ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 デピュー

ルート66 デピュー オクラホマ州 クリーク・カントリー

ルート66

ルート66

元々は インディアン・テリトリーで、1896 年にインディアン達に
土地が割り当てられ、入植者も住むことに成った。
1898 年に鉄道が敷かれ、それによって町は発展し始める。

1905年、公式に町として認められると、デピュー インベスト・カンパニーが出来、
土地の売買が始まり、その後電話会社、学校、病院なども建てられ、町の機能が出来ていった。

1907 年にオクラホマ が州となった頃から、急に大きくなり始め、
そして1911 年に近くで石油が見つかってからは、 町はオイルブームに沸き、急激に発展する。

ルート66 オクラホマ州

ルート66 オクラホマ州

1927 年にルート66が、鉄道の線路の北側に開通すると、道もきれいに舗装され
旅人達の往来も多くなり、町は繁栄したが、1929 年には大恐慌の影響を受けて、景気が悪くなり、
更にオイルブームにも陰がさしてきて、住民は次第に町を離れ、寂れていった。

今も寂れてはいるが、小さな美しい町。 メインストリートに並んだレンガ作りのビル群が往時を偲ばせる。

ルート66から、 デピュー の町へ入る所に立っている Welcome Board。
高校バスケットボールチーム デピュー ホーネッツ の本拠地でもある。

デピュー・ループ
1926 年〜1928 年の Route 66 は、ダウンタウンをぐるっと回って通り抜ける奇妙な道で、
この Loop 沿いに町ができていた。1928 年に、バイパス化され、町の北側に、
Loopに入らず真っ直ぐな舗装された新しい ルート66が出来、旅行者も増えて、
ダウンタウンも活性化したが、今ではその面影を残すだけの寂れた通りとなっている。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.