ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 テキサス州

ルート66

ルート66 テキサス州

ルート66 テキサス州
テキサス州のル―ト66の距離は291kmある。テキサス州旗は「ローン・スター」と呼ばれ、1936年から1945年まで独立国だった事を表現している、人口は約2470万人。

テキサス州のルート66は、直線で東西に伸びていて「Staked Plains 囲まれた平野と呼ばれている。ルート66の中央部に当たる州で、距離的には8州の中でカンザスについで2番目に短いルート66である。

テキサス州
面積はアラスカ州に次いで全米第2位の州である。「テキサス」は、インディアン部族のカドー族のカドー語で「友人」「同盟者」を意味する。

大半はプレーリー=草原で、海岸の湿地と松林に始まり、岩の多い丘が続き、最後は砂漠とビッグベンドの山脈がある。

ルート66キャディラック・ランチ

ルート66キャディラック・ランチ

テキサスの地域を最初に領有権主張したのは、ヨーロッパの国はスペインだった。フランスが短期間の植民地を保持した。続いてメキシコが領有したが、1835年に独立してテキサス共和国となった。

1845年にアメリカ合衆国28番目の州と成り、1846年に米墨戦争を引き起こす出来事となった。奴隷州だったテキサス州は1861年初期にアメリカ合衆国からの脱退を宣言し、南北戦争の間はアメリカ連合国に加盟していた。戦後は合衆国に復帰した。

南北戦争後のテキサス州を繁栄させた産業は牛の牧畜だった。牧畜業の長い歴史があり、古き良き西部の時代、牧場、カウボーイも多く州全てが「オールド・ウエスト」である。

1900年代初期に油田が発見されて経済が成長し、経済構造が変わった。
20世紀半ばには大学に大きな投資が行われ、多くのハイテク企業を含む多様な経済に発展した。

フォーチュン500に入る企業の数では全米のどの州よりも多い。各産業は成長を続けており、農業、石油化学、エネルギー、コンピュータと電子工学、宇宙工学、バイオテクノロジーの分野が盛んである。

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.