ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

世界初のモーテル モーテルイン

モーテルイン

モーテルイン

「世界初のモーテル」モーテル・イン

世界初のモーテルは、1925年12月12日に、カリフォルニア州サンルイスオビスポにオープンした。元もとの名称は「マイルストーン・モ ・ テレル Milestone Mo-Tel」で後に「モーテル・インMotel inn」に名称が変更された。  

車社会が始まり、モーテルが誕生する以前は、旅行者はホテルに泊まるか、車内泊あるいは野外でテントを張った。アメリカの中流階級が急激に豊かに成っていったこの時代、モーテルのようなビジネスモデルの出現は必然だった。

モーテル」という言葉は、パサデナの建築家であり開発者であるマイルストン・インターステート社の社長であるハイネマンが1924年に「モーテル」という言葉を初めて使用しました。

1925年にアーサー・ハイネマンによりロサンゼルス北方のサン・ルイス・オビスポに建設されたモーテル・インが始まりであった。ハイネマンはキャンプ場の利便性とホテルや旅館の快適を組み合わせた、 モーテルを考案し建設した。

ウグワムモーテル アリゾナ州

ウグワムモーテル アリゾナ州

マイルストーン・モ ・ テレルのオリジナル計画には、各ユニットの外に駐車場があるバンガローとアパートメントの両方が含まれていましたが、一部には専用ガレージがあった。

チェーンの各場所には、ランドリー施設、食料品店、レストランの施設があり、 各ユニットにはシャワー付きの室内バスルームがありました。

建物の外観は、 カリフォルニアのスペイン様式ミッションリバイバルスタイル。3段階の鐘楼は、 オーシャンサイドの サン・ルイス・レイ・デ・フランシアミッションの影響を受けた。モーテルは1925年に8万ドルの費用がかかり、1部屋あたり1泊あたり料金は1.25ドルでした。

当時のアメリカは道路事情も悪く現在以上に自動車旅行に時間がかかり、ホテルや駐車場を見つけられないドライバーは路肩やキャンプ場でテントを張るか車内で寝ることもあった。

ハイネマンがサンフランシスコとロサンゼルスの間に作ったホテルはこうしたドライバーの需要を見込んだもので、「モーターホテル」を略してモーテルと名付けた。

20世紀初頭の米国における自動車社会の出現と普及は、多くの自動車所有者に影響を与えました。当時の貧弱な道路は、 ロサンゼルスからサンフランシスコまで700kmの旅をするのに一日中運転しても2日以上を必要としました。

モーテルイン

モーテルイン

モーテル・インの現代
1991年モーテルは閉店し隣のホテル、 アップルファームの管理に成っている。 モーテルはモントレーストリートの端にあり、カリフォルニアのUS Route 101へのランプの横に位置。多くの建物が解体され、ミッションスタイルの鐘楼を含む元の建物の2つの断片だけが残された。

2000年、ロブロッシとジョン・キングの開発者が360万ドルで荒廃した不動産を購入して以来、市の北部入り口の宿屋は1990年代半ばに閉鎖され、再建計画は15年以上にわたって議論されてきた。

2016年、サンルイスオビスポ計画委員会は 、水曜日に、「モーテル」という言葉を最初に使用したことで有名なアイコンを再開発する計画を承認しました。2017年オープン?

このプロジェクトには34,500平方フィートの宿屋があり、モーテルインモーテルには15の客室とスイートがあり、12の独立したバンガローユニットには40の客室があり、RVパークにはレクリエーション用車13台とエアストリーム用トレーラー10台があります。一晩宿泊客のために敷地内に滞在する。

2223 Monterey Street
San Louis Obispo
CA 93401
(805)543-4000

ブルースワローモーテル

ブルースワローモーテル

モーテルとは?
幹線道路沿いにある、自動車旅行者のための簡素なホテル。アメリカでは日本のビジネスホテルのような施設である。

モーテルは「自動車motor」と「ホテルhotel」の造語で「自動車ドライバーホテル」(motorists’ hotel)の略であり、英語辞書に載ったのは第二次世界大戦の後である。

