ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ラドロー

ルート66ラドロー

ルート66ラドロー

ルート66 ラドロー カリフォルニア州 Ludlow California
1883年、アトランティック・パシフィック・レイルロードの給水所として町は始まった。

モハベ 砂漠の中の小さな町で時代と共に町の状況が変わり、町の中心部は3 回も移動した。今では数軒だけは残っているがルート66沿いのゴーストタウンに成っている。

バグダッド・チェイス鉱山 Baghdad Chase Mine
1898年頃、サンタフェ・アトランティック・パシフィック鉄道の子会社である、ジョン・サッターは、バックアイ鉱区の鉱山開発の主導権を握っていた。

モハベ砂漠の南東約70kmにあるバーストーで鉄道の為の水を探していた。ルドローの南にあるブリオン山地の荒れ果てた赤く見える丘を無駄に探している時、狭い棚にある石灰岩の露頭を発見した。

彼はいくつかのサンプルを採取しすぐに検定し金と銅が豊富である事を発見し鉱業を開始した。ゴールドラッシュの始まりです!

彼はバグダッドの近くの鉄道コミュニティのために彼の最も豊かな鉱山にバグダッドと名付け、バグダッドとルーズベルト鉱山で十数人を雇いました。

ルート66ラドロー

ルート66ラドロー

1950年代初期のステッドマン
鉱山で成長し始めたが、利益は少なく「貧しい人々の収容所」と呼ばれた。最初の資本の少なさに関わらず多少の労力と労力で利益を上げる事が出来ました。

資本を持った投資家がこの地域に関心を持つように成るまでそれほど時間はかかりませんでした。

1890年代初めにジョン・サッターは彼の鉱山と彼の主張の大部分を、ニューヨークセントラル鉄道の主要株主であった裕福なニューヨーク鉄道と鉱業投資家のグループに売却した。

正確な購入価格は公開されていませんが、10万ドル未満であると報告されています。

購入者にとっては比較的わずかな投資でした。彼らはすぐバグダッドの鉱業と製粉会社30万ドルで買収した。

金鉱にはあの有名なバグダッド・カフェがあり、バクダッド・チェイス金鉱からのゴールドは、チェイス・マンハッタングループのチェイス・マンハッタンの銀行を設立する為の資金を獲得した。

1900年代初めには金も枯渇してしまい、町は衰退してしまった。

ルート66ラドロー

ルート66ラドロー

1926年、ルート66が開通すると活気が出て町も少し北へ移動。バイパスI-40 が作られると活気がなく成り、町はゴーストタウン化した。

今の小さな集落は、1970年代に出来た2軒のガソリンスタンドと1軒の小さな修理工場、1軒のモーテル、 カフェと他に数軒ある。

周りにはたくさんの当時のルート66の香りが町に残っており昔の繁栄ぶりを垣間見る事が出来る。

ラドローカフェ Ludlow Cafe
砂漠の真ん中にあり、周りは廃墟がたくさんある場所にガラス張りのモダンな建物。

コーヒーショップは、明るい店内でスタッフの気さくで好感が持てる対応で人気。カフェの入り口前には、1882年と明記された昔の鉱山の名残のトロッコ。

Ludlow Cafe Addess 68315 National Trails Hwy Ludlow CA

チェース・マンハッタン銀行
銀行持株会社チェース・マンハッタンの中核をなした商業銀行。

2000年に親会社のチェース・マンハッタンが同じく銀行持株会社のJ・P・モルガンと合併した結果、チェース・マンハッタン銀行はJPモルガン・チェース銀行と成った。

JPモルガン・チェース銀行は、バンク・オブ・アメリカ、シティバンクと並ぶアメリカの主要商業銀行の一つある。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.