ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ビバリーヒルズ

ルート66 ビバリーヒルズ

ルート66 ビバリーヒルズ

ルート66 ビバリーヒルズ
カリフォルニア州ロサンゼルス郡の都市でユダヤ人が作った町。創設は1769年、開発は20世紀に入ってから。

1950年代に入るとロデオドライブを中心とした人口は約33800人富裕層の住宅街、映画「プリティウーマン」の舞台となったビバリー・ウィルシャー・ホテルがあり、先進的なファッションエリアとして発展し、

ハリウッドセレブなどの邸宅が立ち並ぶ全米有数の高級住宅街として世界的に有名。独自に「ビバリーヒルズ警察」を持つ、生活水準は高く治安の良い。

高級ブティックの建ち並ぶロデオドライブは、ハリウッド映画の撮影ロケ地でも世界的に有名成った。

ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」の舞台は実在しないウェストビバリーヒルズ高校。ビバリーヒルズ高校から許可が下りなかった為、撮影はロサンジェルス南にあるトーランス高校でロケされた。

映画のロケ地 
ビバリーヒルズ・コップ、プリティ・ウーマン、ターミネーター3 テレビ ビバリーヒルズ高校白書等、数多くの映画のロケ地に成っている。

ルート66 ビバリーヒルズ

ルート66 ビバリーヒルズ

ビバリーヒルズホテル
ビバリーヒルズホテルが1912年に開業、周囲は一面は元々ライマメ畑でした。

有名なバンガローは、エリザベス・テイラーが8人の夫の内6人とハネムーンに訪れ、又マリリン・モンローも一時期住んでいました、ミッションリバイバル様式の「ピンクの宮殿」は、ビバリーヒルズと映画スターが集う華やかなイメージの代名詞にな成っています。

又、このホテルはプライバシーを保てる環境で知られており、その為に秘密のデートスポットとして人気があり、かつてフランク・シナトラと「ラット・パック」と呼ばれたその仲間たちのたまり場であった。伝説的なポロラウンジは、今でもエンターテイメント業界の著名人が集まるバーとして人気が高い。

地下の隠れ家は、19席の小さなファウンテンコーヒールームは1949年から営業し、いまだに朝食を楽しむ場所として地元の人々に愛されている。

ルート66 ビバリーヒルズ

ルート66 ビバリーヒルズ

ホテル・カリフォルニアとイーグルス
ホテル・カリフォルニアは、イーグルスのアルバム「ホテル・カリフォルニア」のタイトル曲。架空のホテルを舞台としている。

1976年作品。作詞・作曲は、ドン・フェルダー、ドン・ヘンリー、グレン・フライ。なお、イントロの印象的なギター、メロディー、後半のツインギターソロも含め、作曲したのはドン・フェルダーであり、ドン・ヘンリーは作詞を手掛けた。

グレン・フライのこの曲への作詞・作曲での貢献はほとんどないが、作詞のアイデアを出したとされる。(アルバム「ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」では、クレジットが、ヘンリー、フライ、フェルダーの順になっているが、これは正しくない)。1970年代のアメリカン・ロックを代表する楽曲の一つ。

ビバリーヒルズとマリリン・モンローの死
1962年8月5日、ロサンゼルス郊外のブレントウッドにある自宅の寝室で全裸で死亡している所をメイドが発見した。36歳没。死の直後、マスコミでは「死因は睡眠薬の大量服用による急性バルビツール中毒で、自殺の模様」と大々的に報道され、世界に多大な衝撃・悲嘆が駆け巡った・・・

葬儀はモンローの死の3日後、1962年8月8日にハリウッドにあるウエストウッド教会にて執り行われた。式はディマジオが取り仕切り、参列者は生前にモンローの世話などをしていたごく一部の関係者など約30名の小規模な葬儀であった。

マスコミは一切シャットアウトされ、ハリウッドの映画関係者は1名も呼出しはなかった。その後、モンローの遺体は故郷へ搬送された。墓所は故郷ロサンゼルスのウエストウッド・メモリアルパークにある。

ルート66 ビバリーヒルズ

ルート66 ビバリーヒルズ

モンローの墓
モンローを司法解剖した監察医は、トーマス野口こと野口恒富である。ディマジオは離婚後もモンローを一途に愛し、変わらぬ友情で彼女を支え続けた。

モンローの晩年は2人は多くの時間を過ごし、亡くなる数日前には2人が再婚の約束をしていたという。そして、モンローの葬儀時には彼女の遺体を前に「愛している」と声をかけ続け、涙を流したと伝えられている。

ディマジオは自身が亡くなるまでモンローについてのコメントは控えた。「ある女性誌が、貴方が話してくれたら5万ドル払うと言っているが」と尋ねられた時も「世の中には金にかえられないものがある。それは愛の思い出だ」と即座に答えた。

モンローの死後20年にわたって週3回、彼女の墓に赤いバラ(アメリカン・ビューティー)を送り続けた。これはディマジオの亡き後もファンクラブなどのボランティアの手で続けられている。1999年3月8日に肺がんで亡くなる数日前に友人に語った最期の言葉は「死んだら、マリリンのところへいける」だった。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66とは?

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.