テキサス州ルート66で最も古い墓地
墓地協会は、1899年に最初の埋葬が行われたと主張している。約550の墓があり、1916年5月の「冷血で殺された」ロイ・トリプトンのものがある。

テキサスのルート66の最も古い教会
白い建物は松の木の間にあり、1904年に建設され、テキサス州のルート66に沿って最も古い教会であると主張している。

ルート66ビクタービル

ルート66ビクタービル

66スーパーサービスステーション
修復されたビンテージのサービスステーションは、アランリードのダウンタウンで最も繁華街にありました。1930年にブラッドリー・カイザーが設立した。

修復された建物は、2つのルーフがあり、スペイン風の陶磁器のヒップ・ルーフを使っている。現在Texaco®ポンプがありますが、1930年代と40年代の使われていたかは定かでない。
Address  Main and 3rd Street、Alanreed Texas

化石の木の家
アランリードの北には、1925年にアランリードの南のハイデン・バレー・ランチにある、看護師ポール・ブルース古代の森の遺跡から集めた材料で作った家がある。家は城のような外観と8つの部屋がある。

ルート66

ルート66 テキサス州

テキサスの町のグレン・ローズ、オースティン・ハントヴィル、スティーブンビル等は、1920年代後半に化石の木材を装飾建築材料として使用した流行があった。

1927年にはオイルブームとルート66が出来た事で人口も増えたが、その後ブームは去り1929年には銀行も閉所。1930年には3つの学校が合併し、今ではたった住民 50人と1 軒のショップがあるだけの町と成っている。

ルート66 アランリードは小さな村、隣町マクックリーンまでの約10kmには、3つのルート66のルートがある。
#1は一番古い ルート66は 3rd St. を通る舗装された2 レーンの Main St. で南側の道
#2は I-40 でカバーされてしまった 4 レーンのルート66
#3は Regal Reptile Ranch を通る道で、1990 年代にブルドーザーで処理されてしまったルート66。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.