ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント テキサス州

ルート66

ルート66 ・エイドリアン テキサス州

シカゴから ロサンジェルスの ル―ト66の中間地点。シカゴまで 1139 mile、ロスアンジェルスまで1139 mile(約1822km)

1900年頃に出来た町で1909 年には鉄道が敷かれ、公的な認可を受けた最初の入植者である
エイドリアン・クレンの名前を取って、町の名前が付けられた。

1910 年には、郵便局、学校、雑貨屋、銀行、鍛冶屋、材木屋、レンガ工場などが出来、「エイドリアン・イーグル」と言う新聞まで発刊されていた。

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ・テキサス州

色々なビジネスが立ち上がり、町も大きくなっていったが、初期の頃は十分な水の供給が難しく、又ひどい干ばつが何度もあり、

ルート66 が通り、ロサンジェルスとシカゴの中間地点と言うことで人気が少し筒出てきたし、小麦の生産地としても確立したが、マザーロードの往時でも人口は 250人程度。ベガの半分の大きさで、これ以上大きくなることはなかった。

ルート66

ルート66・ テキサス州

1946 年当時はガソリンスタンドとカフェがあるだけだったが、1929 年には穀物エレベーターが出来、1940 年代には消防団も結成された。

1969 年、I-40 でバイパス化されると、村を通る車は極端に減った。ビジネスが減少したように、地元の エイドリアンの人口も減っていったが、それでもどうにか町はほそぼそとではあるが、生き残ってきた。今は ルート66 の旅人達に人気の場所となっているが、人口が増えることはなく、ベガ市に属している

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ・テキサス州

ルート66 ミッド・ポイント
シカゴから ロサンジェルスまで、約 4000 km の ルート66 の丁度中間地点で、世界的に有名な大きな看板がある。

この道路脇の大きな看板が無かったら、エイトリアンを見過ごすことになり、丁度中間地点にいることすらわからないだろう、と思うようなシンプルさ。ルート66の地面には中間地点を示す白い線が引いてあり、その前にルート66 のシールドが描かれている。さらに町は ルート66 の北側にあるが、こちらも注意しないと見過ごしてしまうような小さな町。

標識は Route 66 が出来る約十年前の 1914 年に、 「ナショナル・ オールドトレール・ロード・アソシエーション」によって設置されていたもののレプリカ。 「ナショナル・ オールドトレール・ロード」はここでは ルート66 だけど、シカゴ に続くのではなく、ニューヨークへと続く道で、初期の頃、ドライバー達の目印となるように設置された。

標識は「ナショナル・ オールドトレール・ロード」に沿った町と ルート66の両端の2大都市シカゴと ロサンジェルスとのmail 数を提示したもの。

ルート66

ルート66 ・テキサス州

ルート66 ミッド・ポイント カフエ
エイドリアン、テキサス州 ミッド・ポイントは、ルート66 の中間地点にある歴史あるカフェ。ルート66 の舗装が完全に終わった1928年に建てられ、1947 年に拡張。ルート66 全盛期の頃は24時間営業をしていた。

テキサスの アマリロと ニューメキシコ州の ツクムカリ 間で、最も古いカフェ。その後何度もオーナーは変わったが、美味しい家庭料理と笑顔付きのおもてなし、そして良い雰囲気で、いまだに客足が絶えない。名物の Ugly Craft Pie

ラスベガス発、貸切サンプル・パッケージ・コース

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.