ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 テクソラ

ルート66 テクソラ オクラホマ州

ルート66 テクソラ オクラホマ州

ルート66 テクソラ オクラホマ州
ベッカム・カウンティー

人口は約36人の町ですがゴーストタウン化が進んでるテキサス州とオクラホマ州との州境の町。標高652mテキソラの町はI-40 Exit 1からアクセスすることができます。1975年にI-40が北に完成するまで町は繁栄していた。

テキサスから オクラホマに入ってすぐの町でかつては結構栄えたが、I-40 が出来た途端に消えてしまい、今は廃墟の建物が所々残っているだほぼゴーストタウンに成っている。

ルート66 テクソラの歴史
1900年代初期、町は Texokla もしくは テクソマ と呼ばれていた。経度100 度の近くにあるため、長い間に、経度を図る違った調査を 8 回もされたが、住民の多くは移ることもせずにテキサスと オクラホマの両方に住んでいた。

ルート66 テクソラ オクラホマ州

ルート66 テクソラ オクラホマ州

郵便局は1901年12月12日にコミュニティに設立され、ルーベン・H・グライムスは最初の郵便局長に就任した。

元々 テクソラは 1907 年に オクラホマが州になった後、ベッカム・カウンティーBeckham Countyが出来るまで、北の グリーカントリー の一部だったが、 郵便局が 1901 年に設立された。

1902年には、 チョクトー、オクラホマ、ガルフ鉄道 (後にシカゴ、ロックアイランド、パシフィック鉄道が所有)開通した

1902 年には 1920 年代はじめまで続いた週刊の新聞「ザ・テクソラ・ヘラルド」が発刊されるほど繁栄していた。

1909年まではテクソラには2つ綿花生産とトウモロコシと穀物工場がありました。地元経済は農業ベースであり、いくつかの事業が町に開かれました。

ルート66 テクソラ オクラホマ州

ルート66 テクソラ オクラホマ州

地方の経済は農業中心で1910 年代以降は、人口が少しづつ減り始めたが、ルート66の開通した。 町は繁栄したが、人口は 1940 年代には又減り始め、20 世紀の末までその傾向が続き、今では 40人足らずとなっている。

1930年代の大恐慌とダストボールは、地域からの放棄された農民の流出をもたらしました。(映画「 怒りの葡萄」参照)

ダストボウルDust Bowl
1931年から1939年、アメリカ中西部の大平原地帯で、断続的に発生した砂嵐である。環境を無視した耕地化を行い、天災というよりは人災である。

アメリカ中部の大平原地帯は、白人の入植以前は一面の大草原であった。大平原にやってきた白人農民は、作物を植えるため表土を抑えていた草をスキ込みによってはぎ取り、地表を露出させた。

ルート66 テクソラ オクラホマ州

ルート66 テクソラ オクラホマ州

地表は直射日光に曝され、乾燥して土埃になり、風が吹くと空中に舞いあがり、土埃の巨大な黒雲となった。

雲ははるばるシカゴの空まで届いて空を真っ黒く覆い、吹き飛ばされた表土の大部分は大西洋へ吹き流されて完全に失われた。

フランクリン・ルーズベルト大統領が就任して最初の100日間で、アメリカ合衆国政府は自然環境のバランスを修復する政府のプログラムを実施し、土壌保護局を設立した。SCSは後の1994年に自然資源保護局として改組された。

アメリカ中西部農業の崩壊
世界恐慌に加えてこの災害の被害を受けたことで、テキサス州、アーカンソー州、オクラホマ州などグレートプレーンズでは多くの土地で農業が崩壊し、農家は離農を余儀なくされた。350万人が移住し、多くは職を探しにカリフォルニア州などの西部へ移住した。

移住は非常に大規模であった。オクラホマ州では15%の人口がカリフォルニア州だけではなく、テキサス州、カンザス州、ニューメキシコ州へ移住した。

オクラホマ州からの移住者である彼らは、少なくとも30万から40万人と見積もられる。彼らは「オーキー(Okie)」と呼ばれ、この呼称は現在でもまだ軽蔑的なニュアンスで使用される。

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.