ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ピンクスのホットドッグス ロサンジェルス

ピンックス・ホットドッグ

ピンックス・ホットドッグ

ピンクスのホットドッグ Pinks Hotdog
ロサンゼルス市のフェアファックス地区にある、東のハリウッド地区から通りを挟んで北ラブレア通りにある世界的に有名なのホットドッグ・スタンドです。

ピンクスのホットドッグの歴史
ピンクの究極のホットドッグスタンドは、1939年にポールとベティ・ピンクによってラ・ブレアとメルローズの角の路上にある小さなホットドッグ専門店として設立されました。 大恐慌の時代世界経済は低迷し資金も不足していた。

当時は、ベティのチリレシピで作られたチリドッグを 、マスタードとタマネギ入りで10セントで購入する事出来た。

その後、美味しいチリドッグとフレンドリーなサービスに恋し、77年後ピンクはハリウッドのランドマークと成り、現在はポール&ベティーの家族、リチャード、グローリア、ビバリーによって運営されています。

ピンックス・ホットドッグ

ピンックス・ホットドッグ

ビジネスが成長するにつれて、ベティのチリとカスタムメードのホフィー・ブランド(Hoffy)のホットドッグの美味しさの秘密はフランクフルトを天然ケーシング(熟成)の牛肉を使用している為他では味わえない美味しいホットドッグに成っています。

1946年に家族は、 ロサンゼルスの 中央 ハリウッド地区から通りを横切って西ロサンゼルスの フェアファックスにある現在のレストランをオープンしました。

ピンクファミリーは、南カリフォルニア、ラスベガス、オハイオなど15カ所にも拡大しています。

ピンクのおいしい種類のホットドックやハンバーガー、巨大な部分、手頃な価格で有名です。その歴史的で楽しい雰囲気は、ハリウッドの典型的な文化で、特に深夜は人がホットッドクを求めて来る方が後を絶たない。一度オーナーご夫婦のお会いした事がありますが、素晴らしい方でした。

有名人はホットな犬も大好きで、多くのスターがピンクスを訪れています。 彼らはオルソン・ウェルズからマーロン・ブランド、マイケル・ジャクソン等が常連客でした。

ピンックス・ホットドッグの常連だった、マイケルジャクソン

ピンックス・ホットドッグの常連だった、マイケルジャクソン

ピンクスのエピソード
1940年、アメリカのカリフォルニア州 メルローズで屋台から始まった老舗ホットドッグ店。ハリウッドスターはもちろん、あのマイケル・ジャクソンもお忍びで食べにきていたほど大人気ぶり。種類も豊富で、毎日たくさんの人が店の前に行列を作っている。

ビバリーヒルズに自宅があり、スリラーPVをロサンゼルスで撮影し、マイケルが大好きだったWACKO雑貨屋さん…と、とにかくロサンゼルスにゆかりのあるマイケル。そんな彼の唯一お気に入りだったファストフード。少しでもマイケルを感じ、近づこうと世界中からファンが押し寄せる。

L.A.のお店はハリウッドスター御用達としても知られていて、お店の中でブルース・ウィリスがデミ・ムーアにプロポーズした、エピソードもあります。

ピンクは、米国のトップ101のファーストフードレストランの栄誉を与えられた。
Pink’s Hot Dogs 
709 N. La Brea Ave.,Los Angeles, CA 90038
 Tel. (323) 931-4223

Daily Hours: Sunday – Thursday 9:30 a.m. until 2:00 a.m. Friday & Saturdays 9:30 a.m. until 3:00 a.m.
http://www.pinkshollywood.com/

ピンックス・ホットドッグのオーナー

ピンックス・ホットドッグのオーナー

ホットッグの歴史
ホットドッグの名前の来は、犬の肉を使っているという噂からとも言われるが、「ホットドッグ」という名から生まれた噂なので語源とは関係ない。「ホットドッグ」と呼ばれる以前、ダックスフントに形が似ていることから、野球場では「レッド・ホット・ダックスフンド・ソーセージ」という名で売られていた。

熱いソーセージをパンに挟んで供するという工夫はドイツからやって来た移民達によって伝えられた。ソーセージを掴んで食べるための手袋を貸していた売り子が、それを持ち去る客に困惑し、代案としてパンにはさむ事を思いついたという伝説もある。

このスタイルがアメリカ合衆国において広まるきっかけを作った人物はコニーアイランドで屋台を開いていたチャールズ・フェルトマンの使用人のネイサンが始めたホットドッグスタンドのネイサンズである説や
ポロ・グラウンズの売り子であったハリー・スチーブンスなど諸説あるがある。

ピンックス・ホットドッグ

ピンックス・ホットドッグ

19世紀後半のニューヨークではこうした形の食べ物が認知され、様々な場所で販売されていた。

ドイツのソーセージは本来豚肉を原料としていたが、アメリカに伝来してからはより入手しやすい牛肉が主に使われた。

現在では牛肉以外にも豚肉、鶏肉、七面鳥、およびそれらのブレンドなどに加え、大豆たんぱくを用いたベジタリアン・ホットドッグまでも生産されている。

アメリカ合衆国では1人当たり年間60食を消費していると言われ、国民食の代表として位置づけられている。

特に野球観戦とホットドッグの関わりは深く、ドジャー・ドッグ(ドジャー・スタジアム)、フェンウェイ・フランクス(フェンウェイ・パーク)など、野球場にはそれぞれ名物とされるホットドッグが多数ある。

1916年より、毎年7月4日にニューヨークにおいて「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」が開催され、2001年から6連覇を果たした小林尊など日本からの参加者が上位に入賞する事がある。

ピンックス・ホットドッグ

ピンックス・ホットドッグ

ホフィーのホット・ドッグ(Hoffy)
85年以上の美味しさ!いくつかは驚きかもしれませんが、ロサンゼルスはホットドッグの中心です。 ロサンジェルスは、毎年9500万人以上のホットドッグを楽しんでいます。他の都市では認識できないほどのホットドッグが美味しい!

伝統と品質の両方へのこの献身は、ハリウッドの好きな飲​​食店の伝説的なホットドッグで天然ケーシングの牛肉フランクフルトです。

他の多くの地元の肉処理会社が事業を統合して東に移転しましたが、私たちは家族経営で、Hoffyブランドを根付かせています。

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.