ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 ホス

ルート66 ホス オクラホマ州 ワシッタ・カウンティー

ルート66

ルート66 怒りの葡萄

寂れた小さな廃墟の町。 1890 年代の後半に、Turky Creek の谷に街が出来たが、
1902 年の 5 月に起こった大洪水で、町は壊滅状態と成り、

たくさんの住民が亡くなった。 残った人々は、谷底からより高い場所へと移動し、
出来た新しい町はホスと呼ばれるように成ったが、 そこには 1900 年にすでに郵便局が出来ていた。

町は肥沃な土地だったので、人気が出て、急激に大きく成り、
1905年には 1000人を超す人口と成った。

ル―ト66

ル―ト66オクラホマ

すぐに 2 つの銀行と 3 つの製綿所が出来、次々と新しいビジネスがオープン。
石作りの学校や教会も出来、1912 年には電気プラント、2つのホテル、オペラハウスもあった。

しかし1920 年代には鉄道の拠点が Clinton へ、 交易は Elk City へと移り始めた上、
1930 年代の不況と砂嵐で、またしても町の移動を余儀なくされた。

第二次世界大戦中は、ルート66の旅人達と、町の南の U.S. 軍基地のお陰で、
町は活気があり、ガソリンスタンドやカフェもあった。

その後町は次第に小さく成っていくが、 バイパス 1-40 の開通と空軍基地の閉鎖がそれに拍車をかけ、
またしても人々は町を離れ始め、 1977 年には唯一営業していた町の銀行も閉鎖。
今ではゴーストタウンと成ってしまっている。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.