ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66アズサ

ルート66アズサ

ルート66アズサ

ルート66アズサ カリフォルニア州
ロサンゼルス郡 サンガブリエル山脈のふもとにあるサンガブリエル・バレーの都市です 。

サンガブリエル山脈のAは、アズサの街を表し半径45km以内に見られる。人口約46000人。アズサ はフットヒル・ブルバードとアロスターアベニューにある歴史的なルート66沿いに位置している。

アズサの歴史
「AzusaはアメリカのAからZまでのすべてを意味する」という言葉は 、何年も町を宣伝するために使われてきた言葉です。

アズサの地名は、 アズサがサンゲーブル・バレーとサンゲーブル・バレーと言われていた19世紀のメキシカン・アルタ・カリフォルニア時代のもので、トンバ族(Tongva)の地名Asuksagnaから由来している。元々トンバ族 の土地であった。

ルート66アズサ

ルート66アズサ

メキシコ人がアズサに入植し最初の土地は、1841年にランチョ・エル・スサにあった。この土地は、 アルタ・カリフォルニア州知事、 フアン・バウティスタ・アルバラドからルイス・アレーナスに 与えられた。

1844年、アリーナはランチョの土地をロサンゼルスのプエブロ出身の英国人移民と裕福な商人ヘンリー・ダルトンに$7000で売却した。

ヘンリー・ダルトンはそれをランチョ・アズサ・ド・ダルトンと改名し、ワイナリー、蒸留所、酢屋、肉燻製屋、製粉所、ブドウ園を建設した。

ダルトンは、6番街の近くのダルトン・ヒルとアズサのセリトス通りにある場所に家を建てました。ダルトンは、隣接した大きなランチョサンフランシスキートとランチョサンタアニタの所有者で、現在のサン・ディマスからパサデナの東端まで土地を所有していた。

ルート66アズサ

ルート66アズサ

サンゲーブル・リバーの西のアズサの一部は、元々隣接するランチョ ・アズサ・デュエルト内にあった。

1846年~1848年のの戦争中メキシコが米国にカリフォルニアを奪われた。

1870年、この地域をアズサ ・エル・モンテ郷の町として記載し、1880年にはサン・ジョシとアズサの町として記載した。

スラウソンは1887年に都市計画を策定し、1898年に市が正式に設立された。

後にサンタフェ鉄道に売却された1887年1月のロサンゼルスとサンガブリエルバレー鉄道の完成は、アズサで住宅や投資機会を求める新しい人々をもたらしました。

ルート66アズサ

ルート66アズサ

ルート66ドライブインシアター
ドライブインシアター誕生は、アメリカのニュージャージー州フィラデルフィア郊外のカムデンで代々化学工場を経営するリチャード・ホリングスヘッド・ジュニアが発明した。

1933年6月6日、ホリングスヘッドの経営するドライブインシアターがニュージャージー州カムデン郡のペンソーケンのアドミラル・ウィルソン通りで開業した。

彼はこの時「どんなに子供が騒がしくても気にせず家族みんなでお越しいただけます」と宣伝している。この劇場はわずか3年間で閉館したが、1934年以後、全米の他の州や都市でドライブインシアターが次々と開業した。

その後シアター数は4600か所以上に成る。現在も稼働しているのは約336か所、全盛期からの生き残り8%ですが、興味深いのがグレートレイクス北部、東海岸の北部で最も残っている。ニューヨーク州とオハイオ州で各28か所現存している。

ルート66アズサ

ルート66アズサ

人口密度と関わりがある。イリノイ州スプリングフィールドRoute66 Drive-in イリノイ州のリッチフィールドのSky View Drive-in、ミズーリ州カセージの66 Drive-in、オクラホマ州タルサ 、Ddmiral Twin Drive-inがある。その他、ミズーリ州キューバ、オクラホマ州オクラホマシティ、テキサス州アマリロのあります。

1932年、ホリングスヘッドは自宅の車道で映画の野外上映のテストを行った。裏庭の樹にスクリーンを釘打ちし、1928年型コダック製映写機を自動車のフードに載せ、スクリーンの後ろに無線機を置いて、自分の乗った車の窓を上げ下げしながら音量を確かめた。

彼は車道に敷かれたブロックを使い、どの車からもスクリーンがはっきり見えるための駐車区画の大きさと配置を確認した。試験を重ねた彼は1932年8月6日に特許出願を行い、1933年5月16日に特許(U.S. Patent 1,909,537)が与えられた。

ドライブインの全盛期

ルート66アズサ

ルート66アズサ

ドライブインシアターがこの時期アメリカの家庭で人気を博した理由には、安心して家族全員で映画を観に行く事が出来るという事がある。

自動車の中なら普通の劇場と違い子供が騒いでも他の観客を気にする必要がなく、また騒がしい子供を家で留守番させる心配も、その為にベビーシッターを雇う必要もないという利点があった。

夕方から家族そろって自動車で出かけドライブインで映画を見ることは当時の最も現代的な娯楽であり、第二次世界大戦前には全米で100ほどにまで劇場数は増加した。大戦が終わると帰還兵とその家族を当て込んだドライブインシアターの建設ブームが巻き起こった。

ドライブインシアターは1950年代末から1960年代初頭にブームのピークを迎え、農村部を中心に全米で4000以上のドライブインシアターがあった。

乳幼児連れの家族のみならず自動車に乗れるティーンエイジャーもデートに利用した。一方で、夜間のドライブインシアターでは各車内は完全な密室であり、インモラルなことを行う空間と化しているという扇情的な報道もあった。

ドライブイン・シアターは1950年代にアメリカで全盛期を迎え、車から大スクリーンに上映される映画を楽しむ事が出来る屋外施設で、映画やドラマの昔のシーンにもよく登場する、20世紀半ばのアメリカ文化を代表する。

1933年に第一号店が登場したドライブインシアターは、郊外でもプライベートが保たれた空間で映画を楽しめる映画鑑賞方法として若者を中心に人気を集め、最盛期には4000以上の施設があった。

1960年代以降、カラーテレビやビデオの普及をはじめとする時代の変化によって激減していきます。上映作品の質の低下からの客離れ、オーナーが新興の郊外型店舗への土地を売却、さらにはシネコンの登場もあり、全米で数百スクリーンにまで減少している。

ルート66横断

ルート66横断

ルート66横断

ルート66横断

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.