ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 デピュー

ルート66カヌート

ルート66カヌート

ルート66 デピュー オクラホマ州 クリーク・カントリー

デピューの小さな村の人口約550人。元々は クリーク族のインディアン・テリトリーであった。

1896 年にインディアン達に土地が割り当てられ、残りの土地を譲り受け、入植者が開拓し住むことに成った。

1898 年にセント・ルイスとサンフランシスコ鉄道鉄道が敷かれ、それによって町は発展し始める。

1901年1月15日にマーリーはこの敷地を訪れ、ヘンリーW. シムスと1エーカーで土地を購入した始まり。

1901年1月30日に、ニューヨーク市の上院議員であるChauncy M.デピューにマーリーは郵便局の設立を願い出た。1901年5月17日に承認され、郵便局は同じ日に開かれた。町の名前はニューヨーク市の上院議員デピューが由来。

ルート66 デバンポート オクラホマ州

ルート66 デバンポート オクラホマ州

1905年、公式に町として認められると、デピュー インベスト・カンパニーによって土地の売買が始まり、その後最初の電話会社、学校、病院なども建てられ、町の機能が出来ていった。

最初の医師であるDr. Coppedgeがミズーリ州のセントルイスから到着し、メインストリートの角に小さな建物を購入し、彼のオフィスとドラッグストアを開業した。

ファースト・ステイト・バンクが1907年10月にオープン、最初の新聞、デピュー・インディペンデントは、1908年にWC Coopによって設立されました。

1907 年にオクラホマ が州となった頃から、デピューの町も成長し急に大きくなり始め、そして1911 年に近くで石油が見つかってからは、 町はオイルブームに沸き、急激に発展する。

1940年代後半まで作動するだろう。1909年に人口は約150人に増加し、新しい公立学校が建設されました。

ルート66ガリーナ

レンガの壁が美しい!ルート66

デピューの最初の教会はメソジスト教会でした。 2つの綿花産業と服飾塔の多くのビジネスが繁栄した。

1927 年にルート66が、鉄道の線路の北側に開通すると、道もきれいに舗装され、旅人達の往来も多くなり、町は繁栄したが。

1929 年には大恐慌の影響を受けて景気が悪くなり、更にオイルブームにも陰がさし住民は次第に町を離れ寂れていった。

今も寂れてはいるが、小さな美しい町でメインストリートに並んだレンガ作りのビル群が往時を偲ばせる。

ルート66から、 デピューの町へ入る所に立っているウエルカム・ボード。高校バスケットボールチーム デピュー ホーネッツ の本拠地でもある。

デピューの以前の経済
コットン郡経済は農業の綿花やコムギといった作物、さらに牛や鶏といった家畜等

1910年代後半からは、石油とガスが強力な産業として成長し、1920年には郡内に290の掘削井戸があり、32は天然ガス用だった。郡の南部にはデボル製油所、ポンプ場およびパイプラインがあった。

ルート66 デピュー オクラホマ州

ルート66 デピュー オクラホマ州

アメリカの綿花栽培
アメリカ南部の綿花生産が北部の開発の資金源となった。

アフリカ系アメリカ人奴隷による綿花生産は南部を豊かにしただけでなく、北部にも富をもたらした。南部の木綿の多くは北部の港を経由して輸出された。

1865年の南北戦争終結と奴隷解放宣言の後も、南部の経済基盤は綿花生産だった。

南部では小作農が増え、解放された黒人農夫と土地を持たない白人農夫が裕福な白人地主の所有する綿花プランテーションで働いた。

綿花プランテーションでは綿花を手で摘む必要があり、多数の労働力を必要とした。

収穫用機械が本格的に導入されるのは1950年代になってからである、それ以前の収穫機械は繊維を切り刻んでしまうという欠点があった。

20世紀初頭になると、徐々に機械が労働者を置き換え始め、南部の労働力は第一次世界大戦と第二次世界大戦の間に漸減した。

今も木綿はアメリカ合衆国南部の主要輸出品であり、木綿生産量の大部分はアメリカ栽培種が占めている。

デピュー・ループ
1926 年〜1928 年の ルート66 は、ダウンタウンをぐるっと回って通り抜ける奇妙な道で、このループ沿いに町が出来た。

1928 年に、バイパス化され、町の北側に、ループ  に入らず真っ直ぐな舗装された新しい ルート66が出来、旅行者も増えて、ダウンタウンも活性化したが、今ではその面影を残すだけの寂れた通りとなっている。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.