ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 石油の都市 タルサ

ルート66タルサ ゴールデン・ドリラー像

ルート66タルサ ゴールデン・ドリラー像

ルート66 アールデコ建築と石油の都市 タルサ オクラホマ州

人口約39万人、アメリカで43番目に大きな都市でオクラホマ州内ではオクラホマシティに次ぐ、2番目に大きな都市。石油の発見により、石油精製工業、化学工業が大きな産業です。

アーカンソー川があり、オクラホマ州はグリーンカントリーと呼ばれている 、タルサの人をTulsansとも言う。

元々クリーク・インディアンの部族ロカポカ・バンドが1828年から1836年にこの地に住み始めた。20世紀、「世界の石油資本の都市」と言われ、アメリカで最も重要な石油産業拠点に成っている。

1836年にロカポカ族やクリーク族インディアンの領土だった現在のシャイアンアベニューと18番街の現代の交差点のところで大きな樫の木の下で家を設立したのが始まり。

「タルサ」と成ったクリーク語で「古い町」を意味する。1898年1月18日には、タルサは市の正式に組み込まれ、最初の市長、エドワード・カルキンが選出された。

タルサは1901年にアーカンソー川の岸辺近くの小さな町だった、1905年タルサの第一次石油産業は 設立されました。

1909年、石油の発見後、タルサの人口は18万人増加した。 油の多くは、鉱業権のメンバーが所有していた土地に発見された。 20世紀「世界の石油資本」として知られている、エネルギー産業における都市の成功は、アールデコ調のスタイル建設ブームが起こった。

ルート66タルサ ゴールデン・ドリラー像

ルート66タルサ ゴールデン・ドリラー像

石油業界からの利益を通して継続し、1930年代、世界大恐慌であっても、他の都市より最も経済が良かった。カインのボールルームは、「ウエスタン・ス イングのカーネギーホール」として知られた。ルート66、ウエスタン・ス イング・ミュージックの発祥の地でもある。

1925年、オクラホマ州のビジネスマン、サイラス・エイブリー は「ルート66の父として知られている」カリフォルニア州とシカゴを結ぶ道路作成する際「タルサにルート66」キャンペーン開始した。

20世紀半ば、タルサ市は、教会、博物館、庭園、インフラ整備をし市を発展させた。水のニーズは、最大の公共事業の一つと考えられ、スパビナウダムはこの時代に建設された。タイム誌は1950年代、「タルサダビングは、アメリカで最も美しい都市」と評価した。

20世紀初頭の建築ブームはタルサに、アールデコ建築の町を建設した。ダウンタウンとミッドタウン。大規模なアールデコ構造の集合ミッドコンティタワー 、 ボストンアベニューメソジスト教会 。1970年代から80年代にアールデコ・ブームはビルシティの現代的な建築様式の大きな基盤を与えた。設計家シーザー・ペリ 、建築家ペトロナスタワーマレーシアが貢献した。

ルート66タルサ

ゴールデン・ドリラー像 石油の町タルサ
タルサはかつては石油産業で栄えた、オクラホマ・シティに続くオクラホマ州第二の都市です。東向き、西向きどちらから来ても久々にダウンタウンのビル群を見ることが出来る。

ゴールデン・ドリラー(Golden Driller)の像がダウンタウンから東にあるタルサ・エキスポセンター(Tulsa Expo Center)の前に立っている有名の像でルート66のアイコンであり、タルサの象徴である。

タルサのダウンタウンから東にあるTulsa Expo Centerの前に設置され、石油労働者の像は高さは23mある。

オリジナルの像はテキサス州のフォートワースで建てられたそうですが、1966年にInternational Petroleum Expositionのシンボルとしてタルサに建てられた。旧バージョンのほうがGoldenです。現バージョンはGoldenというより土っぽいです。NHKの「世界ふれあい街歩き」という番組でも取り上げられた。

Golden Drillerの歴史: The Golden Driller (tulsagal.net)
4145 East 21st St, Tulsa, OK

ルート66横断

ルート66横断

ルート66

ルート66

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.