ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 テクソラ

ルート66 テクソラ オクラホマ州 べクハム・カウンティー

ルート66

ルート66 ・テキサス州

テキサスから オクラホマに入ってすぐの町で、 かつては結構栄えたが、
I-40 が出来た途端に消えてしまい、今は廃墟の建物が所々残っているだゴーストタウン。

1900 年代初期、町は Texokla もしくは テクソマ と呼ばれていた。
経度 100 度の近くにあるため、長い間に、経度を図る違った調査を 8 回もされたが、
住民の多くは移ることもせずにテキサスと オクラホマの両方に住んでいた。

元々 テクソラは 1907 年に オクラホマが州になった後、Beckham County が
出来るまで、北の グリーカントリー の一部だったが、 郵便局が 1901 年に出来、

ルート66

ルート66 オクラホマ州

1902 年、the Choctaw Oklahoma and Gulf Railroad
(後の the Chicago Rock Island and Pacific Railway ) が開通。
1902 年には 1920 年代はじめまで続いた週刊の新聞「ザ・テクソラ・ヘラルド」
が発刊されるほど繁栄していた。

地方の経済は農業中心で1910 年代以降は、人口が少しづつ減り始めたが、
ルート66( 5th St.として知られる) の開通が良い刺激となり、 町は繁栄したが、
人口は 1940 年代には又減り始め、20 世紀の末までその傾向が続き、
今では 40 人足らずとなっている。

 

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.