ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ビクタービル

ルート66

ルート66

ルート66ビクタービル  Victorville  CA 
「ハイ・デザートの町(高地にある砂漠)」ビクタービルは、カリフォルニア州のサンバーナーディーノ郡の南西部に位置し、標高831 mで人口約116000人の ルート66の町。

ビクタービルには、 オロ・グランデ・ブリッジ、ルート66の鉄の橋 や3つのルート66 モーテル、グリーンツリーイン、グリーン・スポット・モーテル、ニューコラール・モーテルやエマズ・カフェ等の多くのルート66の名所があります。

ビクタービルの歴史
ビクタービル近隣には、先住民族のインディアンが1万年前から住んでいました。モハベ川沿いの地元の住民や、サンガブリエルとサンバーナーディーノ山脈の北のふもとは、スペイン語で「ヴァニューム」又は「ベネメ」と呼ばれ、 1776年にアリゾナのホピ族を訪問したガーデス神父の宣教師が開拓を行っていた。

ルート66

ルート66

先住民族のインディアンは、太平洋沿岸とコロラド川に住む他の部族と交易し、セラーノ語の方言を使っていた。サンバーナーディーノ山脈をスペイン語で セラーノを意味する。

スペイン人は1602年にカリフォルニアを開拓し、1769年にロサンゼルスを創設しました。後に、西へ移動しミッション・サン・ガブリエル・アルカンゲールを1771年に設立し、1810年にサンバーナーディーノに到着し、1819年教会と1842年に牧場を設立した。

モハベ・トレイル又モハベ・ロード
ガルセ神父は、モハベ砂漠を越えモハベ川に沿って、コロラド川に到達し、南にあるサンバーナーディーノ郡とサンゲーブル山脈の間のカホンガ・パスを通り。先住民が使用していた古代の道に沿って横断しました。

ルート66オートマン

ルート66オートマン

1821年メキシコはスペインから独立し、南西部のアメリカはメキシコに属していました。カリフォルニアは、1846年~1848年の戦争でメキシコを敗北させたアメリカに併合された。

その後、モルモン教徒は西部に広がり、1851年にサンベルナルディーノの牧場を購入し、サンベルナルディーノの町を創設する「 モルモン街道」に沿って定住した。

ビクタービル の最初の入植者は、メキシコとアメリカの戦争の兵隊であるアロンG. ラインでした。彼は1858年に現在オロ・グランデのモハベ川沿いにホームステッド法により、土地を開拓した。

モハベ・トレイルで西部に向かっていた開拓者にアロンG. ラインは、宿泊施設と食料品を彼らに提供した。又、アーカンソー州のミス砦からカリフォルニア州までのワゴン・ロードを調査していた、エドワード・ビール中尉にも食事を提供しもてなした。

エイブラハム・リンカーン とルート66

エイブラハム・リンカーン とルート66

ライン・クロッシングはI-15が川を横切る場所の3km北にあるターナー・ロードにあります。レーンはジョン・F・ミラーにスポット・パイオニア・ステーションを改名し、1860年に10人が定住した。

ハイモア家はモルモンの開拓者で、オロ・グランデ橋近くのハイモアズ・クロッシングに住み始めた。1867年のラファイエット・ミーチャムは、別のモルモン教徒がバーストーの駅馬の拠点からワゴン道路を作り、現在はビクタービルと呼ばれてた。

駅馬車の停留所は1870年に建設され、1873年には、オロ・グランデの地域で金が発見された。

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66 デバンポート オクラホマ州

南太平洋鉄道リフォルニア・サウザン・レイルロード)
1881年にバーストー近くのカリコ山脈で銀が発見され、南太平洋鉄道はベーカーズフィールドからバーストーまでその線を延長しライバルのアトランティック&パシフィック鉄道がカリフォルニアに到達するのを阻止した。

しかし、建設が遅れていた為、1884年にアチソン・トピーカ・サンタフェ鉄道に吸収された。

ビクタービルの名前は、南太平洋鉄道の責任者のジャコブ・ビクター・ナッシュからビクターと命名された。しかし、コロラド州ビクターの町との混乱を避ける為、1901年にビクタービルに名前を変更しました。

町は1886年に設立された。経済は石灰岩と花崗岩が採掘され、セメントは、最も重要な産業と成った。

ルート66ビクタービル

ルート66ビクタービル

ビクタービルのハイウェイ
1900年代初頭に自動車社会に突入しより良い道路が必要に成った、ナショナル・オールド・トレール協会は、ロサンゼルスからニューヨークまでのハイウエーを計画した。

1912年、ビクタービルに初のガソリンが出来、1915年には、レストラン、モーテル、ガソリンスタンド、車の修理工場が出来た。

1900年に鉱山は衰退したが10年半後には、映画産業の注目を集め、1914年から1937年には、200以上の映画のロケールとして使われました。

1926年にルート66はロサンゼルスからビクトリアビル又デジットの町への道は砂利道に整備された。

1926年、アメリカ大陸横断ルート66が開通し、ビクタービルにも路線が設置された。現在のD Streetと7th Streetがオールド・ルート66に成ります。

第二次世界大戦中の1941年から43年までに陸軍飛行場が建設され、1992年には役目が終わり閉鎖され、1992年南カリフォルニア物流空港に成っている。

ビクタービル市は1962年9月に設立されました

1995年、ルート66 ビクタービル・カリフォルニア・ルート66 ミュージアムはD Streetの小さな施設にオープンした。ビクタービルは現在の産業は、灌漑農業と家禽、家畜牧場、採石業や鉱石に成ります。


California Route 66 Museum Address 16825 D St, Victorville, CA 92395


Emma Jean’s Holland Burger Cafe Address 17143 N D St, Victorville, CA 92394

ルート66横断

ルート66横断

ルート66とは?
1926年~1985年は、イリノイ州シカゴからカリフォルニア州サンタモニカまでを結ぶアメリカの大動脈で8つの州、300以上の町を通過する全長3800kmに及ぶマザーロードと呼ばれてる。

1960年代のモータリゼーション時代が到来、アメリカ南西部の経済や産業発展の原動力と成った歴史ある道路です。ファーストフードの文化やモーテルやホテル文化が生まれたのもルート66が出来た事により、アメリカ文化と深く関わりのある道路です。

ルート66を舞台とした作品このルート66は、数多くの映画や小説、音楽、CM、PVの中に登場し、アメリカの人々にとても愛された道路です。

小説「怒りの葡萄」映画「イジーライダー」ジャズの「Get Your Kicks On Route 66」に描写されているように、アメリカ人に自由を与え、希望に満ちた道であると同時に光と影の象徴です。又映画「カーズ」のロケ地世界的に知られています。ルート66は、アメリカ文化の根っこなのです。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.