ルート66アメリカ横断 大全集 ルート66写真家 Ken Kanazawaが徹底解説、ルート66の全てがここにある

MENU

ルート66 ポーク・ア ・ドット・ドライブイン

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン
Polk-A-Dot Drive-In

ブレードウッド イリノイ州
Braidwood Will County Illinois
ブレードウッドは、 シカゴの南西約85km、ジョリエットの南に29kmに位置し、イリノイ州  ウイリー郡にあるルート66、炭鉱、原子力の町。人口約5203人で標高175mです 。

Exelon Corporationが現在所有している原子力発電所であるブレードウッド・アンクリーアー・ジェネレーション・ステーションもこの地域にある。この地域の主要産業の一人であり、シカゴ地区で使用される電力の大部分を提供している。

ブレードウッドの気候は湿気の多い大陸性のもので、4つの季節がはっきりと表現されています。夏は暑く湿気があり、春は濡れて涼しく、秋はマイルドで楽しいですが、冬はかなり寒いです。

ポーク・ア・ドッツ・ライブイン Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン
Polk-A-Dot Drive-In

ブレードウッドの歴史
イリノイ州の最初の住民は、11000年前の最後の氷河期の終わりにこの地域に到達したパレオ・インディアンであった。

1660年代のフランス人は、五大湖、イリノイ、ミシシッピ川を探索しました。 彼らはブレイドウッドとなるものでイリノイとキッカプーの人々に会った。フランスは1700年代半ばに平和条約を締結してイギリス領土を失ったが、その後すぐに米国の一部と成り、1818年にイリノイ州のテリトリーに組織された。

1836年に郡が創設されました。最初のイリノイ憲法条約のメンバーであり、後にイリノイ州議会のメンバーであったコンラッド・ウィル博士にちなんで命名されました。

一部の入植者は1830年代にこの地域に達し、鉄道は1850年代初頭に通過しましたが、1864年に石炭が発見された後にブームが吹きました。

ウィリアム・ヘンブリーは1864年にトーマス・バイロンの農場で水の為の井戸を掘っている時、偶然に石炭を発見した。

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン
Polk-A-Dot Drive-In

シカゴの偉大な市場に近い事が成功への鍵であった、1853年に建設された鉄道があり、シカゴでの石炭需要が高かった為、土地を取得して炭鉱の発掘を開始した。

石炭はその地域にブームをもたらし、町は、移民労働者が仕事を求めて大勢集って来た。殆どの鉱夫はアメリカ人でしたが宗教、文化背景が異なり、アフリカ系アメリカ人はウェストバージニア州から到着し、その後多くの住民は東ヨーロッパおよび南ヨーロッパから移民でした。

鉱山のブームタウンが立ち上がり、郵便局が1867年に設立されたが、後で1969年にベトナムの抗議者によって焼失した。

ジェームス・ブレードウッドは、1872年に最初の鉱山監督する為会社に雇われた。

スコットランド人 ジェームス・ブレードウッド(1831年~ 1879年)は、蒸気船のエンジニアであり、1865年に米国に移住し、最初の石炭鉱山の軸を地面に沈めた。

1873年3月4日に町が誕生し。当初の人口は約2000人でしたが8000人に増加した。その時点でブレードウッドをウイリー・カウンティーで2番目に大きな都市に成った。企業や住民の生活は炭鉱に集中し、順調に経済的繁栄した。

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン
Polk-A-Dot Drive-In

鉱山は暖かい天候が石炭の需要を減らし、多くの鉱夫を失業させた夏の間操業を停止し不況が発生した。

石炭会社と鉱業労働者の間の賃金や労働条件に関する紛争は、19世紀後半と20世紀初頭にはしばしば暴力的であった。

1877年の鉱山労働者のストライキが起こり、総裁はブレードウッドに1300名の軍隊を送った。

1883年2月16日 ブレードウッドのダイヤモンド鉱山が突然浸水し、73人の鉱夫が死亡した。

人口は1880年に5000人に増加しましたが、イリノイ州南部の石炭が発見され、より安価鉱脈でした。

石炭は1970年代まで生産されたが、経済的重要性を失っていたがブレードウッドの石炭鉱山は減少し閉鎖した。

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドッ・ドライブイン
Polk-A-Dot Drive-In

