ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 バーストー

ルート66

ル―ト66バーストー

ルート66 バーストー
大陸横断鉄道の駅貨物列車のターミナルがあり、ルート66時代からのモーテルが数多くあり絵になる大好きな町ですね。

サンタフェ道が敷かれた1888年に開かれたが、 それより随分前に、銀の採掘場が発見され、ゴールドラッシュに湧いた町又 ラスバガス へ行くI-15号線と、西へ行くI-58号線との分岐点の町で、 鉄道も通る交通の要となる町。

銀が取れなくなっても、町は生き延びた。町には沢山のの古い建物や壁画もあり、当時の繁栄振りがわかる。

Casa Del Desierto 681 N. First Avenue Barstow

一般的には「Casa Del Desierto」の名前で知られるが、列車の駅名は「Harvey House Railroad

ルート66

ル―ト66 カリフォルニア州

Depot」。Topeka とハービーカンパニーによって建てられた4番目のハービーハウスで歴史的建物。The National Register of Historic Places にも登録されている

「Casa Del Disierto」とは「砂漠の家」と言う意味。

鉄道旅行が人気となった1911年に、ザ・ハービーカンパニーが建てた素晴らしいホテル。美しい器に豪華な料理、ハービーガールのおもてなしで、地元住民や旅行者に大人気となった。それですぐに今の場所の土地を買って、Main St. を作り、

1925年、駅とホテルを移した。その後、車の旅に人気が出てきて、 今の ルート66が Main St. となった為に、駅もホテルも次第に寂れ、 1980年代には取り壊しの案まで出たが、抗議が殺到。 一部は壊されたが、

1999年に改修が終わり、今の形で残されている。今はグレーハンドやアムトラックの駅として利用。又Mother Road Museum、 Western America Railroad Museum がある。

ルート66

ルート66・バーストー

バーストー・マザーロード・ミュジアム   バーストー・ステーション 1611 E. Main St. Barstow 鉄道の客車を使って作られたショップと古いの写真のコレクションが素晴らしい。

ロサンジェルスとラスベガスの中間地点でもあり、駐車場にある巨大な マクドナルドの広告塔が有名でこの広告塔でマクドナルドは大人気がある。

エルランチョ・モーテル100 E. Main St. Barstow 1943年〜
マリリン・モンローも度々泊まった古い由緒あるモーテル。今は モテルとしての営業はしておらず、アパートとして部屋を貸しているが、 私設の ミュージアムがあって、頼めばコレクションを見せてくれる。

ルート66モテル 195 W. Main St. Barstow 1920年代〜
バーストーではもっとも有名なMotelで、世界各地の雑誌などで紹介されている。広い駐車場や庭にはたくさんの廃車や、 当時を思わせるものがたくさん配置されていて、それなりの雰囲気が味わえる。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.