客用の駐車場に面して一続きの宿泊棟が建ち、客室のドアが駐車場に向かって並んでいるようなタイプのホテルを指す。

荷物を客室まで運ぶポーターはいないかわり、宿泊客は自分の客室のドアの前に自動車を停めて荷物を運び入れることができる。価格は手ごろで荷物運びはセルフサービス。

アメリカ合衆国では全国的な高速道路網が1920年代から建設され始めたが、同時に庶民の間でも長距離の自動車旅行が一般的になり始めた。このため、道中で泊まるための安くて幹線道路から車を乗り付けやすい宿泊施設が求められるようになり、モーテルというタイプの宿泊施設が急速に成長することになった。

マンガーモスモーテル ミズーリ州

マンガーモスモーテル ミズーリ州

第二次大戦後には、モーテルは走行中の客の目に止まりやすいようなきらびやかで大きなネオンサインを出すようになった。多くはカウボーイやインディアンなど西部らしいモチーフや、宇宙船や原子力など当時流行のモチーフが使われている。

夫婦で経営する小規模経営のモーテルは全米の都市郊外の道路沿いに立ち並び、真新しい車でアメリカ横断旅行に出る自動車愛好家らが泊まっていった。

1952年にテネシー州メンフィスにケモンズ・ウィルソンが家族旅行向けの安くてサービスのいいモーテル「ホリデイ・イン」を開業し全米に展開させるようになり、個人経営のモーテルは衰退し始めた。

さらに州間高速道路の整備などで高速道路沿いにもホテルが進出し、モーテルとホテルの境界は次第に曖昧になった。しかし現在でも、古い国道沿いには5部屋程度の規模の小さな家族経営のモーテルが見られる。

モーテル6

モーテル6

チェーン店のモーテル
おそらくアメリカにはモーテルの大手チェーンが6社以上ある。

1.Motel 6
安い、45ドル位で一番おすすめ。色んな町にあるので個人経営のモーテルがぱっとしない時に利用している。

2.Super 8
これも色んな町にある。70ドル位から。朝飯が無料で食べられる(シリアルとか良くてパンケーキだが)なぜかネットの通信速度が速かった。

3.Best Western
一泊100ドル+TAX。全米各地にあるが高い。たしかに内容は他のモーテルより良い施設。

個人経営のモーテル
さてモーテル選びのコツであるが、ポイントは「インド人経営者」だ。いきなりインド人と言っても意味不明だと思うが、なぜかアメリカの安いモーテルはインド系の経営者が多い。

1940年代にインド人はアメリカに家族で移民した時期があった。彼らは少ない資金で安いモーテルを購入し家族経営が殆どである。

チェーン店ではない個人経営のモーテルが安く、当時のオリジナルの建物が多い。インド人が経営しているモーテルが値段と質のバランスが良いが不衛生なモーテルも多い。

モーテル6

モーテル6

モーテル6  (Motel 6)
米国とカナダのバジェットモーテルのチェーンで、モーテル6は、 長期滞在型ホテルチェーン「 スタジオ 6」も運営している。

2012年10月、 Accor HotelsはThe Blackstone Groupに Motel 6チェーンを19億ドルで売却することを決定しました。その後、Blackstone GroupはMotel 6とStudio 6の管理会社としてG6 Hospitality LLCを設立した。

モーテル6は、1962年にカリフォルニア州サンタバーバラで2つの地元建築業者、 ウィリアム・ベッカーとポール・グリーンによって設立された。 1泊6ドルの料金($ 48に相当する)で始めた。会社名の Motel 6の由来です。

BeckerとGreeneは低コストの住宅開発を専門としていたが 、彼らは1960年代に位置が高まっていたHoliday Innなど、他の主要なホテルチェーンの代替案を提供したかった予算志向のコンセプトで実現しました。 BeckerとGreeneは2年間ビジネスモデルを策定し、できるだけコストを削減する方法を模索しました。

ホリデイ・イン(Holiday Inn)
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)が展開するホテルブランド。1951年にアメリカ合衆国のナッシュビルに第1号店をオープン。1960年代にフランチャイズ展開を始める。

1988年にホリデイ・インは、イギリスを拠点とするバス・ホテルズにより買収された。バス・ホテルズは2002年にシックス・コンチネンツホテルズグループ、さらに2003年にインターコンチネンタルホテルズグループと名称を変更し、同グループを構成するホテルブランドとして現在に至っている。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.