ルート66 ブレードウッド
ピーター・ロッシPeter Rossi Sr
1870年にイタリアから米国に移住し、ブレードウッドでマカロニを製造し始めました。彼は成長し、すぐにロッシとソン・マカロニ・ファクトリーが「ビッグ・マカロニ・ワールドのリトル・マカロニ・キャピタル」としてアメリカ全土で知られるように成った。

ロッシは、ルート66モーテル、レストランにガソリンスタンドをルート66に建設しました。

ルート66が1926年に開設された時、ブレードウッド東側のイリノイ州道ハイウエー  4号線とつながった。1940年に新しいルート66がブレードウッドの西側に開設されUS ALT 66に成った。

ブレイドウッドの気候は湿気の多い大陸性のもので、4つの季節がはっきりと表現されています。 夏は暑く湿気があり、春は濡れて涼しく、秋はマイルドで楽しいですが、冬はかなり寒いです。

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドッツ・ドライブイン
Polk-A-Dot Drive-In

ポーク・ア・ドット・ドライブイン Polk-A-Dot Drive-In
レストランは、チェアター・チエット・ファフ によって1956年にオープンしました。 1962年に現在の場所に移動した。

元々、50年前に虹色の水玉模様が描かれたスクールバスを使ったレストランからPolka-a-Dotが始まった。

今日では、イリノイ州の古いアメリカン・ハイウェイと並んで、クラシックな50’sスタイルのドライブインと最も本格的なルート66のアトラクションの1つです。

ルート 66の歴史家であり、著者のジョン・ウエーズが「私が今までに見た中で最高の50年代と60年代のドライブ・イン」と記述している。

毎年8月の第1土曜日にはクラシッククルーザーのイベントが夜が開催され、中西部のクラッシック・カーが集ります。

エルヴィス・プレスリー、マリリン・モンロー、ベティ・ブープ、ジェームズ・ディーンのグラスファイバーの巨大な人形がレストランオ横に展示してある。


222 N. Front St. Braidwood IL 60408

ロッシのサービスステーション Rossi’s Service Station in Braidwood
当初はシンクレアオイルガソリンを販売していましたが、世界大戦(1914年~1940年)の間にアールデコ様式で造られる。 20世紀初頭の技術的進歩を高めるために、対称性、豊かな色彩、大胆な直線的な幾何学的形状を採用し富と豪華さとエレガンスの象徴でした。

レストランとモーテルが後で追加されました。1980年代には、地域のタイヤチェーンLucenta Tireによって買収され、M&R Tire and Autoになりました。現在、Cossroads of America Car TruckとTire Center and Auto Serviceに成っています。
100 N Washington St, Braidwood IL 60408

ワイツ・カフェ Weitz Cafe in Braidwood
イリノイ州ブレードウッドにある元ワイツ・カフェ、ロッシの旧カフェの右側の古いレストランの北側にはモーテルもありました。
110 N Washington St. IL 60408

ロッシモーテル Rossi’s Motel
イリノイ州のルート66に残っている1935年〜1958年のモーテルで、U字型のフレームの建物です。

マカロニ工場の遺産の一部でブレードウッド・モーテルですが、 オリジナルのネオンサインは健在です。
120 N Washington St. IL 60408

サン・モーテル (ブリドウッド・イン)
サン・モーテルは1987年の映画に出演し、スティーブ・マーティンとジョン・キャンディー( Planes, Trains and Automobiles 飛行機、電車、自動車 )を主演しています。そこではシカゴに到着しようとしている2人のキャラクターがウィチタ・カンザスに集まります。 2人の俳優が、「Edelen’s Braidwood Inn」の石造りの正面に座っています。
140 S Hickory St. IL 60408

route66oudam.com

route66oudam.com

americadaishizen.com

americadaishizen.com

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ルート66アメリカ横断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.