ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 リバートン

ルート66リバートン

ルート66リバートン

ルート66 リバートン カンザス州
リバートン、米国カンザス州 チェロキー郡 Riverton Kansas

鉱山の輝かしい時代の恩恵を受けて出来た小さな町。初めは クエーカー教徒の使徒達が住み始めたが、すぐに世紀が変わり、1919 年に郵便局が出来た。現在の人口約929人

それが街の始まり。1890年〜1910 年に「Empire District Electric Company」が スプリング・リバー をせき止めて、水力発電所のプラントを作った。

アメリカ最古の発電能力を持つ発電所の一つで、リバトンだけでなく、80か所の町に電気を供給できる発電量で現在も発電し稼働中。その御蔭で「レイク・ロウエル」のレクリエーションの場も出来た事で町が活性化した。

ルート66リバートン

ルート66リバートン

ディーン・ウォーカー 
リバートンのアイスラーブラザーズカントリーストアは、 ピクサーの2006年の映画「カーズ」のクルーがルート66のリサーチの為訪れ、映画監督達と、カンザス州ルート66協会の会長であるディーン・ウォーカーとルート66カンザスの歴史等を話した。

カンザス・ルート66協会の会長は、足を180度逆さまにして逆さまに歩くことが知られている。

ディーン・ウォーカーはNASCARの新人ライトニング・マックイーンに運転の知恵を教える、トウ・トラックの 「メーター」のキャラクターのモデル

トウ・トラックのオリジナルがガレナにある、カン・オ・テックス・サービスステーションに展示している。

ルート66リバートン

ルート66リバートン

ルート66 ネルソン・オールド・リバトン・ストアー
Nelson’s Old Riverton Store(元Eisler Bros-Old Riverton Store)

「1920年代の建築の遺産」「店内は1925年以来ほとんど変わっていない」「ルート66の旅行者のためのオアシス」

1925年以来のオリジナルの 店
ルート66がシカゴからロサンゼルスまでの大陸横断道路が出来る前から私は継続的に営業しています。

リバートンの小さなコミュニティやルート66の旅行者のためのショッピング街としても機能しています。カンザスのこの南東のコーナーに店があり全国的に知られています。

世界的に有名な雑貨や兼デリ、食料品、農産物、 花 、優れたサンドウィッチを扱う昔ながらのデリです。地元の ギフトやルート66の記念品を取り扱ってる。

ルート66リバートン

ルート66リバートン

歴史的な場所の国家登録簿の古いリバートン店
カンザス州リバートンのルート66位置する、アイスラーブラザーズオールドリバートン店「ウィリアムズ・ストア」は、国の史跡登録簿に登録された栄誉を与えられました。Old Riverton Store on National Register of Historic Places.

ルート66 ネルソン・オールド・リバトン・ストアー歴史
リバートンの店は、何年ものロラ・ウィリアムズAG食品店で1925年にオーナーのロラ・ウィリアムズによって建設された。

現在の建物は、1923年に竜巻によって破壊された建物を修復している間に、ロラがEmpire District Electric Co.で働き、昼食を提供し、食料品を販売しました。

ルート66リバートン

ルート66リバートン

1930年代のウィリアムズ・ストアのインテリア
正面のテーブルとチェアは、バーベキューサンドイッチや自家製のチリを顧客が楽しんだ場所があります。

インテリアは1925年以来ほとんど変わっていません。東側は商業地区として使用され、西側の3つの部屋から構成されていて、 は、レオとロラ・ウィリアムズとその娘、ジェーン・マリーの住居でした。

キッチンは肉屋の西側の商業的な場所にあり、金属製の天井は建物全体で使用されています。

1940年代、ウィリアムズの家族は、店の隣の家に住居を移しました。 今日は元々はリビングルームであった前部に、ルート66の商品やお土産を扱っています。

長年にわたり店の前にガソリンポンプがあり、最初はTexacoその後はStandard Oilに場所を貸出をしました。

ルート66リバートン

ルート66リバートン

店舗自体は食料品から一般的な靴、衣服、牛乳、新鮮な肉、様々な品物まで全てを揃えています。

レオは又、店の後ろで牛肉と鹿肉をバーベキューや、サンドイッチを提供した。 ロラはチリの味は最高に美味しとの評判でした。

顧客は主に地元の人々でしたが、1920年代後半、1930年代、40年代、50年代にルート66が開通し交通量が増え、店舗は重要な役割を果たしました。

元々店の裏には2つの倉庫がありました。 1つは今残っていて、白く塗られていて、薄い月のシルエットがドアの中に入っている 財産に関する書類は、「この資源は指名に寄与している」と述べている。

レオとロラ・ウィリアムズは、食料品をロイド・パクソンに賃貸した1945年まで店を運んだ。 レオは1948年に死亡した為、パクソンのリース期間が終了すると、ロラは店に戻って1970年頃まで運営していました。

テキサス州アレンのジョーとイザベル・アイスラー(Isabell Eisler)は、1973年にこの事業を買収しました。それは食料雑貨品やデリのように、装飾がほとんど変わっていないように継続しています。

店はアイスラーのために甥スコット・ネルソンによって管理されていました。 スコットはアイスラーの不動産から2011年3月31日に店舗を購入しました。 スコットはカンザス州ルート66協会の会長です。

Address
7109 SE Highway 66
Riverton, KS 66770
Tel (620) 848-3330

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.