ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント テキサス州  Route66 Mid Point
シカゴから ロサンジェルスの ル―ト66の中間地点。シカゴまで 1139mile(約1822km)、ロスアンジェルスまで1139 mile(約1822km)

1900年頃に出来た町で1909 年には鉄道が敷かれ、公的な認可を受けた最初の入植者であるエイドリアン・クレンの名前を取って町の名前が付けられた。

1910年には、郵便局、学校、雑貨屋、銀行、鍛冶屋、材木屋、レンガ工場などが出来「エイドリアン・イーグル」と言う新聞まで発刊されていた。

色々なビジネスが立ち上がり町も大きくなっていったが、初期の頃は十分な水の供給が難しく又ひどい干ばつが何度もあり、ルート66が通り、ロサンジェルスとシカゴの中間地点と言うことで人気が少し筒出てきたし、小麦の生産地としても確立したが、マザーロードの往時でも人口は 250人程度。ベガの半分の大きさでこれ以上大きくなることはなかった。

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

1946年当時はガソリンスタンドとカフェがあるだけだったが、1929年には穀物エレベーターが出来1940 年代には消防団も結成された。

1969年、I-40 でバイパス化されると村を通る車は極端に減った。ビジネスが減少したように地元の エイドリアンの人口も減っていったが、それでもどうにか町はほそぼそとではあるが生き残ってきた。今はルート66の旅人達に人気の場所となっているが、人口が増えることはなくベガ市に属している。

ルート66 ミッド・ポイント
シカゴから ロサンジェルスまで約4000kmのルート66の丁度中間地点で、世界的に有名な大きな看板が目印に成っている。

道路脇の大きな看板が無かったらエイトリアンを見過ごすことになり、丁度中間地点にいることすらわからないだろうと思うようなシンプルさ。ルート66の地面には中間地点を示す白い線が引いてあり、その前にルート66の道路のマークが描かれている。さらに町はルート66 の北側にあるが、こちらも注意しないと見過ごしてしまうような小さな田舎町。

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

標識は ルート66が出来る約十年前の1914年に「ナショナル・ オールドトレール・ロード・アソシエーション」によって設置されていたレプリカ。

「ナショナル・ オールドトレール・ロード」はここでは ルート66だけど、シカゴ に続くのではなく、ニューヨークへと続く道で初期の頃ドライバー達の目印となるように設置された。

標識は「ナショナル・ オールドトレール・ロード」に沿った町とルート66の両端の2大都市シカゴと ロサンジェルスとのマイル数を提示した。

ルート66 ミッド・ポイント カフエ
エイドリアン、テキサス州 ミッド・ポイントは、ルート66の中間地点にある歴史あるカフェ。ルート66の舗装が完全に終わった1928年に建てられ1947 年に拡張。ルート66 全盛期の頃は24時間営業をしていた。

テキサスのアマリロとニューメキシコ州の ツクムカリ 間で最も古いカフェ。その後何度もオーナーは変わったが、美味しい家庭料理と笑顔付きのおもてなしと良い雰囲気でいまだに客足が絶えない。

エイドリアンのサイネージは、誇らしげにオリジナルのルート66エンドポイントまで1833kmの距離の看板を展示している。カフェのスローガンは、「when you’re here, you’re halfway thereここは、中間地点です」。

1990年から2012年までミッドポイントカフェの所有者フラン・ハウザーは、ディズニーランドのカーズランドのFV-8CaféFloのモデルに成っていると誇らしげだ!

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

ルート66ミッドポイントカフェの歴史
1928年に建設され1947年に拡張されたカフェはルート66の全盛期に24時間稼働し、テキサス州アマリロとニューメキシコ州トゥーカムカリの間で最も長く続いたルート66のカフェです 。

起源は、ジーニー・ヴァンダーウォルトによって建設され、ゼラ・プリンに賃貸された、ツェラのものとして知られている1つの部屋の汚れた床のレンガのカフェに遡ることができます。

レストランは数回手を変えた。 ダブ・エドモンドとジェシー・フィンチャーは1956年にその資産を買収し、それを1976年までジェシー・カフェとして隣接するステーションに運んだ。新鮮な自家製パイで有名に成った。

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

エイドリアンは1969年に州間高速道路40号によってバイパスされ、村を通る交通量の急激な減少につながった。テキサス州の州間高速道路40号線は、町並みを維持することによってバイパスされた個々の町を除いて、ルート66を置き換えた。

テキサス州のルート66の大部分は、新しい州間高速 道路完成によって生き延びているか衰退していった。

事業が衰退するにつれて、地元のエイドリアン人口は20世紀後半に約220人、2008年には149人に減少した。

1976年にテリーとペギー・クレイッツにペギーカフェとして営業していたが、その後の所有者は名前をリチェルズに変わった。ファン。ハウザー は1990年にエイドリアン・カフェを購入した。当初の計画は、アンティークショップを設立する事でした。

ルート66 ミッドポイント

ルート66 ミッドポイント

ルート66の復興運動
エンジェル・デリガディーロがアリゾナ州ヒストリカル・ルート66・アソシエイションがアリゾナ州でルート66の歴史的なルート66の復活させル為に、1987年に 歴史的ルート66を地図上に戻した。

テキサス州のルート66テキサス州はすぐに続き、「ルート66」ブランドを使用して、 ヨーロッパやオーストラリアと遠くからの訪問者招いた。

ミッドポイントカフェの現在の名前とアイデンティティは、旅行者とルート66協会の創設者トム・スナイダーの助言のよって1995年に変更した。

エイドリアン・カフェの元オーナーであるファン・ハウザーは1997年に朝食、ハンバーガー、自家製デザート懐かしい味の「アグリー・パイ」をメニューに加えた。1997年にはアンティークも始めた 。

「アグリー・パイ」は、祖母のレシピを使って色々な美味しい、焼きたてのパイ(ピーカン、チョコレートチップ、リンゴ、レモンメレンゲ、チョコレート)を作り出すミッドポイントカフェのペストリーシェフ、ジョン・ハーウエルが作ったもので、彼女のおばあちゃんの味だった。

カーズランドとルート66

カーズランドとルート66

ディズニーカリフォルニア・アドベンチャのFlーo’s V8Caféのモデル
2001年、カフェにピクサーが尋ねて来た。 ロングホーンの飾りを付けたキャデラックリムジンで15人のクルーは、アリゾナ州ピーチスプリングスとカンザス州バクスタースプリングスの間1900kmで5つのルート66の州のランドマークを撮影し、ルート66の有名人にインタビューした。

2006年のアニメ映画 車でラジエタースプリングスの町のモデルに成った。

ミッドポイントカフェの所有者ファン・ハウザーとレストランの2つのサーバー(メリー・ルーとクリスティーの姉妹)をベースにしたFlo , Mia、Tiaのキャラクターは「Flo’s V-8Café」の映画のモデルに成った。

ドライブイン・レストランとして カーズをテーマにした FloのV-8Caféはモデルに成った。ファン・ハウザーとミッド・カフェは映画のクレジットで「アグリー・パイの家」として有名です。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークは伝統的なレストランとしてのカフェを返し、伝説の「アグリー・パイ」レシピをメニューに戻します。

ファン・ハウザーは2012年にカフェから引退し、ルート66でアンティークショップ・サンフラワー・ステイションとして営業している。

Address 305 West Historic Route 66, Adrian, TX 79001

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.