ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ホス

ルート66エリック

ルート66エリック

ルート66 ホス オクラホマ州
ワシッタ・カウンティー

ホスの町は20世紀初期の重要な農業中心地でしたが、重要性が減ったが、現在でも小さな農業の中心地である。

スーパーハイウェイ I-40が出来町が衰退した為「ほこりを噛む bit the dust」の別名がある。

町の人口は約151人で寂れた小さな廃墟の町。

ルート66ホスの町の歴史
フォスの歴史は、ウィルソン郵便局のエリアから入植者が1890年代後半にトルコクリークの谷まで6km北に移動した時に始まりました。

彼らは当初、彼らの新しい郵便局がグラハムと呼ばれることを望んだが、その名前は既に使われていたので、マハーグと名付けられた。

ルート66フォス オクラホマ州

ルート66フォス オクラホマ州

1890 年代の後半に、ターキー・クリークの谷に街が出来たが、1902年5月2日の大洪水により数人を溺死させ、トルコクリークの町を破壊した。

沢山の住民が亡くなったが、残った人々は谷底からより高い場所へと移動した。

新しく出来た町はホスとフォスと命名された。 郵便局は1900年9月15日に操業を開始した。

町は肥沃な土地だったので急激に町は大きく発展した。 1905年頃、町には900人から1000人の住民が住み2つの銀行 、3つの綿産業 出来た。

1912年までに発電所、2つのホテル 、 オペラハウス建設された 。

それはまた、干し草ベーラーを栽培し、乳母車、ほうきを製造していた。 経済は安定し人口は500人が生活をしていた。

ルート66フォス オクラホマ州

ルート66フォス オクラホマ州

1920年代に町はクリントンとエルク・シティーの近くの都市の貿易と投資が行われ、フォスの経済を圧迫し始め経済的問題が発生した。

1926年にルート66が町を通過したにもかかわらず1930年代の世界大恐慌がフォスの経済をさらに圧迫し多くの人々がまちから離れた。

ホスの町は300人以上の住民がいた。1931年に建設されていたルート66がフォスの南側に建設された。

第二次世界大戦中、1950年代から1960年代には、ルート66の旅人達とバーンズフラットの近くの

クリントン・シャーマン空軍基地のお陰で、町は活気があり、ガソリンスタンドやカフェもあった。

ルート66フォス オクラホマ州

ルート66フォス オクラホマ州

その後町は次第に小さく成っていくが、 バイパス 1-40 の開通と空軍基地の閉鎖がそれに拍車をかけ、またしても人々は町を離れ始め、

1977 年には唯一営業していた町の銀行も閉鎖。今ではゴーストタウンと成ってしまっている。

ホスの町には2つの新聞 、フォスエンタープライズとフォス・バーナーがああった 。チョクトー、オクラホマ、ガルフ鉄道(ロックアイランド) 鉄道が開通した。

1920 年代には鉄道の拠点がクリントンへ、 交易はエルクシティーへと移り始めた上、1930 年代の不況と砂嵐で、またしても町の移動を余儀なくされた。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.