ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 アンボイ

ルート66 アンボイ

ルート66 アンボイ

ルート66アンボイ カリフォルニア州 Amboy California
アンボイはカリフォルニア州のモハーベ砂漠に位置し 、29パームスの町から北東約97km、ルート66ニードルの西、ルート66のラドローの東にあるサンベルナルディーノ郡の町の創業1883年の非法人コミュニティで人口約4人です。2015年以前は町のビジネス地区に郵便局、歴史的なレストランモーテル、ルート66観光ショップ等があった。

ロイズ・カフェ&モーテル Roy’sCafé&Motel
グラナイト山脈、プロビデンス山脈、国立モハベ保護区の南にあります。南に隣接するアンボイ・クレーターは、標高の高い山々の南東にあります。南にはブリストル・ドライ・レイクとカリフォルニア州カディスのコミュニティがある。

アンボイはかつて有名なルート66沿いに主要な宿場町だったが、1973年にはインターステート40号線が北に開通して以来町は衰退していった。アンボイは有名なロイズカフェ&モーテルがあり、ルート66のランドマークである。この町に残されている建物は全部で10軒余り。

ルート66 アンボイ

ルート66 アンボイ

アンボイの歴史
アンボイは1858年に最初に設立されましたが、1883年までは町は設立されませんでした。大西洋と太平洋鉄道の技術者であるルイス・キングは、モハベ砂漠で鉄道駅を建設した。
1926年、アンボイはアメリカの国道のルート66の開通後にブームタウンに成り、1938年にロイズモーテルとカフェが開業しました。

アンボイの人口は1940年までは人口が65人居た、観光やカリフォルニア州のBNSF鉄道は、バーストウとアリゾナ州キングマンの間でも貨物列車が運行しサンタフェ鉄道にもコネクトされ町は賑わっていた。

世界大恐慌と第二次世界大戦中 観光は減少し、旅行者の宿泊、食事、ガソリンの必要性が無くなり町は衰退していった。 さらに、アンボイの町の近くに1973年の州間高速道路40号線が開通しアンボイは致命的な町の衰退に陥った。

ルート66 アンボイ

ルート66 アンボイ

アンボイ観光スポット
アンボイ・クレーターは、パホアホー溶岩で主に作られた7000年前のコンデア火山である。シンダー・コーン火山でもあるピスガ・クレーターは、州間高速道路40の近くに位置している。採石場操作の為にクレーターはアンボイ・クレーターほどよく保存されていません。

ロイのモーテルとカフェ とガソリンスタンド
ロイのモーテルとカフェは、モハベの東部を周遊する唯一のガソリン、食べ物、宿泊施設で1914年のオールド・ナショナル・トレイルズ・ハイウェイと後継者であるルート66により町は繁栄した。

1938年にロイ・クロウールはアンビョイのルート66に「ロイズ」をサービスステーションを開設しました。ロイは彼の妻ヴェルマと一緒に町を所有していた。1940年代、ロイは娘ベティと結婚したハーマン「バスター」バリスとチームを組んだ。

一緒に彼らはビジネスを拡大し24時間営業しモーテルをサービスステーションとカフェに追加しました。第二次世界大戦後の車社会に時代が到来し町は急速に栄していった 。建物にレトロ未来建築的な有名なロイズの看板は1959年に追加された。

1995年までルート66の最も有名バスター・バリスが義理のロイ・クローからロイズ・カフェを購入し所有し営業していた。

ルート66 アンボイスクール

ルート66 アンボイスクール

ロイズカフェ&モーテル
バスター氏は1995年に町を売却し、2000年に亡くなったトゥウェンティナインパームスに移った。町は投資家ウォルト・ウィルソンとティム・ホワイトが所有し、主に写真撮影や映画会社のホスティングに使用した。

差し押さえでそれを失った後、それはバスターの未亡人ベッシー・バリスによって取り戻されました。

ロバート・オクラ

ロバート・オクラ

ロバート大倉
2005年2月にベシーは、ロイズカフェ&モーテルを復活させるとの約束の元、ファンポロ・レストランチェーンの所有者アルバート大倉に$425,000を現金で資産を売却した。(凄い日本人がいた!)

アンボイの町は、ルート66のランドマークであるロイズカフェ&モーテ、教会、郵便局、3つのガスポンプ、2つの土砂滑走路などの町を含む約490エーカーの敷地が含まれていました。

オークラはサンバナディーノにある元のマクドナルドの場所と同様に博物館を開設し非公式の博物館にしています。

アルバート・オークラは、2008年4月28日ロイは改装工事費用は10万ドルを投資しカフェとミニマートを開設しロイズカフェをオープンした。

2018年の時点で十分な飲料水の供給がない為、レストランは閉鎖されたままであるが、世界中からルート66の旅をしながらハーレーのチームが訪れています。まさにルート66の聖地です!

2018年現在、モーテルも閉鎖されています。 カフェにはギフトショップがあり、ガススタンドが利用できる。

ロイは有名な俳優のハリソン・フォードとアンソニー・ホプキンスはレストランの壁にサインをしています。ハリソン・フォードは、飛行機で飛んでくるそうです。

アンボイスクール
元アンボイ・スクールはロイズに隣接しています。 最後の学生が離れた後、1999年に学校は閉鎖されました。

シュー・ツリー
ルート66のロイの東側にあるパロベルドの木は、以前は靴の木で有名でしたが2010年には倒壊した。

ルート66 アンボイクレーター

ルート66 アンボイクレーター

アンボイクレーター Amboy Crater
南カリフォルニアの 70平方kmの 絶滅の危機に指定されている、北米の コンデンスタイプの溶岩火山です。東部モハベ砂漠に位置する、カリフォルニア州サンバーナディーノ郡の モハーベ・トレイル国定モニュメント内のナチュラルナショナルランドマークです。

カリフォルニア州 サンバーナディーノ郡のアンボイに近いルー66から南に2.4km、西にはバーストウあり、120km先にはルート66 ニードルがある。

アンボイ・クレーターは1973年5月にアンボイクレーター・ナショナル・ネイチューア・ランドマーク に指定された。

アンボイクレーターの所在地はアンボイの町とルート66ナショナル・トレール・ハイウエーの4.0km南西に位置しています。ブリオン山脈は西に、 ブリストル山脈は北東に向かっています。

7万7千年前と推定され更新世時代のパホアホーの層で形成された。インテリアには溶岩の湖があり、アンボイクレーター自体が周辺地域を包み込むように溶岩は古くなって流れています。

最も最近の噴火は約1万年前です。火口は標高288m、周囲の玄武岩 溶岩平野より約76m上にあります。

 アンボイクレーターは、1973年に州間高速道路40号線が開通する前に、 カリフォルニア州のルート66で人気のある観光名所でした。

ニューメキシコ州のルート66のほか 、アンボイクレーター1920年代から1960年代にかけてのルート66の旅客に人気があった。
州間高速道路40号線が開通し後減少したが、近くのミッチェル洞窟 、 モハベ国立保護区 、オールドルート66の人気のブームが到来している。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.