ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 オクラホマ・シティー

ルート66 オクラホマ・シティー オクラホマ州

オクラホマ州の州都で、州最大の街

ルート66

ルート66

原油、天然ガスなどの埋蔵量が豊かな地域で、国の中西部の重要拠点
でもあり、昔から今に至るまで繁栄し続けている街。

19 世紀に西部開拓が始まった時、この地のインデイアンは追い出され、
その後の 1889 年に正式に オクラホマ・シティー が出来、
その時にはもう5万人もが州境に住んでいたが、
1899 年にアメリカ政府が白人の入植を許可してからは
歴史的な「Land Rush」と成る。

急激に増える移住者の為のライフラインの整備が進み、
生活物資供給の為に四方から鉄道が敷かれ、
オクラホマ・シティー は徐々に国の重要拠点
として機能するように成る。

オクラホマが合衆国の州にとなった 1907 年までには、
それまでの経済のハブ、地域の中心だった Guthrie を抜いたので、
1910 年には州都が Guthrie から オクラホマ・シティー へと移った。

ルート66

ルート66 オクラホマ州

そして 1926 年、ルート666が開通するや、ますます発展していく。
第二次世界大戦以前、街は Chicago や Nebraska の Omaha よりも繁栄していたし、
戦後の発展で Interstate Highway System も建設され、大きなインターチェンジも出来、
それによって連邦政府は Tinker Air Force Base を置いた。

1970 年代と 1980 年代にはドーナツ化で、中心部の人口は減少したが、
1993 年「the Metropolitan Area Project (MAPS)」が大規模な再開発をやり、
市民プロジェクトで中心部の再建を進めて成功。 結果として、中心部の人口も増え、
街は活性化して更に大きく成る。

1995 年4月9日、Murrah Building の爆破によって、周辺の破壊とたくさんの犠牲者を出し、
街はかなりの打撃を受けたが、跡地は今「オクラホマ・シティー ナショナル &ミュージアム」と成っている。

1930 年代に街は積極的に航空産業を誘致し始め、 1940 年代アメリカ政府の機関 FAA(Federal Aviation Administration)
が置かれ、以降航空関連でも国の重要な地と成っている。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.