ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア
Arcadia Round Barn Route 66

アーケディアの歴史
アーケディアは1889年のランド・ラッシュの直後に設立され、白人開拓者が入植しアフリカ系アメリカ人を綿農家為雇用した。

郵便局は1890年に設立。 ミズーリ州、カンザス州のテキサス鉄道は、1902~3年バートルズビルからオクラホマ・シティーまでアーケディアのすぐ南を通過する路線を建設した。

アーケディアの町は20世紀初めに農業共同体として繁栄した。フォーク川の近くに位置し土は綿を生産するのに適していました。

地元の新聞アーケディア・スターは、1904年にアルカディアの人口は800人であったと記録してる。

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

しかし、1900年の米国人口調査では、アーケディアを含むディープ・フォーク・タウンシップでは、約706人に減少した。1907年の国勢調査では、アルカディアに約人口994人と記録されている。

1924年6月、火事でビジネス地区のほとんどが破壊されました。1つの建物、ツーロンズ・ドラッグストア が生き残った。

1930年代と1980年に再び組織化の試みに抵抗した。オクラホマ州エドモンドが1984年~1985年にコミュニティを附属した後、感情が変わり、1987年にアルカディアが結成された。

ルート66アーケディア オクラホマ州
チャンドラーから1時間ほど走っているのに小さな街を1つ過ぎ、大都市オクラホマ・シティの手前にある最後のとてもラウンド・バーンのある小さな街アルカディア。

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

アーケイディアの町のシンボル、ラウンド・バーンがあります。丸い納屋なのですが、何故丸いかは不明だそうです。一説には竜巻に強いからだそうです。

この納屋、かなりの数があったそうですが近代的な鉄骨製の納屋が増え、殆どが壊され、最後に残ったこの納屋も手入れせず放置されていたが、

近年ルート66復興の動きがあり、観光客が訪れるように成った事で、地元の人たちが修復レし、現在はかつての美しい姿に復元した。

アメリカの伝統、円形納屋ラウンド・バーン
「Barn」バーンとは納屋という意味。バーンウッドはアメリカで納屋の外壁に使われていた木材で100~150年の年月をかけて自然が磨き上げた貴重な古材。

アメリカの厳しい気候の中、紫外線と風雨によって色はグレーに退色し、目が立って立体感のある表情に変化している。

ラウンド・バーンは、穀物やブドウ等を収納する納屋。昔のアメリカ農業を象徴するもの珍しいものと成っている。アメリカにあるこのような歴史的な建物に私たちは魅了される。しかし、その他多数は、過去のものとしてしまいこんでいる。はるか昔の農業時代の名残と成っている。

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66アーケディアの歴史
カンザス州からこの地に移住してきた地元の農家ウイリアム・ハリソンによって1898年に建設されました。

1977年にはNational Register of Historical Places に登録されますが、ラウンド・バーンは朽ち果てていました。

再建運動が始まったのは1980年代後半、建築業を引退したルーク・ロビンソンさんとボランティアの手によって 現在の建物は1992年に完成しました。

再建には1988年から4年の月日を要したそうですが、当初165000ドルと見積もられていた再建費用は、65000ドルで収まった。

1898年の建造当初から町の振興の目的で使用するために組み込まれました。建材は緑の中に浸されたネイティブのオークオークボードを使用し壁や屋根の丸みのカーブを出すためのにタンクや湖に浸して曲げた

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

ルート66ラウンド・バーン アーケディア

現在は1階はお土産屋、2階は結婚式や、各種パーティーなどができる。見学は無料ですが、お土産を購入するか寄付箱で建物の保存に一役買っている。

2階のホールに上がると、天井の裏側もていねいに作りこまれているのがわかります。よくみると正確な半球状の屋根では全然なく、かなりいびつがあることがわかります。手作り感が満載です。

アルカイアの町は鉄道の到着と共に発展し繁栄した、1920年代に新たに委任されたルート66は町を通って整列し、丸い納屋に続いた。 時間が経つにつれて、納屋はルート66の最も撮影されたランドマークに成った。

インターステート I-40の到着に続くルート66に沿った交通量の減少に伴い、アルカディアと納屋も同様に減少しました。 1988年には、直径約18mの屋根が崩壊した

ルーサー・ロビソンが率いるボランティアのチームが、その構造を再建するために働き修復作業は1992年に完了しました。今日、古い納屋は観光名所であり、伝統的なアメリカの唯一の真のラウンドの建築です。

Address 107 Oklahoma 66 Arcadia, OK 73007

ルート66横断

ルート66横断

ルート66

ルート66

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.