ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説

MENU

ルート66 カヌート

ルート66カヌート

ルート66カヌート

ルート66 カヌート オクラホマ州
ワシタ・カウンティー

カヌートの名前はデンマークのカヌート王に由来する、人口は541人の田舎町。町は歴史的なルート66に位置している。

1900年代の始めに、今は無き Rock Island Railroad 沿いに町が出来、同時期の原油の発見で栄えた。

1902 年には The Choctaw,Oklahoma and Gulf Railway が鉄道を敷き、The Great Southwest Townsite Company が宝くじを売って、当たった土地の場所を受け取るやりかたで、町が区画された。

ルート66車時代に成ると、U.S ルート66沿いの人気の場所と成り、旅行者向けのビジネスもたくさん出来て繁栄したが、1970 年にバイパス化されると、の利用も少なくなったし、 近くの Burns FlatのClinton-Sherman空軍のベースが移動。これでほとんどのビジネスは成り立たなく成った。

現在、1軒の銀行、ルート66沿いの車の修理工場、ストリップバー、I-40 のインターチェンジ近くのガソリンスタンド、コンビニ、モーテルがそれぞれ1軒づつあるのみで、農業が基盤の街と成っているが、今でも古いビジネスの廃墟が沢山残っている。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

カヌートの歴史
元々は先住民は、豊かな草原を荒廃させた野生動物の群れを追って狩りをした平野のインディアンであった。

1541年に、スペインの探検家コロナードは、黄金伝説都市を探している最中、オールド・オクラホマ州を通過した記録が残っている。

1899年2月24日に郵便局が設立された。

1892年にシャイアンとアラパホの居留地区が出来、白人の開拓者の入植が始まった。

1902年、シカゴ、ロックアイランド、パシフィック鉄道のChoctaw、Oklahoma、Gulf Railwayが鉄道を建設した時、Great Southwest Townsite Companyは土地を調査し抽選販売をした。 バイヤーは10ドルを支払って、箱から引かれたランダムロットの場所を受け取った。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

1902年、カヌートには、オクラホマ州で最も古い連邦州銀行、綿産業、雑貨店があった。

1898年アッシジ・カトリック教会の聖フランチェスコに設立された。

1926年、ローマカトリック教会はカヌートに聖なる家族教会を創設しました。

1970年、エルクシティの聖フランシス、聖家族、聖ヨセフ教会の集会が、エルク市にあるセントマシューカトリック教会に統合されました。

1904年にカヌートに、新聞2館、ホテル3棟、医師3人、バギー・木工林、伐採場、綿繰り機械工場2か所、ハードウェア2店、ディーラー2隻、保安厩舎2隻、ドラッグストア2店、葬儀用品店2店、音楽店、弁護士、不動産事業者、銀行2社、写真家、競売人がいて町は繁栄した。

1898年10月10日、カヌート地区には、3つの学校区域が、カヌート地区番号97と一緒に分解され、結合されて、カヌート統合学区形成した。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

1930年に町は366人の人口がいて40年間比較的安定していた。

1960年に370人の住民を記録し、1980年の人口ピークは676人。

農業は、多くの西オクラホマ州の町のように、小麦、牛が経済基盤となっています。

農民と牧場経営者は、シャイアン・アラパホ地方の開拓に伴い、1892年のランド・ランに入植した。 カヌートの土地取得は1902年に宝くじによって行われ当選者は$ 10.00を支払った。

町の繁栄は、1900年代初期の天然ガスの発見であった。西オクラホマ州で最初に掘削された井戸は、1917年にカヌートから北東に1.6km離れたCH ウィル・コックス農場で約9600mに掘削された。

1994年にはCanute Service Station(NR 94001611)がNational Register of Historic Placesに登録された。

ルート66カヌート

ルート66カヌート

グレート・ウエスタン・トレール
現在のカヌートから東に約2km、現在I-40を横切っている。

1874年、ジョン・T・ライトル艦長といくつかのカウボーイが、南太平洋を3500頭の大型牛とサドル馬のリムーダで去った。5年後、ライトルのルートはプレーリーからFt。 ネブラスカ州ロビンソンは、歴史の中で最も重要な牛の追いの道になっていた。

Great Western Cattle Trail
グレート・ウェスタンでは700万匹以上の牛と馬が、テキサス州とオクラホマ州を経由してカンザス州とネブラスカ州の鉄道線に通っている為、ワイオミング州とモンタナ州の北方の牛産業を発展させた。

典型的な頭部は1日10〜12マイル移動し、トレールのボス、ラングラー、そして料理人が含まれています。 南テキサスからカンザス州への運転は約2ヶ月かかった。牛は一頭20.00ドルから35.00ドルで売られました。

カヌートは1900年代初頭に設立され、自動車の登場に伴いロックアイランド鉄道は廃止された。カヌートは、ルート66とガソリンスタンド、モーテル、レストランしかし、高速道路I-40が1970年5月に北部の小さな村をバイパスし、高速道路から1つの出口だけを受け取った時、バイパスと近くのクリントン – シャーマン空軍基地の閉鎖により、

現在、カヌートの事業には、ガソリンスタンド/コンビニエンスストアとI-40インターチェンジのモーテルとともに、ストリートバーのルート66に銀行と自動車修理工場が含まれています 。

サンプル・パッケージ

b1

b2

b3

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.